ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
快適なドライブの秘訣は、ハンドルのポジションにあり!?
出典 : Peter Titmuss/Shutterstock.com

快適なドライブの秘訣は、ハンドルのポジションにあり!?

ドライブしている時、知らず知らずにハンドルとの距離が縮まっていることはありませんか? もしかすると、その姿勢が運転疲れの原因かも!?

  • 創文舎 hamo

運転疲れは姿勢の悪さが原因かも!?

運転疲れは姿勢の悪さが原因かも!?

Monika Wisniewska/Shutterstock.com

1、2時間ドライブしただけなのに、「あ~、肩がこったー」と感じることはありませんか?
確かに、運転は緊張感を伴うものなので、自然と体に力が入って肩がこったり、同じ姿勢を続けているため、腰が痛くなったりすることがよくありますが、運転している時の姿勢を普段から意識しているでしょうか?
車は、正しいドライビングポジションをとることで、疲れづらいように設計されています。ある程度の疲労感は運転する以上仕方ないこととはいえ、過度にコリや痛みを感じる場合は、運転する時の座り方や姿勢を一度見直してみるのもいいかもしれません。

よく見かけるのは、ハンドルと身体が過度に近づいている運転姿勢。運転に自信がない女性に多く見られる姿勢で、前方をよく捉えようと、必要以上に前のめりで運転してしまう傾向があるようです。
ハンドルにしがみつくようにシートの前側に座り、背中や肩が完全にシートから離れてしまっていると、カーブや加速減速で重力が体にかかりやすく、おまけにシートでホールドされていないため、必要以上に体に力が入り、結果として肩こりなどの疲労感を感じやすくなるようです。

普段、自宅やオフィスで、ソファーや椅子に腰を掛ける時、どのような姿勢で座っているでしょうか?
座面の前側にちょこんと座る人や、腰を浮かせたような姿勢で上半身をバックシートにもたれるように座る人など、好みの座り方は人それぞれ。
しかし、運転席の座り方は、好みに左右されると体への負担や安全面で問題が生じることも。運転する時の姿勢は、車を操作する上で重要な意味を持ちます。自分の体に合った座り方を知って、体に無理のない安全運転を心がけましょう。

ドライブを快適にする正しい座り方とは

ドライブを快適にする正しい座り方とは

Ljupco Smokovski/Shutterstock.com

では、どのような姿勢で運転するのが正しいドライビングポジションなのでしょうか。
ポイントは、第一に視界が広く保たれていること。第二に、車からの情報を受け取れるように、車と一体となる姿勢を保つこと。

具体的にいうと、しっかりとシートに隙間なく深く座り、手足は伸び過ぎず縮こまり過ぎない姿勢。アクセルやブレーキを踏みこんだ姿勢で膝に少し余裕があるくらいで座り、ハンドルの上部を持った状態で肘が伸びきらないシートポジションに調整することで、自然と目線も高くなります。

ハンドルにしがみつく前のめりの姿勢だと、背中や腰がシートから離れてしまう上に、ハンドルの握り方も上部を掴むことが多くなるため、ハンドルをきった時の舵角が小さくなり、操作が遅れる原因になります。
反対に、手足が伸び切った後傾姿勢で運転すると、万が一の時にブレーキ操作やハンドル操作が遅くなる上、目線も低くなり広い視野で見渡すことができません。
正しい姿勢の条件を理解し、運転に不安があってもシートに深く腰を掛ける習慣をつけることが大切です。

ハンドルを調節してベストポジションを

ハンドルを調節してベストポジションを

lzf/Shutterstock.com

正しいドライビングポジションをとるためには、姿勢に注意することはもちろん、シート位置やハンドルの位置調整も重要です。

リクライニングの角度やシート位置の調整は、日常的に行う人がほとんどですが、座面の高さの調整もお忘れなく。とくに、小柄な女性の場合、座面を上げないとハンドルにしがみつく前傾姿勢になりやすいので、適切な位置に座面を上げておきましょう。

また、シートの調整は何となくわかっても、ハンドル位置の調整となると、やったことのない人や、できること自体知らない人もたくさんいるようです。調整の仕方は車によって異なりますが、上下と奥行きの調整ができる車種が大半で、方法については、車の取り扱い説明書に記載されています。
自分で調節してもどこがベストポジションかわからない場合や、調整機能の使い方がいまいちわからない場合は、近くのディーラーやカー用品ショップに出向き、聞いてみるのもよいでしょう。

正しい位置と心地よい香りでドライブを

ファブリーズクルマイージークリップ微香

ファブリーズクルマイージークリップ微香

自分の体格に合ったドライビングポジションに調整することで、驚くほど運転がラクになります。今までハンドル位置や座面の高さを意識したことのない人は、ぜひとも、一度調整してみることをおすすめします。

正しいドライビングポジションに落ち着いたら、いつもより少し足を延ばして、長距離のドライブに出掛けたくなりますね。長距離のドライブといえば、各地で楽しむ名物グルメや車の中でのコーヒーブレイクがお楽しみ。
でも、同時に気になるのが、車の中で飲食した時の臭いではないでしょうか。

そんな時、車内の臭いを消してさわやかな空気を保つのが、ファブリーズの車のエアコン用イージークリップ。
車のエアコン吹き出し口にセットするだけで、消臭成分を車内に行き渡らせ、臭いの元になる臭い分子を分解・中和して臭いを消し去ります。

しっかり臭いを消した後に、さわやかな香りを車内に広げるため、臭い混ざりがなく、車酔いが気になる人でも快適に使うことができます。香りの強さが気になる人には、控えめの香りがちょうどいい、微香タイプがおすすめ。消臭はがっちり、香りはほのかに、心地よい車内でドライブを楽しみましょう。

ちょっとした調整で、操作性や安全性が向上するシートやハンドルの調節機能。体に合っているか不安な人は一度点検してみましょう。自分にピッタリの運転席で、お気に入りの香りを感じながらドライブを楽しんで!