ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「春分の日」の食べ物って? 行事食や献立のアイデアまで
出典 : KPG_Payless /Shutterstock.com

「春分の日」の食べ物って? 行事食や献立のアイデアまで

春分の日といえば、おはぎかぼた餅を思い浮かべる人も多いでしょう。それでは、なぜおはぎやぼた餅を食べるのでしょうか? 春分の日の食べ物について詳しく解説します。春を感じる食材も紹介するので、春分の日の献立のアイデアに!

  • 奥平 望

「春分の日」とは

tungtopgun /Shutterstock.com

春分の日とは、3月20日か21日のいずれかにあたり「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日です。春分は二十四節気のひとつで、冬と春の境となる季節です。昼と夜の長さがほぼ同じになり、この春分を境に昼間の時間が長くなっていきます。

春分の日は、二十四節気の春分に入る日を指しており、太陽が春分点を通過した日が春分の日となります。二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、1日程度前後することがあります。

春分の日は、昭和23年(1948年)に交付された祝日であり、それ以前は「春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)」という歴代の天皇・皇后の霊を祭る儀式を行う日でした。春季皇霊祭は明治11年、太政官布告23号で定められた祭日で、「国民の祝日に関する法律」が制定される時に名称が変更されました。

春のお彼岸として、春分の日の前後7日間にお墓参りに行く人も多いですよね。このお彼岸の先祖供養も、春季皇霊祭の名残だといわれています。

春分の日の食べ物はおはぎ? ぼた餅?

bonchan /Shutterstock.com

春分の日の食べ物といえば「おはぎ」や「ぼたもち」が定番ですよね。そこで気になるのが、本来はおはぎとぼたもちのどちらを食べるのが正しいのかということではないでしょうか? いずれも、もち米とうるち米を混ぜて炊き、適度につぶして丸めたものを小豆あんで包んだ和菓子。どちらを準備すべきでしょう?

じつは、おはぎとぼたもちは基本的には同じものです。つまり「おはぎ」と呼んでも「ぼたもち」と呼んでも間違いではないということです。それでは、なぜ2通りの呼び名が存在するのでしょうか?

おはぎとぼたもちの呼び名は、季節や地域によって変わります。そのため、お彼岸でも春彼岸と秋彼岸にあわせて呼び名を変えていたそうです。現在はこだわりが薄れてきているようですが、
●春彼岸・・・春に咲く牡丹の花にちなみ「牡丹餅」
●秋彼岸・・・萩の花にちなんで「御萩」
と呼んでいました。
また、米粒を完全につぶしたものをぼたもちと呼んだり、米粒を残すように軽くつぶしたものをおはぎと呼んだり、呼び名は地方によっても変わります。

春分の日の行事食

K321 /Shutterstock.com

春分の日は、ご先祖様に感謝し、自然を讃えて生き物を慈しむ日。そうした意味から「精進料理」をいただく習慣もあるようです。精進料理というと、野菜と米のみ使ったような質素な献立を思い浮かべますよね。そこで肉類や魚介類は使わず、穀物・豆類・野菜を中心に使った食事を用意してみませんか? また、だしは昆布・しいたけなどの精進だしを使いたいですね。

それでは、春を感じられる食材を使ったメニューを考えてみましょう。春に旬を迎える食べ物といえば、
●たけのこ
●アスパラガス
●かぶ
●キャベツ
●ごぼう
●さやえんどう
●グリーンピース
●しいたけ
●なのはな
●ふきのとう
●みつば
●ゆりね
などが挙げられます。

精進料理を用意するのはたいへんだと感じる人は、
●さわら
●しらす
●しらうお
●あさり
●かずのこ
●はまぐり
●ひじき
●わかめ
などの海産物を使ってもいいかもしれませんね。

春分の日の献立アイデア

haru /Shutterstock.com

ご飯は旬のたけのこご飯がおすすめです。おかずは、春に旬を迎える食材を使った献立アイデアを紹介します。春分の日の献立に悩んだら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

春菊とひじきのみぞれ和え(1人分)

材料は、
●春菊・・・1/3束
●人参・・・少し
●舞茸・・・1/3パック
●ひじき・・・小さじ1
●大根・・・少し
●しょうゆ・・・小さじ1
●酢・・・ 小さじ1/2
●砂糖・・・小さじ1/3

作り方は、
1.春菊を茹でて水に取り、水気を絞って3~4cm長さに切ります。
2.ひじきを水に戻し、人参は千切り、舞茸はほぐし、それぞれ茹でて水気を絞ります。
3.大根をすりおろします。
4.1~3の材料をしょうゆ・酢・砂糖で和えて出来上がり!

春色野菜スープ(1人分)

材料は、
●新じゃがいも・・・1/2個
●アスパラガス・・・1本
●人参・・・少し
●中華スープ・・・1/2カップ
●片栗粉・・・小さじ1
●水・・・小さじ2
●七味唐辛子・・・少々

作り方は、
1.新じゃがいもを千切りにして、サッと水にさらします。
2.人参、アスパラガスを千切りにします。
3.小鍋に人参、中華スープを入れて火にかけ、人参に火を通します。さらに新じゃがいも、アスパラガスを入れて軽く火を通してください。
4.水溶き片栗粉を入れてトロミをつけたら、器に盛り、七味唐辛子を振って出来上がり!

春分の日はぼたもちだけでなく、精進料理や春に旬を迎える食材を使った献立で春を感じたいですね。紹介した食材はヘルシーなものが多く、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なものばかりです。低カロリーなので、ダイエットには適した料理といえるでしょう。