ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
時間を有効活用! 洗濯物を楽に整理するためのテクニック
出典 : Billion Photos/Shutterstock.com

時間を有効活用! 洗濯物を楽に整理するためのテクニック

子どもがいる家庭では、洗濯物の量が増えがちです。しかし、忙しい仕事の合間に「洗って干して、たたんで整理する」という多くのプロセスをこなす負担はかなりのもの。毎日続く作業を少しでも楽にするために、いくつかの工夫を取り入れてみましょう。

  • kawase

洗う前の洗濯物は、カゴとネットで整理する

洗う前の洗濯物は、カゴとネットで整理する

Boibin/Shutterstock.com

大きな洗濯カゴに放り込まれたたくさんの洗濯物を、一つひとつ取り出して整理するのはたいへんです。面倒な仕分け作業を楽に済ませるため、洗濯カゴを複数用意しておきましょう。カゴに入れてほしい洗濯物の品目を書き、家族それぞれに入れ分けてもらえば、洗う前の整頓作業を省略することができます。

洗濯物の分類方法は家庭によって違いますが、最低限「色の濃いもの」と「デリケートなもの」だけは分けてもらうと◎。また、こまごまとした下着や靴下は大き目のネットにひとまとめにしておくと、洗濯機から取り出す際に散らばらなくなって便利です。

サブの洗濯カゴを置くスペースがない時は、洗濯機に強力タイプのマグネットフックを取り付け、そこにビッグサイズの洗濯ネットを引っ掛けておくのがおすすめ。場所をとらないうえ、通気性も確保しやすいのがポイントです。

バスタオルの断捨離で、洗濯物の量を削減

バスタオルの断捨離で、洗濯物の量を削減

Africa Studio/Shutterstock.com

洗濯物の量が多いと、洗濯機を2度、3度と回す必要が出てきます。1回で洗濯を終わらせるためには、なるべく洗う物の量を少なくしたいところですね。

生活スタイルをあまり変えずに洗濯物の量を減らすには、「バスタオル」を使うのをやめるのがおすすめです。フェイスタオルの大きさは、バスタオルのおよそ1/3。ひとり一枚使っていたバスタオルをフェイスタオルに変えるだけで、洗濯物の嵩を大きく減らすことができるでしょう。乾くのも早く、しまう際にも場所をとらないので、取り込んだ後の整理収納も楽になります。

移動するだけ! 「たたまない」収納で大幅時短

移動するだけ! 「たたまない」収納で大幅時短

HomeArt/Shutterstock.com

取り込んだ後の整理作業を楽にするには、思い切って「たたむ」のをやめてみるのも手です。型崩れしやすい衣類以外はすべてハンガーにかけて干せば、取り込んだ後、クローゼットに移動させるだけで片付けが完了。時短になるうえ、シワもつきにくくなって一石二鳥です。「自宅に押し入れしかない」という人は、押し入れ内部に丈夫な突っ張り棒を渡し、ハンガーポールとして活用すると良いでしょう。

また、下着や靴下、ハンカチといった小物類は、それぞれカゴや引き出しの中に放り込んで収納するという方法も。この方法なら、まだ複雑な作業ができない小さな子どもにも片付けのお手伝いをしてもらうことができますね。

ファミリークローゼットで、整理の効率アップ

ファミリークローゼットで、整理の効率アップ

mariakraynova/Shutterstock.com

「ファミリークローゼット」とは、家族全員で共有する衣類収納スペースのこと。整理整頓を効率よくこなす方法の一つとして、近年注目を集めています。
衣類の収納場所を一つに絞れば、取り込んだ洗濯物を持って家のあちこちを回る必要がなくなります。先に述べた「たたまない収納」と組み合わせることで、洗濯物の整理にかかる時間を大幅に短縮することができるはず。

この他にも、ファミリークローゼットには、「防虫・防湿メンテナンスを一度に済ませられる」「衣替えがカンタンになる」といったさまざまなメリットがあります。家中の服を一カ所に集めて収納しなおす作業は少したいへんですが、実施すれば毎日の家事がぐんと楽になるでしょう。

最近では、「複数の衣類を連ねて干せて、一気に取り込めるハンガー」といった、たたまない収納に特化した洗濯グッズも登場しています。整理の方法を工夫しつつ、こうした便利グッズの力を借りるのも良い方法ですね。