ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗車傷を消してくれる「コンパウンド」の正しい使い方と使用上の注意点
出典 : pathdoc/Shutterstock.com

洗車傷を消してくれる「コンパウンド」の正しい使い方と使用上の注意点

車を洗車することでついてしまう洗車傷。車を扱う以上、避けられない傷ですが、やっぱり気になりますよね。そんな時、コンパウンドを使えば洗車傷を消すことができます。一度、その効果を試してみませんか?

  • 創文舎 hiderio888

どうしてもついてしまう洗車傷

どうしてもついてしまう洗車傷

DenisProduction.com /Shutterstock.com

自分の愛車はいつまでもきれいであってほしいもの。でも、こまめに洗車したり、ワックスをかけているのに、いつのまにかくすんでしまうのはなぜ?

もしかするとそれは、洗車傷がついてしまっているのかもしれません。洗車傷とは、車を洗車機で洗ったり、タオルで拭き上げたり、ワックスをスポンジで塗ったりする時の摩擦が原因でついてしまう傷のこと。車の手入れをする際についてしまうため、避けようがありません。とくに、ボディの色が黒や、濃い色の場合は、より目立ちやすくなってしまいます。

避けることが難しい洗車傷、ついてしまったら本当にあきらめるしかないのでしょうか?

洗車傷はコンパウンドで消す

洗車傷はコンパウンドで消す

true nature/Shutterstock.com

安心してください。細かな洗車傷は、ある方法を使えばきれいに取り除くことができます。その方法とは、コンパウンドを使って磨くことです。

コンパウンドとは、いわゆる研磨剤のこと。車の塗装面を少しだけ削り取って、傷を消してしまうためのアイテムで、液体状やペースト状のものが主流です。

車は何層にも塗り重ねられており、それぞれの塗装面は役割を持っています。洗車傷の多くは、一番外側の塗装面である「クリア層」につくことがほとんど。クリア層には車体の保護に加え、光沢を出す役割があるため、洗車傷がつくと車がくすんで見えてしまうのです。

このクリア層についた洗車傷なら、コンパウンドで落とすことが可能です。本当に洗車傷を消せるかどうか心配な人は、洗車傷に水をつけてみてください。水をつけて目立たなくなる場合は、コンパウンドで十分に消すことができます。

コンパウンドの正しい使い方

コンパウンドの正しい使い方

Katy Pack/Shutterstock.com

コンパウンドの使い方について、具体的に解説していきます。

まずは、車をきれいに洗車しましょう。車に汚れが残っていると、逆にコンパウンドのせいで傷をつけてしまうかもしれません。カーシャンプーや専用クリーナー、粘土クリーナーなどを駆使して、車の汚れを徹底的に落とすことが大切です。

洗車後は、車の水分を必ず拭き取ってください。水分が残っていると、コンパウンドの粒子が滑ってしまい、思うような効果を発揮できなくなります。

準備が整ったら、コンパウンドをスポンジにとり、車の表面に軽くつけるようにして磨いていきましょう。磨き方のコツは縦方向と横方向の動きを織り交ぜながら、直線的に磨くこと。「キュッキュッ」という音が聞こえなくなるまで磨けば、洗車傷が目立たなくなっているはず。それまで、コンパウンドをスポンジに足したり、塗装面を軽く湿らせるようにして磨いてください。

コンパウンドの粒子がつぶれ、光沢が甦ってきたらその都度クロスで拭き取り、これを繰り返すことで洗車傷をきれいに消すことができます。

コンパウンド使用後はボディを保護

コンパウンド使用後はボディを保護

Nor Gal/Shutterstock.com

コンパウンドを使った後は、必ずワックスやコーティング剤で塗装面を保護しましょう。

そもそも塗装面を軽く削っているため、保護しないと塗装面が弱くなってしまいます。なお、コンパウントを使用した後は、もう一度洗車をしてコンパウンドをしっかり洗い流すようにしましょう。脱脂洗剤を使うと、より確実にコンパウンドを落とすことができ、洗車後のワックスがけもスムーズです。

すべての作業が完了した時には、新車のようにピカピカになっていますよ。

コンパウンドを使用する時の注意点

コンパウンドを使用する時の注意点

garagestock/Shutterstock.com

コンパウンドにはさまざまな種類があります。粒子の大きさによって仕上がりが変わるため、購入する際には注意が必要です。一般的に洗車傷を消す場合は、細目・極細め・超微粒子タイプのコンパウンドを選べば問題ありません。不安な場合は、カーショップのスタッフに聞いてみましょう。

また、コンパウンドは一度に広い範囲で使うことが好ましくありません。約30cm四方ごとに区切って使うと、上手に傷を消すことができます。

粒子の大きさが違うコンパウントを併用する時は、同じスポンジやクロスを使わないようにしましょう。必ず使い分けるようにしてください。使い方を誤って、反対に車を傷つけてしまっては、せっかくの試みも台無しになってしまいます。

コンパウンドは正しく使えば、初めてでも車をピカピカに磨き上げることができます。一度体験すると、仕上がりの美しさに驚くはず。洗車傷が気になるという人は、ぜひ試してみてください。