ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ゴミ出し日まで平気なおむつの捨て方!
出典 : denis kalinichenko/Shutterstock.com

ゴミ出し日まで平気なおむつの捨て方!

おむつのゴミはかさばる上、臭いが気になります。ゴミの日までどうやって保管していたら邪魔にならず、臭いが気にならないのでしょう。おむつの捨て方を考えてみましょう。

  • terasaki

おむつは何ゴミ?

 Andrey_Chuzhinov/Shutterstock.com

呼称は紙おむつですが、おむつの素材は紙だけではありません。赤ちゃんが快適に過ごせるよう、そして排泄分を漏らさずにキャッチできるよう、多重構造になっています。表面にあたる素材は不織布というポリエステルの繊維を組み合わせたもの、内側は綿状パルプと高分子吸収剤が使われています。

その他、足回りやギャザー箇所には、止着材、伸縮材、結合材などさまざまな材質で構成されています。

おむつは赤ちゃんの肌に直接触れるため、厳しい安全基準をクリアしたさまざまな素材が使用されていますが、ゴミの分別については「燃やせるゴミ」が一般的です。その際、汚物は事前にトイレに流してしまってから捨てます。

おむつの捨て方、一工夫

おむつの捨て方、一工夫

Brian A Jackson/Shutterstock.com

おむつのゴミは毎日大量に出ますが、ゴミ出し日までは家の中に置く必要があります。そこで気になるのが臭いです。

おむつ専用のゴミ箱も市販されており、それを利用すれば臭いの心配なく、おむつを置くこともできます。しかし、ほんの数年のために、専用のゴミ箱をできれば買いたくないという時も一工夫するだけで、気になるおむつの臭いを軽減することができます。

家にあるもので対策するならば、使用後のおむつは、除去可能な排泄物はトイレに流し、新聞紙で包み、ビニールに入れて口を閉じる、それだけで大きく臭いを減らすことができます。

ゴミ箱は蓋付きのものを。リビングには置かずに、ベランダやトイレなどに置くことも臭い予防になります。ベランダに置く場合は、集合住宅なら隣近所に臭いが流れないか配慮する必要があります。


外出先で出たおむつゴミは?

Jerni/Shutterstock.com

外出先でおむつを替える時は、デパートなど各施設の授乳室やベビールームなどにあるおむつ専用のゴミ箱を使用します。しかし、そのようなゴミ箱がない場合は、使用後のおむつを持ち帰るのがマナーです。

自分のカバンの中に汚れたおむつを長時間入れて置くのに抵抗がある人には、消臭効果のあるおむつバックを利用すると臭いを気にすることなく、衛生的に持ち運びができます。ベビー用品店にはさまざまなおむつバッグが販売されているので、外出用に一つ買っておくのがおすすめです。

おむつゴミの強い味方、便利グッズ

おむつゴミの強い味方、便利グッズ

Clari Massimiliano/Shutterstock.com

おむつバッグに限らず、ベビー用品店にはおむつ関連の便利グッズがたくさんあります。おむつの排泄物をキレイに取るヘラ、専用のゴミ箱を使わずとも、ゴミ箱に貼る脱臭剤、脱臭効果があるビニール袋、おむつ専用の消臭剤など、それらのグッズを上手に利用すれば手間もストレスもなくおむつゴミの臭い対策ができます。

また、はなからゴミを出さないため、布おむつの愛用者も一定数います。ウーマンエキサイトの調査によると布おむつと紙おむつを併用している人は2割ほどいます。夜間や外出先にも布おむつを使用すると手間になり断念しがちですが、在宅時だけ布おむつを使用するだけでも、おむつにかかる費用、ゴミの量を大きく減らすことができます。

子どもが小さい時は何かとたいへんに感じますが、過ぎてしまえばおむつの時期は、ほんのひと時だけです。おむつと上手に付き合って、かわいい盛りの子どものおむつ時代を楽しく過ごせたらいいですね。