ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
逆に傷つけてしまう恐れも!汚れの原因に合わせた掃除方法を知ろう!
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

逆に傷つけてしまう恐れも!汚れの原因に合わせた掃除方法を知ろう!

車が汚れてしまう原因はさまざまですが、汚れの種類によって取り除き方もさまざまです。汚れに合わせた洗車をしないと大切な車がたいへんなことになる可能性も・・・。車の汚れの種類とその落とし方について紹介します。

  • ShuShu

車汚れに応じた手入れが必要

車汚れに応じた手入れが必要

Quinn Martin /Shutterstock.com

いくら車をきれいにしても、毎日運転しているとすぐに汚れが気になってきます。もし、「汚れたらまた洗車すればいいや」と、単純に考えているなら、それは少し危険かもしれません。

というのも、車が汚れてしまう原因は一つではないからです。汚れの種類によって取り除き方も変わってくるため、気をつけないと車をきれいにするつもりが、反対に車を傷つけてしまう、または劣化させてしまうことになりかねません。

何が原因となって車が汚れてしまうのか、そしてそれぞれの汚れはどのように落とせばいいのか、しっかり理解しておくことが、愛車をいつまでもきれいに保つ秘訣ともいえるでしょう。

車の水垢汚れの落とし方

車の水垢汚れの落とし方

Africa Studio/Shutterstock.com

車の汚れの中で、もっとも気になるのが水垢汚れです。水垢汚れは排気ガスのスス、アスファルトやタイヤが削れたことで発生する微粒子などの汚れが雨に混じり、車に付着して乾燥することで目立つようになります。

水垢汚れを落とすためには、普段の洗車で使用しているカーシャンプーで洗い流すのが一番効果的です。ただ、付着してからかなり時間が経過している、もしくは塗装が荒れてしまった部分に付着している場合は、カンタンには取り除けないことがあります。その時は、市販されている専用のクリーナーを使えば、効率よく汚れを落とすことができますよ。

鳥の糞や虫の死骸の落とし方

鳥の糞や虫の死骸の落とし方

Nneirda/Shutterstock.com

暖かい季節に車を走らせていると、鳥の糞や虫の死骸で車が汚れてしまうことが多々あります。

厄介なのは、時間が経つほど固まって取りにくくなってしまうこと。さらに、そのまま放置しておくと、塗装面を痛めたり、腐食させたりする原因となってしまいます。

付着してすぐの場合は、ウェットティッシュを使って拭き取るか、水を注げば取り除くことができます。それでも取れない場合は、お湯を含ませたティッシュで汚れをふやかしてから拭き取るようにしてください。

完全に固着している時は、高圧洗浄機でできるだけ汚れを落とした後に、カーシャンプーを使ってやさしくこすってみましょう。

無理に汚れを削り取ろうとしたり、爪ではがそうとしたりすると、傷がついてしまうので、十分に注意しましょう。

ピッチタール汚れの落とし方

ピッチタール汚れの落とし方

chewbacca.j/Shutterstock.com

塗装して間もない道路や、炎天下で熱くなった道路を走っていると、黒い油汚れがボディやタイヤまわりに付着することがあります。これが、ピッチタール汚れです。

ピッチタール汚れは、一般的なカーシャンプーでは落とすことができません。そのため、ピッチタール汚れ専用のクリーナーが必要です。また、多少時間はかかりますが、洗車用の粘土クリーナーがあれば、きれいにすることができます。

ピッチタール汚れを放置していると、シミになったり、塗装が変色したりするので、早急に取り除くことが大切です。

鉄粉汚れの落とし方

鉄粉汚れの落とし方

CK2 Connect Studio/Shutterstock.com

電車や車がブレーキをかけた時の摩擦などによって、細かく砕けた鉄粉が飛来して車の塗装面に付着したり、刺さってしまったりすることがあります。

このような鉄粉汚れは、通常の洗車だけでは落とすことができません。厄介な鉄粉に効果的なのが洗車用の粘土クリーナーです。カーシャンプーで洗車をして、すすぎが終わった後に、水を流しながら平たく伸ばした粘土クリーナーをボディに滑らせていきます。すると、取り除かれた鉄粉が黒ずみとなって粘土に付着します。汚れた面を中に練りこみながら、ボディ全体に施工していけば、鉄粉汚れがきれいになくなります。

ただし、粘土クリーナーにはコンパウンド(研磨剤)が含まれているものがあるため、強くこすってはいけません。塗装面が傷だらけになることもあるので、注意して使用するようにしましょう。

車の汚れ方によって、取り除き方もさまざまです。正しい知識を身につけ、大切な愛車を長く乗り続けたいものですね。