ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
トイレの詰まりは自分でも直せる!? トイレ詰まりの直し方
出典 : Lopolo//Shutterstock.com

トイレの詰まりは自分でも直せる!? トイレ詰まりの直し方

トイレが詰まると慌ててしまい、何度も流して「溢れそうになった!」なんて経験がある人もいるのではないでしょうか? しかし、トイレの詰まりは意外と自分で直すこともできます。トイレが詰まる前兆から、修理法まで、詳しく知りたい!

  • terasaki

トイレが詰まる原因

トイレが詰まる原因

siam.pukkato/Shutterstock.com

トイレが詰まってしまうのには、さまざまな原因があります。

水に溶けないものを流した

汚物やトイレットペーパーを水に溶かしながら流す仕組みのトイレは、水で溶けないものを流すと詰まりの原因になります。

トイレットペーパーをきらしてティシュを使用した、落としてしまったおむつや生理用品をそのまま流してしまった、破棄する食品をトイレに流した、トイレで嘔吐した、流せないタイプのお掃除シートを流した、などは詰まりの大きな原因です。

通常なら水に溶けるトイレットペーパーも量が過ぎると詰まる原因になります。また知らぬ間に子どもがおもちゃを落としたなど、異物を流してしまっていることもあります。

水流の圧力不足

節水しようとタンク内にペットボトルを入れている、タンク内の部品が故障している、大便なのに小のレバーで流したなどが原因で水圧が不足していると詰まりを起こしやすくなります。また、水流が足りない時は、止水栓がしっかり開いているか、手洗い管から水漏れしていないか確認をしましょう。

汚れがたまっている

しばらく掃除を怠ったことにより、便器の底に尿石がたまっていたり、汚れがこびりついてしまったりしていることも詰まりの原因になります。1度水を抜いてしまって掃除をする必要があります。

トイレが詰まる前兆を見逃さないで!

トイレが詰まる前兆を見逃さないで!

kurhan/Shutterstock.com

トイレが詰まった時は、いきなり詰まってしまったように感じますが、詰まる前には何らかの前兆があります。前兆の段階で手を打てば、その時点で直ることも多いので、前兆を見逃さないようにしましょう。

水を流した時に一旦水位が上がる、勢いが弱い、流れる時間がかかる、異音がする、これらは詰まる前の典型的な症状です。症状に合わせて詰まりの原因を探りましょう。ティッシュを流してしまった程度の詰まりならば自分で解消できますが、固形物が途中で詰まっている場合などは、自分で行うと事態を悪化させてしまうこともあります。

詰まり改善法

詰まり改善法

Thomas von Stetten/Shutterstock.com

トイレットペーパーや便、嘔吐物など水に溶けるものが詰まっている時は数時間をおくと自然と詰まりが解消されることがあります。すぐにトイレを使用したい場合は、ペットボトルやバケツを使って上からぬるま湯を注ぎ込み、水に動きを作ると溶けやすくなります。

その他、ラバーカップも正しく使うと効率よく詰まりを解消してくれます。ラバーカップを排水溝に垂直に立て、ゆっくり押したら一気に引き抜きます。ぬるま湯を流した後にラバーカップを使用するとより効果的です。

おむつや生理用品など固形物が奥に詰まっている場合は、自然と直ることはないので、ワイヤーブラシなどを使って掻き出します。無理に流すと故障の原因になりますで、必ず取り出すようにしましょう。

それでも直らない詰まりは?

それでも直らない詰まりは?

kurhan/Shutterstock.com

固形物が途中で引っかかってしまったり、タンク内の部品が故障している場合は無理をせず専門業者に頼むようにしましょう。水を溢れさせてしまったら後々たいへんなことになります。とくに、集合住宅の場合は、他の住居にも影響を及ぼすこともあるので、注意が必要です。

トイレは毎日使うだけにトラブルが発生すると慌ててしまいますが、まずは原因を突き止めて上手に対応したいですね。