ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
DIYでもっと便利な空間に!クローゼットをリフォームしてみよう!
出典 : Zephyr_p/Shutterstock.com

DIYでもっと便利な空間に!クローゼットをリフォームしてみよう!

「ここがもう少しこうだったらもっといいのに・・・」クローゼットは造りつけの家具だと諦めていませんか? ちょっとしたリフォームでもっと使いやすくする方法を紹介します。

  • ShuShu

クローゼットをリフォームでもっと便利に

クローゼットをリフォームでもっと便利に

Sofi photo/Shutterstock.com

衣類や季節ものの家電や家具、スーツケースなどの普段使わないものを収納するのに欠かせないクローゼット。日本の伝統的な物入れは、長いこと押入れでしたが、ベッドで眠る家庭が増加し、洋室が増えたことにより、押し入れは少なくなりクローゼットが大半を占めるようになりました。

クローゼットと一言でいっても、その種類は多彩で、扉のつけ方だけでも数種類あります。また、一般的なクローゼットは壁に沿って造られている物入れですが、最近は人が中に入って歩くことができるウォークインクローゼットも増えています。

注文住宅で自分の使い勝手が良いように設計したクローゼットなら問題ないかもしれませんが、多くの場合、部屋にはじめから造りつけられていることが多いクローゼット。自分の理想とする使い方どおりにはいかない場合も多々あります。

しかし、造りつけの家具だからといって、使い勝手の悪さを諦める必要はありません。
必要に応じて専門業者に依頼したり、DIYで手を加えるなどして使いやすいクローゼットにリフォームすることは可能です。まずは、どのようなクローゼットなら使いやすいのか、変更したい点をリストアップし、どの方法が最適か検討してみましょう。

扉のつけ方で変わるクローゼットの使い勝手

扉のつけ方で変わるクローゼットの使い勝手

shigemi okano/Shutterstock.com

クローゼットをリフォームする際、専門業者に依頼が多いのが扉の変更。どの種類の扉にも良い所はありますが、使いづらい点もあります。扉ごとにメリットとデメリットを比較し、自分の生活環境に合った扉を考えてみましょう。

折れ戸

引っ張ることで扉が畳まれて開くタイプの扉。クローゼットにもっとも多く、見た目にもスタイリッシュですが、他の扉に比べ故障しやすく、引く力も必要なため、高齢の方や身体が不自由な方には負担になることも。
両開きのものは開け放つと間口が全開になるため、物の出し入れがしやすいというメリットはありますが、扉を開くためにクローゼットの前方に扉一枚分のスペースが必要になるので、リフォームする際は開閉に必要な面積も確保するようにしましょう。

開き戸

洋室のドアのような引くタイプの扉。ワンアクションで全開するため物の出し入れはラクですが、扉の可動域を確保する必要があり、扉付近には物が置けません。

引き戸

少ない力でも開閉でき、扉の開け閉めで面積を取られないため、幅広い層に人気の扉です。ただし、開閉時片方ずつしか開放できないので、中の物を見渡しづらく、大きな物を収納するには困ることも。収納する物を考え、問題ないか検討しましょう。

この他にも、あえて扉を付けず、解放感を楽しむ見せる収納や、カーテンやロールスクリーンで代用する方法、扉の前面や裏側に姿見のミラーを設置するなど、扉に関わるリフォームは数多くあります。カーテンやロールスクリーンの設置なら自分でDIYできますが、扉そのものの交換は、専門の業者にお願いした方がいいでしょう。相見積もりをとり、相場を知った上で信頼できる業者に発注するのが安心です。

そのリフォームDIYでもできるかも!?

そのリフォームDIYでもできるかも!?

Chayapak Jansavang/Shutterstock.com

クローゼットそのものの増設や新設、扉の付け替えなどは個人でDIYするのはちょっと難しいレベルですが、クローゼットの中を少し便利にリフォームする程度の工事なら自分でできることもあります。

たとえば、クローゼット内にハンガーポールを設置したり棚を増やすなど、ホームセンターで材料が揃う程度の工事は、業者に依頼するより自分で行った方がかなり割安です。方法や材料の選び方もインターネットで検索すれば詳しく記述しているサイトが数多くあるので困ることはないでしょう。
物作りが好きな人は、日曜大工感覚でチャレンジしてみるのもいいですね。

クローゼットに臭いを残さない消臭方法

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

クローゼットは服の出し入れの時以外は、閉めきりになりがち。狭い空間を閉めっぱなしにしておくと、湿気が溜まりカビや臭いの原因になることがあります。
扉を開けた時に「うっ・・・」とならないためにも、普段からクローゼットの中の通気性を確保できるよう、服を詰め込み過ぎず、時々扉を開け放ち空気の入れ替えをするように心掛けましょう。

また、衣類のしまい方がクローゼットの湿気や臭いの原因になることもあります。
シーズン中、着る度に洗うことのできないアウターやジャケット、スーツなどを脱いですぐにクローゼットに戻したりしていませんか?

表面的には汚れていないように見える衣類も、外の湿気や汗、臭いなどがついています。クローゼットに収納する前に、表面に付着したホコリやゴミを払い、ファブリーズの布用消臭スプレーをコートなどのアウターなら前後ろに10回程スプレーし、風通しの良い場所にハンガーに掛けて、しっかり乾いてからクローゼットに戻すようにしましょう。

ファブリーズは、衣類にスプレーすることで繊維一本一本に浸透し、臭いの原因となる雑菌を99%以上除菌し、臭い分子を化学的に分解・中和し、臭いをまるごと消し去ります。
なかなか洗うことのできない衣類は、臭いや雑菌を溜めがち。着る度にファブリーズでリセットしておけば、次に袖を通す時も気持ちよく身につけられます。

機能的にリフォームされたクローゼットも、臭いがしては台無しです。適度な空気の入れ替えとファブリーズしてからの衣類収納を習慣付ければ、いつでも快適に使うことができますね。