ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
新生活スタート! クローゼットの湿気を取って、大切な衣類を守りたい
出典 : Haywiremedia/Shutterstock.com

新生活スタート! クローゼットの湿気を取って、大切な衣類を守りたい

新しい洋服をそろえて、新生活を気持ちよくスタートしたい! でも、クローゼットの湿気が気になって・・・。そんな時は、こんな方法で悩みを解決しましょう。

  • tama

クローゼットに湿気がたまる理由

大切な衣類だからこそクローゼットにしまっているのに、ちょっと着ないとすぐにカビ臭くなってしまうのはなぜ? 原因として考えられるのは、「湿ったままの衣類を収納してしまった」「空気が通る隙間がない」の2つです。

たとえば、一度袖を通した衣類をそのままクローゼットに戻していませんか? どれを着ていこう、と迷って試着して、すぐに戻していませんか? とくに、暑い時期は試着しただけでも、衣類に汗が付着しています。乾かさずに、そのまましまうとクローゼットの中に湿気がこもることになります。

クローゼットの湿気を放置すると・・・

クローゼットの湿気を放置すると・・・

Raihana Asral/Shutterstock.com

クローゼットに湿気がたまったまま放置してしまうと、カビが発生しやすくなります。クローゼットは木材で作られていることが多いため、一度カビてしまうと除去するのがたいへん。さらに、クローゼット自体にカビが生えると、衣類にカビが移る可能性があります。もし、カビが衣類に付着すると、シミになることもあるので、早めの対策が必要です。

クローゼットの湿気を除去するには?

クローゼットの湿気を除去するには?

Luisa Leal Photography/Shutterstock.com

湿気を取り除くためには、クローゼットの扉を開けて、空気の入れ替えをします。できれば、中身をすべて取り出し、衣類も乾燥させましょう。

もしカビを見つけたら、掃除用の使い捨てシートなどで取り除きます。その後、消毒用エタノールを使って消毒しましょう。範囲が広いようであれば、スプレーボトルに入れてまんべんなく吹きつけ、しっかりと乾かします。これで消毒は完了です。

なお、クローゼットにカビのシミが残っているようであれば、塩素系漂白剤を使います。塩素系漂白剤は、臭いも刺激も強いため、ゴム手袋を装着し、換気しながら行いましょう。クローゼットを傷めないよう、目立たない部分で試してから使用してください。

クローゼットの湿気予防

クローゼットの湿気予防

Nattapol Sritongcom/Shutterstock.com

衣類を湿気から守るために、予防対策をしましょう。

つめ込みすぎない

クローゼットに湿気をため込まないようにするために、衣類と衣類の間を開けて収納するようにしてください。手が入るくらいの余裕をもって収納するのが理想です。ぎゅうぎゅうにつめ込んでしまうと、空気が循環しなくなり、湿気の原因に。

定期的に風を当てる

湿気を取り除くために、クローゼットの扉を開けて、空気の入れ替えをしましょう。週に1度程度でいいので、扇風機やサーキュレーターの風を当てるようにしてください。「時間がない」という人は、普段からクローゼットの扉を開けておけば、空気の循環を促し、湿気予防になります。

袖を通した衣類は一晩干す

一度着た服は汗や雨などで湿っているため、乾かしてからしまうこと。コートやスーツのように、直接肌に触れない衣類も、脱いですぐにクローゼットに入れないようにしてください。一晩ハンガーに吊して、乾かしてから片付けるようにしましょう。

除湿剤を置く

市販の除湿剤を置くのも、衣類を守るひとつの方法です。また、重曹を使って除湿することもできます。重曹を口の広い容器に入れて、ガーゼでフタをし、クローゼットの片隅に置いておきましょう。重曹は脱臭効果もあるので、湿気とともにイヤな臭いを除去してくれます。除湿を終えた重曹は、普段の掃除にも使えるので、ムダにならず経済的です。

段ボール箱は置かない

季節の衣類を段ボールに入れて、収納していませんか? 紙で作られた段ボールは、湿気を吸い込みやすいので、置かないようにしましょう。どうしても段ボールを使いたい場合は、段ボールの底に除湿シートを敷くなど、湿気対策を施しましょう。なお、湿気は下から上へと上がっていくため、衣類をしまう時は、重ねずに立ててしまうのがポイントです。


新品の衣類やお気に入りの衣類を身に着けると、やる気も倍増! クローゼットの整理と掃除に取り組み、気分一新で新しい生活をスタートさせましょう。