ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
知らないうちに繁殖している!天井のやっかいなカビを掃除する方法
出典 : Burdun Iliya/Shutterstock.com

知らないうちに繁殖している!天井のやっかいなカビを掃除する方法

お風呂のカビは強敵。キレイにしているつもりでも、手の届かない天井でちゃっかり増殖していた・・・なんてことも。そこで、効果的な掃除方法を教えます。

  • ShuShu

お風呂のカビは厄介!

お風呂のカビは厄介!

Natalia Pshenichnaya/Shutterstock.com

知らないうちに繁殖するカビ

浴室の壁や浴槽のカビはこまめに掃除をしても、見落としやすいのが天井のカビ。掃除をしないで放置しているとたいへんなことになってしまいます。天井に黒い小さな斑点を見かけたことはありませんか? 浴室に生える主なカビは、黒カビです。これが目に見えるようになってからでは、もう遅いのです。

というのも、カビは目に見えないうちから成長しています。見えるようになった時にはもう大量の胞子が作られている状態に。浴槽や壁はキレイにしていても、天井の掃除を怠っていると、上からカビが降り注ぐなんてことになりかねません。体をキレイにする浴室で、カビの菌を浴びるのは絶対に避けたいもの。また、カビはアレルギーやぜんそくの原因になることも。天井は手の届かない場所だからこそ、普段から意識して掃除することが大切です。

お風呂にカビが生える原因

浴室にカビが発生するのは、入浴後に残ったシャンプーや石けんのカス、人の皮脂などがカビの栄養源となってしまうためです。また、浴室の掃除をする際、バスタブしか洗わないのもNG。高温多湿な浴室に汚れを残してしまうと、カビが繁殖する条件がそろってしまいます。浴室内のどこかにカビがあると、胞子が散らばり天井にも付着してしまうのは言わずもがな。しかも、手の届きにくい天井は掃除が行き届かないので、いつのまにかカビが発生してしまうというわけです。

天井掃除の必須アイテム

天井掃除の必須アイテム

FotoDuets/Shutterstock.com

手の届きにくい浴室の天井を掃除するには、何を用意したらいいのでしょうか。まず、高い位置にある天井に手が届くように、脚立などの足場が必要です。浴室に置いた際、転倒しないように安定したものを用意してください。なお、使い捨ての掃除シートなどを装着して使用する、柄の長いフロア用ワイパーがあれば、足場を用意する必要がないので便利です。

次に洗剤ですが、カビを除去するには、塩素系洗剤がもっとも効果的です。ただし、万が一皮膚に付着してしまうと危険なことから、天井に使う場合は、垂れてこないジェルタイプや泡タイプを選びましょう。それほど、カビが目立たない場合は、安全性が高い重曹やセスキ炭酸ソーダがおすすめです。掃除の際は、ゴム手袋やゴーグルを着用するのも忘れずに。

天井の掃除方法

天井の掃除方法

Andrey_Popov/Shutterstock.com

掃除シートや雑巾にカビ取り剤を吹き付けてなじませ、天井を拭きます。全体を拭いた後、カビ取り剤を浸透させるために、少し時間を置きましょう。30分くらい経過したら、水拭きと乾拭きをして完了です。もしカビが頑固で、直接カビ取り剤を使いたい場合、カビの真下からではなく、少し離れた位置から吹き付けます。液が多すぎると垂れてきてしまうので、少しずつ様子を見ながら使用してください。

お風呂のカビ予防

お風呂のカビ予防

M. Kovacs/Shutterstock.com

天井の掃除はたいへんです。ひんぱんに掃除をしなくても済むよう、予防対策を施しましょう。

市販の防カビ剤を使う

防カビ用の燻煙剤は使い方もカンタンで、手軽に予防できます。煙で予防するため、天井のように手の届かない場所にも効果があります。また、燻煙剤といっても、殺虫剤と違って、健康を害する成分は含まれていないものがほとんど。洗面器や風呂の椅子など、浴室の小物を移動させることなく使えるため、使い勝手がいいのも魅力です。

水分を取り除く

水を含ませたモップや柄の長いブラシ、またはウエットシートを装着したフロアワイパーなどで、天井や壁を拭いて水分を取り除きます。とくに、四隅は念入りに拭くこと。数分の作業で済むうえ、週に1回程度行うだけでカビ予防になります。

こまめに換気する

入浴後は湿気がこもっています。カビの菌は湿気を好むので、入浴後は、つねに換気扇を回し、湿気を逃がしてください。閉め切ってしまうと、湿度が上がりやすいので、できるだけドアも開けておくようにしましょう。早く乾燥させたい場合は、使用後のバスタオル等で、浴室内の水気をさっと拭き取るだけでも効果があります。


見落としがちな浴室の天井ですが、黒い斑点が現れる前に、カビの原因菌を退治してしまいましょう。ちょっとしたカビ予防で、安心してバスタイムを楽しむことができます。