ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
初心者向け“釣り”の基礎知識
出典 : Andrey Yurlov/Shutterstock.com

初心者向け“釣り”の基礎知識

釣りをしている人が羨ましいと思ったことはありませんか? 釣りは、ひとりで楽しめる趣味でもあり、子どもを連れて一緒に楽しめる娯楽でもあります。今から始める初心者のための基礎知識をお届けします!

  • 鈴木

釣りの基本と必要な道具は?

釣りの基本と必要な道具は?

K_E_N/Shutterstock.com

海釣りのジャンルは?

ひとくちに『釣り』といっても多種多様にあります。四方が海に囲まれている日本列島は世界でも有数の釣りスポットなのです。
釣りには、池や川で淡水魚をターゲットにする釣りと、海で海水魚をターゲットにする海釣りがあります。ここでは、基本的な海釣りのジャンルを紹介します。

●防波堤・波止
海釣りの中でもファミリーや初心者でも手軽に楽しめるのが近場の防波堤で行う釣りです。防波堤は車を横付けできるところも多く、足場が良いので安心です。四季折々に回遊してくる小魚を狙ったり、時には大物も釣れたり魚種も豊富。防波堤のことを関西では波止(はと)と呼び、関東では堤防といいます。

●投げ釣り
砂浜から仕掛けを投げて狙う釣り方です。防波堤・波止からでもできます。専門の用具や仕掛けが手頃な値段で販売されているので、初心者でもカンタンに始めることができます。投げ釣りで狙う魚は一般的にキス、カレイなどの小物が多いですが、マダイやタマミ(ハマフエフキ)、コロダイを狙う地域もあります。

●磯釣り
海の岩場(磯)で釣る釣りです。大抵の場合は渡船に乗って行きます。地域や季節によってはレジャー気分で磯遊びができるところもありますが、危険度が高いところが多く、救命具の携行や単独行動をとらないなどの注意が必要です。

●沖釣り
釣り専門の船に乗って沖に出て絶好のポイントで釣りをします。本職の船頭さんが同行するので釣果が期待できる釣りです。一隻を借り切る仕立船、各自で乗り込む乗合船、ルアーで青物を狙うルアー専用船などがあります。

●海上釣り堀
漁師さんが生け簀に放流した魚を釣る海の釣り堀です。ハマチ、カンパチ、大きいマダイ、石鯛など、滅多に釣れない高級魚が比較的カンタンに釣れるのでとくにファミリーに大人気です。

必要な道具は?

釣りを始めるためには釣り道具が必要です。じつにさまざまな道具や付属品がありますが、最低限必要な道具を紹介します。

●竿
当然のことですが、釣り竿ありきです。
●リール
釣り糸を巻き取る道具です。
●道糸(ライン)
リールに巻いておき、魚の居場所までエサを届ける役目をします。
●ハリ・フック
エサを付け、魚の口に掛けるフックの役割を果たします。
●ハリス
ハリを付ける専用の糸をハリスといいます。
●オモリ
鉛でできた釣り専用のオモリ(ウェイト)です。
●ウキ
魚がエサの付いたハリをくわえて泳ぐと、糸が引かれてウキが沈む仕組みです。
●サルカン
道糸とハリス、ハリスとオモリをつないだりする時に使う小さな連結金具です。
●タモ(玉網)
魚をすくう網でタマともいいます。

釣り方“仕掛け”について

釣り方“仕掛け”について

Rocksweeper/Shutterstock.com

釣り方はいろいろあり、仕掛けの方法が変わってきます。代表的な仕掛けについて紹介します。

●一本バリ仕掛け
ハリが一本だけ付いた仕掛けです。ハリもハリスも狙う魚の大きさに合わせて選ぶ必要があります。

●投げ釣り仕掛け
カレイやキスなど砂地の海底に生息する魚を狙う時に使う仕掛けです。ハリが何本か付いています。

●胴付仕掛け
低層から中層を泳ぐ魚を狙う時に使われます。投げ釣りと同様にハリが何本か付いています。

●ルアー仕掛け
本物のエサの格好に似せて作った疑似餌(ルアー)を使う仕掛けです。

いずれの仕掛けも多数のメーカーが多種多様に販売しています。最初は釣具店スタッフのアドバイスを参考にして選ぶと良いでしょう。

エサの選び方

エサの選び方

Photography is my life/Shutterstock.com

エサの種類も多種多様です。大きく分けて3種です。
●生きている虫やエビ
●冷凍などで保存されているエサ
●パックになっている粉末やチューブに入っているペースト状のものなど人工的に作られたエサ

釣り方や狙う魚種などによってエサが変わってきますが、どうしても動いている虫には触れないという人もいることでしょう。まずは、どのジャンルのエサが自分に適しているかを決めておいた方が選びやすいかも知れません。
ちょい投げ釣りに最適な新鮮な虫エサは、ゴカイやイソメです。どちらもさまざまな釣りに使われる万能エサですが、生きた虫が苦手な人は、人工エサでもOKです。新鮮な方が魚をよく引き寄せるといわれていますが、最近の人工エサは進化しており、魚が好む成分が配合され魚の食いつきがよくなっています。

釣りに行く時の服装は?

釣りに行く時の服装は?

Sergey Nivens/Shutterstock.com

防波堤・波止で海釣りをする場合、動きやすいカジュアルな服装で大丈夫ですが、夏は暑さ対策、冬は寒さ対策を基本に、天候の変化に対応できる服装を心がけましょう。
夏場は、日よけ帽子、サングラス、半袖シャツ、半パン、そして長袖シャツ、長ズボンも用意します。半袖で出かけても、日差しによっては長袖の方が直射日光を浴びずに涼しい場合もあります。
冬場は、防寒の帽子、手袋、サングラス、ジャケットなど外とう着、防寒ウェア。寒さ段階に合わせて調整できる用意があれば便利。季節の変わり目は気温の変動が激しいのでとくに注意が必要です。
また、場所によってはライフジャケットや長靴を、天気予報に応じてレインウェアを準備しておきましょう。

釣りウェアの消臭対策は?

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

釣りに出かけた服が何だかにおう? と気になったら、「ファブリーズ布用消臭スプレー」を試してみてはどうでしょうか。
ファブリーズ布用消臭スプレーは、トウモロコシ由来の消臭成分配合した布専用の消臭剤。汚れは落とせませんが、ニオイはすっきり落としてくれます。消臭だけでなく、防臭や除菌の効果もあります。
使い方はカンタンです。海のニオイ? 加齢臭や男性臭? ニオイの原因はよくわからないけれど、ニオイが気になる服や靴、バッグなどに各10回を目安にまんべんなくスプレーするだけ。ただし、革への使用は不可なので注意が必要です。また、毛、絹・レーヨン・アセテート・キュプラなど水に弱い繊維、水洗い不可の表示があるもの、防水・撥水加工など特殊加工されたものは、シミになったり、風合いを損ねたりする恐れがあるので、あらかじめ目立たない部分で試してから使いましょう。

とても奥が深い趣味だといわれている釣り。いろいろな釣り方、いろいろな魚種、いろいろな道具やエサがあるだけに、探求心が尽きないわけですね!