ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
カーペットの掃除にも大活躍! 重曹を使ってきれいにする方法
出典 : al1962/Shutterstock.com

カーペットの掃除にも大活躍! 重曹を使ってきれいにする方法

リビングやダイニングのカーペットはどうやって掃除をしていますか? たとえ洗濯できるタイプでも、毎回洗うのはなかなかたいへん。そんな時は重曹を使った掃除が効果的です。自然のものだから、子どもがいる家庭でも安心ですよ。

  • 創文舎 hiderio888

重曹スプレーでカーペットを掃除する方法

重曹スプレーでカーペットを掃除する方法

Phil McDonald/Shutterstock.com

重曹を使った掃除の一つが、重曹スプレーを使ってカーペットをきれいにする方法です。

重曹を水に溶かしたものをスプレー容器に入れて使用する「重曹スプレー」は水100mlに重曹小さじ1杯の割合で作ります。この水溶液を、カーペットの汚れが目立つところにスプレーして、雑巾などで拭き取るだけで汚れがきれいになります。

ちなみに、重曹には油汚れを落とす効果に加え、消臭効果も期待できます。カーペットやじゅうたんなどの臭いが気になるところにスプレーするだけで、臭いの原因となっている汚れを分解し、嫌な臭いを取り除いてくれます。

重曹スプレーは、掃除に、消臭にと、幅広く活用できるので、一本用意しておくだけで重宝します。

重曹の粉でカーペットを掃除する方法

重曹の粉でカーペットを掃除する方法

O.Bellini/Shutterstock.com

重曹は水に溶かすだけではなく、直接振りかけて使うこともできます。

カーペットやじゅうたんの汚れが気になる場所に、重曹を粉ごと振りかけましょう。

手のひらや足の裏など、皮膚が直接ふれるカーペットは、見た目にはわからなくとも、皮脂汚れなどもついています。重曹には消臭効果もあるので、しっかり掃除をしたい時は、カーペット全体にまんべんなく振りかけましょう。

また、ペットの粗相や嘔吐した部分には、汚れを覆うようにたっぷりと振りかけるのがコツ。あとは、少し時間を置いてから重曹を掃除機で吸い取れば掃除は完了です。

全体に振りかけた場合は2~3時間程度放置してから掃除機で吸い取りましょう。尿などで濡れた部分は、まず水分を吸収した重曹を取り除き、その後、乾いてから残りの重曹を掃除機で吸い取ってください。

こうすることで、カーペットについた汚れと嫌な臭いを取り除くことができます。また、夜寝る前に重曹を振りかけ、一晩置いてから翌朝掃除機で吸い取ればさらに高い効果を期待できます。

そもそも重曹ってどんなもの?

そもそも重曹ってどんなもの?

florin oprea /Shutterstock.com

掃除に役立つアイテムとして注目されている「重曹」。100円ショップでも手に入り、安価な点も好まれている重曹とは、そもそもどんな物質なのでしょうか?

炭酸水素ナトリウム、または重炭酸ソーダとも呼ばれる重曹は、弱アルカリ性の性質を持ち、ふくらし粉やあく抜きなど、料理にもよく使用されています。

重曹が掃除に使われるようになったのは、油脂を乳化させたり、たんぱく質を分解する性質を備えていることが大きな理由です。それは、人の皮脂やキッチンの油汚れなどにも効果を発揮するということを意味しています。

また、料理に使われることもあって、子どもがいる家庭でも安心して使える点も大きな魅力です。

重曹を使用する時の注意点

重曹を使用する時の注意点

Cookie Studio/Shutterstock.com

毛足の長いカーペットに重曹を振りかけて掃除をする場合、掃除機の吸い取り能力が低いとすべて吸い取ることができず、重曹がカーペットの根元に残ってしまうことがあります。

また、掃除機で重曹を吸い取る際、量が多すぎると掃除機のフィルターが目詰まりを起こしてしまうことがあるので、できるだけゆっくりと吸い取るようにしましょう。

応用編として、好みのアロマオイルを数滴たらした重曹の粉を使えば、部屋全体にアロマの香りが漂い、癒やし効果も得られますよ。

重曹を使えば、洗濯できないビッグサイズのカーペットを手軽に掃除することができます。価格も安いので、一度にたくさん使っても気になりません。重曹スプレーはカーテンや布製ソファの汚れにも効果があるので、いろいろな掃除に使ってみるのもおすすめです。