ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
男のロマンが詰まったビルトインガレージ、そのメリットとデメリットとは?
出典 : Gorlov-KV/Shutterstock.com

男のロマンが詰まったビルトインガレージ、そのメリットとデメリットとは?

家の中に車を置くスペースを設けるビルトインガレージ。すぐ側に愛車を感じられる暮らしは車が好きな男性にとっては夢のような暮らし。しかし、わが家に導入するなら家族の理解は必須。メリットとデメリットを知って、家族にプレゼンしてみましょう。

  • 創文舎 hamo

ビルトインガレージってどんなもの?

ビルトインガレージってどんなもの?

Alita Xander/Shutterstock.com

海外の映画によく出てくる、リビングから車を眺めることができるファッショナブルな家や、扉一つで部屋とガレージを行き来できる大きな家。日本では、それほど多くはありませんが、最近では土地に余裕のある地方都市や郊外で増えてきました。家の中に車を停めることのできる「ビルトインガレージ」は、車好きの男性にとっては憧れのスペースではないでしょうか。

ビルトインガレージとは、一般的に、家の一階部分に広い開口部を設けた駐車スペースを作り、シャッターを取りつけた、家屋といったいになったガレージのことを指します。

家とガレージがひと続きになることで、便利な反面、気になることも数多くあります。ビルトインガレージの設置を検討するなら、メリットとデメリットを把握し家族に理解してもらわなくてはなりません。

ビルトインガレージは男の秘密基地!?

ビルトインガレージは男の秘密基地!?

g-stockstudio/Shutterstock.com

車好きの男性にとってビルトインガレージを設置する大きな魅力は、何といっても快適な空間で思う存分車をいじれるということではないでしょうか。敷地や間取りに余裕があるなら、ビルトインガレージをただの駐車スペースにせず、車を中心とした工房のような部屋を作ってみたいもの。

車いじりはもちろんのこと、サーフィンやスキー、自転車、スケートボートなどアウトドアで楽しむ趣味のものを並べ、季節ごとにメンテナンスやカスタマイズできるスペースにするのもいいのではないでしょうか。

また、ちょっとした家具を造るDIYスペースにしたり、テーブルやイスを持ち込んでコーヒーやお酒を飲みながら作業するのもオツ。ノートパソコンや本などを並べ、ちょっとした仕事までできる男の隠れ家にするとさらに快適です。

また、ビルトインガレージは、車の鑑賞用スペースとして活用することができます。リビングに居ながら車を鑑賞できるよう、ガラス張りの壁面にすればいつでも愛車を眺めることができます。愛車をインテリアに、家でゆっくりくつろぐというのは何とも贅沢なひとときです。

ビルトインガレージの実用的メリット

ビルトインガレージの実用的メリット

romakoma/Shutterstock.com

趣味やインテリアとして愛車をすぐ近くに感じることができるビルトインガレージ。嗜好的なメリットも数多くありますが、実用的な部分でもメリットはたくさんあります。

悪天候から車を守る

雨風や雪などの荒天の際、車を屋内に格納しておけるのは大きなメリット。汚れを防ぐのはもちろん、強風で飛んでくる物で車に傷や凹みがつく心配もありません。また、それだけであれば家と別棟になったガレージでも同様ですが、ビルトインガレージの場合、人の乗り降りや荷物の出し入れも屋内で完結するところが良い点。どんな天気でも慌てず乗り降りできるのは大きなメリットです。

敷地面積の有効活用

都市部の狭小地などでは、ガレージを作りたくても面積が足りなかったり、駐車場が遠い上に月々の料金が高いなど、駐車事情が厳しいことが珍しくありません。ビルトインガレージは、建蔽率や容積率の基準をクリアできれば、敷地内に駐車スペースを設けることができ、限られた敷地でも駐車スペースを確保することができるのです。

知っておきたいビルトインガレージのデメリット

知っておきたいビルトインガレージのデメリット

INDz/Shutterstock.com

スペースの節約にもなり、利便性が高い上に、趣味を楽しむ場所にもなり得るビルトインガレージですが、所有する上で気をつけなくてはならない点もいくつかあります。デメリットを理解した上で、導入は慎重に検討しましょう。

設置費用

車を家の中に入れるとなると、床の強度を高めたり、シャッターを取りつけたりと、通常の住宅建設とは異なる部分がたくさん出てきます。特殊な建築になると、その分コストがかかるので、車を停める方法をいくつか考え、コストパフォーマンスを検討した上でベストな選択をすることをおすすめします。

間取りが制限される

1階部分にビルトインガレージを作ることで、キッチンやリビング、お風呂など、通常1階にあることが多い居室や設備を2階や3階に移さなくてはならなくなります。家全体の動線を考え、無理のない設計をしてもらいましょう。

家や車が破損する可能性

いくら気をつけて運転していても、誤操作があった場合、家と車両方が破損するという可能性は残ります。万が一のことも考え、多少余裕のあるスペースを考えガレージは設計した方が良いでしょう。ガレージの中に物を置き過ぎるのも注意です。

臭いが残りやすいガレージは消臭必須!

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ビルトインガレージを持つ上で、もう一つ注意しておかなくてはならないのが、換気です。
発車時や停車時、どうしても家の中でエンジンをかける必要があるビルトインガレージ。排気ガスが充満すると健康に被害が出る恐れもあるため、しっかりとした換気計画は必須事項になります。

また、換気をしていても残りやすいのが排気ガスの臭い。エンジンを止めて換気をしても、なかなかクリアにならない臭いには、ファブリーズの置き型消臭剤がおすすめです。

ファブリーズ部屋用置き型消臭剤は、空間に漂う臭い分子を捕まえ、化学的に分解・中和して臭いを消し去る消臭成分、ニオイキャッチャーゼリーを配合。詰め替え部分を交換して使えるタイプの置き型消臭剤です。
臭いをしっかり消してから香りを広げるため、イヤな臭い混ざりもなく快適な匂い環境を実現します。

香りのタイプは、さわやかでナチュラルな香りを取り揃えていますが、香りが気になるようなら無香タイプを選ぶこともできます。


排気ガスやオイル・・・、車が主役のビルトインガレージにはワイルドな臭いが似合います。しかし、家の中にある以上、家族の共有スペースであることも確か。子どもや奥さんに嫌がられないよう最低限の臭いのマナーは気をつけたいですね。