ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
不要になった大型家具、どうしよう? 捨て方のルール
出典 : Anna-Mari West/Shutterstock.com

不要になった大型家具、どうしよう? 捨て方のルール

新しい住まいに合わせて、家具を新調する人も多いはず。でも、古い家具はどうする? とくに、大型家具は捨て方に困りますよね。捨てる際は、ルールを守ってきちんと処分しましょう。

  • tama

大型家具はゴミに出せる?

大型家具はゴミに出せる?

TierneyMJ/Shutterstock.com

一口に大型家具といっても、どんなものが該当するのか悩んでしまいますよね。どの自治体でも、次のようなものを大型家具としているようです。
●ソファー
●ベッド
●食器棚
●学習用の机
●タンス
●ダイニングテーブルとチェアのセット
●大型のコタツ

大型家具は、通常のゴミ袋には入らないうえ、ゴミ捨て場に捨てると、不法投棄になってしまいます。大型ゴミとして、回収を依頼しなくてはなりません。

大型家具の捨て方は?

大型家具の捨て方は?

Chuck Wagner/Shutterstock.com

大型家具の処分には、次のような方法があります。

自治体の有料回収

大型家具の一般的な処分方法として、自治体に頼んで回収してもらう方法があります。まず、住んでいる地区の自治体に、大型ゴミの回収を依頼し、金額を確認します。ゴミの大きさや種類によって、価格が変わるので、サイズを測っておきましょう。依頼すると、受付の番号や、回収の日時を知らせてくれるので、メモしておきます。

次にゴミの処理券を調達します。スーパーやホームセンター、コンビニなどで購入できるので、回収金額分の処理券を手に入れてください。処理券を購入したら、必要事項を記入し、ゴミに貼りつけて、指定された場所、日時に出すようにしましょう。自治体に依頼する場合は、前もって準備しなくてはならないので、手続きが面倒で、時間もかかりますが、処分費用が安いのが魅力です。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼して、処分をしてもらう方法もあります。インターネットなどで検索すると、たくさんの業者が見つかるので、まずは見積もりを取ったうえで依頼しましょう。自分自身が納得するためにも、しっかり査定をしてもらい、見積もりを出してもらうことが大切です。回収費用のほかに、運搬費用などもかかるので、割高にはなりますが、すぐに対応してくれるので、急いでいるのであれば検討してみるのもおすすめです。

買い取り査定に出す

リサイクルショップやオークションなどで、買い取ってもらう方法もあります。使用頻度が低く状態がいいものや、高級な家具は高値で引き取ってもらえる可能性も。ただ、リサイクルショップの場合は、自分で店頭まで運ぶ手間がかかります。また、オークションに出す場合は、写真を撮影するなどの手間がかかり、すぐに買い手がつくとは限らないため、処分を急いでいる人には向きません。

引っ越し業者に依頼する

引っ越しをする際に、家具を処分するのであれば、引っ越し業者に引き取ってもらえる可能性があります。処分費用は業者によって違うため、確認すること。見積もりも、引っ越しの見積もりと一緒に頼むことができるうえ、引っ越しの時に処分してくれるので、手間がかかりません。

処分費用はかかるの?

処分費用はかかるの?

eamesBot/Shutterstock.com

処分費用は、自治体の場合も、回収業者の場合もそれぞれ異なります。いずれの場合も、頼む前に家具の種類や大きさを伝え、およその価格を出してもらってください。安く済ませたいのであれば、自治体がおすすめです。

また、リサイクルショップは、買い取ってもらえる可能性があるので、逆にお金が入ってくることも。処分費用を浮かせたい人は、利用してみるのも一案です。さらに、引っ越し業者によっては、無料で回収してくれる場合もあります。もし、引っ越しなどの理由で、家具の処分を検討しているのであれば、相談してみるのもいいでしょう。

トラブルに気をつける

トラブルに気をつける

GTbov/Shutterstock.com

大型家具を処分する際は、トラブルにならないよう気をつけましょう。回収業者に頼む場合、トラブルになりやすいのがお金です。無料で回収するといいながら、「金銭を請求された」「見積もりよりも高額だった」「不法投棄されてしまった」「領収書の発行を拒否された」など、さまざまトラブルが報告されています。悪質な業者に当たらないためにも、しっかり下調べをしてから依頼することがトラブル回避のコツです。

なお、悪質業者を見分けるには、回収費用を正確に伝えてくれるかどうかがポイントです。回収費用は無料でも、後から運搬料金を請求してくるケースもあります。費用の詳細を事前に教えてくれ、明細まで出してくれるところを選ぶようにすると安心です。


手続きが面倒で、処分に二の足を踏む大型家具ですが、使わないのに置いておいてはスペースがもったいないですよね。思い切って処分して、スペースを有効活用しませんか?