ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ゴミがたくさんある時は、引き取り業者に頼んで一気に処分しよう!
出典 : Concept Photo/Shutterstock.com

ゴミがたくさんある時は、引き取り業者に頼んで一気に処分しよう!

引っ越しや空き家になった実家の整理には、大量のゴミがつきもの。自治体に引き取ってもらう方法もありますが、時間と手間がかかってたいへんです。そんな時、ゴミの引き取り業者を利用すると、一気に悩みも解消しますよ。

  • 創文舎 hiderio888

ゴミの引き取りは自治体のルールに従うのが基本

ゴミの引き取りは自治体のルールに従うのが基本

Tashatuvango /Shutterstock.com

自宅から出たゴミは、自治体のルールに従って処分するのが基本です。

可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなど、いずれのゴミも自治体によって処分方法が異なるため、確認したうえで、分別することが大切になります。

ルールに従わなかった場合、回収してもらえないばかりか、ゴミがそのまま放置されて周辺の人に迷惑をかけてしまうことになるため、必ずルールを守るようにしましょう。

時間と手間がかかる、大量のゴミ処分

時間と手間がかかる、大量のゴミ処分

Borysevych.com/Shutterstock.com

たとえば、空き家になった実家を整理しなければならない場合、大小さまざまなゴミを大量に処分しなければなりません。

自治体のゴミ回収サービスを利用して、これらのゴミを引き取ってもらう場合、細かく分別したうえで、地域のゴミ回収ルールに従って処分することになります。しかも、回収できるゴミは出す曜日が決まっており、粗大ゴミについては事前に申し込んだうえで、指定の回収場所に、回収時間に合わせて出す必要があります。

それを実行するとなると、自宅と実家が遠く離れている場合は、ゴミを出すためだけに滞在しなければなりません。また、実家が近くても、回収時間に間に合うよう、朝早く、駆けつけなければならず、どちらにしても手間と時間がかかってたいへんです。

大量のゴミがある場合、自治体に引き取ってもらおうとすると、どうしてもムリが生じてしまいます。このような時は、どうすればいいのか考えてみましょう。

引き取り業者を上手に活用する

引き取り業者を上手に活用する

Dmitry Kalinovsky/Shutterstock.com

ゴミが大量にある場合は、自治体ではなく、ゴミや不用品の引き取り業者に依頼しましょう。

低額で利用できる自治体のサービスと違い、費用はかかりますが、ゴミを一度に引き取ってもらえるため、頭の痛いゴミの悩みを一気に解決することができます。

また、業者によっては、ゴミの引き取りだけではなく、家財道具を整理した時に破損してしまった壁紙やフローリングなどの修理を行ってくれるところもあります。

引き取り業者に依頼するメリットとデメリット

引き取り業者に依頼するメリットとデメリット

rumo777/Shutterstock.com

ゴミの引き取り業者に依頼するメリットとデメリットについて知っておきましょう。利用する時の参考にもなります。

引き取り業者に依頼するメリット

引き取り業者に依頼するメリットは、じつは、たくさんあります。

まず、ゴミの引き取りにあたって、自分で分別する必要がありません。そのため、残すものとゴミとして引き取ってもらうものに分類するだけOKです。

また、指定した日程・時間に引き取りに来てくれるため、自分の都合に合わせてスケジュールを立てられます。しかも、業者がゴミを運び出してくれるため、労力もいりません。土日でも対応してくれる業者もたくさんあるので、夫婦共働きの世帯でも安心して利用できます。

さらに、廃棄するものによっては買い取ってくれる場合もあるため、ゴミの一部がお金となって戻ってくる可能性も。それを処分費用にあてれば、もしかすると自治体のサービスを利用するより安く済むかもしれません。

引き取り業者に依頼するデメリット

一方、引き取り業者に依頼することで発生するデメリットもあります。

まず、基本的に自治体のゴミ回収サービスを利用するよりも費用が高額になるケースがほとんどです。また、ゴミの量やものによっては追加費用が発生する可能性もあるため、どのようなゴミがどれくらいあるのかについて、業者と事前にしっかり打ち合わせをしておくことが大切になります。

中には無料回収を装って、最終的に法外な費用を請求する悪質な業者も存在します。ホームページなどをよく確認し、事前に見積もりを依頼して誠実に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

空き家問題は、今や深刻な社会問題です。実家が遠い場合は、つい見て見ぬふりをしてしまいがちですが、倒壊や火災など、周辺住民に被害を及ぼすようなトラブルが起こらないとも限りません。そうなる前に、ゴミ引き取り業者を利用して、面倒なゴミ問題を片付けてしまいましょう。