ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
丸める? 畳む? 小さく切る? 不要な「ラグ」の捨て方指南
出典 : Master-L/Shutterstock.com

丸める? 畳む? 小さく切る? 不要な「ラグ」の捨て方指南

あなたの住んでいる地域での「ラグ」の捨て方、知っていますか? 粗大ゴミではなく、燃えるゴミとして捨てるためのワザとしてしばしば語られる「小さく解体する」という方法には、思わぬ落とし穴があることも…。

  • kawase

ゴミの正しい捨て方は、自治体によって異なる

ゴミの正しい捨て方は、自治体によって異なる

Dmitry Kalinovsky/Shutterstock.com

私たちが生活する中で発生するゴミ=一般廃棄物は、各自治体(市町村)の規則に従って分別しなければなりません。全国共通のガイドラインは存在しないため、国民は前もって住んでいる自治体の規則を確認しておく必要があります。

ゴミの捨て方が地域によって異なる理由は、それぞれの地域に備わっているゴミ処理施設(焼却工場、埋め立て処分場)の処理能力に差があるため。一般に、埋め立て処分場が少なく、強力な焼却工場を有している都市部では、分別が比較的カンタンになるといわれています。
反対に、埋め立てに回されるゴミが多くなる地域や、リサイクル率アップに力を入れている地域では、分別のルールも細分化する傾向があります。こうした自治体の中には、ルール違反者に対して罰則を科しているところも。

ラグに限らず、捨て方に迷うゴミが発生した場合は、必ず自治体の規則を確認しましょう。環境保全はもちろん、自分が損をしないためにも、分別ルールはきちんと守る必要があります。

ラグは、「粗大ゴミ」に分類されることが多い

ラグは、「粗大ゴミ」に分類されることが多い

Cora Mueller/Shutterstock.com

ラグは、比較的多くの自治体で「粗大ゴミ」として扱われています。ゴミに出す際は、そのまま広げて置いておくのではなく、丸めるか畳んでから紐でまとめ、コンパクトかつ扱いやすい状態に整えてから出しましょう。

なお、ラグを粗大ゴミとして捨てる場合は、前もって自治体に回収の予約を申し込んだうえで、指定の処理券を用意する必要があります。処理券を買える場所は地域によって異なりますが、おもにコンビニやスーパーで取り扱われていることが多い模様。捨てたいラグの大きさによって料金が変わることもあるので、事前に自治体のホームページをよくチェックしておきましょう。

ゴミ受付センターに持ち込むという方法もある

市町村によっては、粗大ゴミの直接搬入(持ち込み)を受け付けている場合も。持ち込みのルールは自治体によって異なりますが、中には「指定の受付時間内であれば、予約不要で持ち込める」というケースもあります。
また、直接持ち込みには「前もって処理券を用意しなくてよい」「手数料が安くなる」といったメリットが伴うことも。持ち込みの手間はかかりますが、出したいゴミの量によっては大幅に料金を節約できる可能性があります。

「ラグを小さく切れば燃えるゴミに出せる」・・・とは限らない

「ラグを小さく切れば燃えるゴミに出せる」・・・とは限らない

Offscreen/Shutterstock.com

そのままなら粗大ゴミに該当する大きさのラグでも、小さく畳んだり、切り分けたりすることで、燃えるゴミとして回収してもらえる場合があります。ただし、すべての自治体がこれに当てはまるわけではないので要注意。 たとえば、練馬区や世田谷区などは、「粗大ゴミを小さく解体しても、燃えるゴミとして回収することは出来ない」と明言しています。

分厚いラグを小さく切り分ける作業には、予想以上に大きな労力が伴います。普通の文具用ハサミや裁ちバサミで無理に切り進めると、手を傷めてしまうことも。「苦労してラグを切ったのに、結局回収してもらえなかった」ということのないよう、十分に注意しましょう。

捨てる前に試してみよう! 汚れたラグのお手入れ方法

捨てる前に試してみよう! 汚れたラグのお手入れ方法

Andrey_Popov/Shutterstock.com

シミ・汚れを落とすには

ラグの汚れを落とす時は、濡らして固く絞った布でポンポンと叩くように拭き取ります。汚れを周囲に広げないよう、「外側から中心に向かって拭く」ことを意識しましょう。汚れを布に移しとるイメージで、根気よく行うのがコツです。
汚れがなかなか落ちない時は、薄めた食器用洗剤か、布用クリーナーを使いましょう。汚れを落とした後は、真水を含ませて絞った布で仕上げ拭きを行い、ラグに残った洗剤をしっかりと取り除いてください。

つぶれた毛並みを整えるには

毛足の長いラグを長期間使っていると、繊維同士が絡まってボリュームが失われ、ゴワゴワした質感に変わってしまうことがあります。そんな時は、ペット用のスリッカーブラシ(抜け毛とりブラシ)を使って固まった毛並みをとかしてみましょう。スリッカーブラシは、ペット用品店のほかに100円ショップでも購入することが可能です。
ラグは面積が広いので少々たいへんですが、根気よく全面をとかしてみてください。絡まって寝ていた毛並みが、次第にふんわりと立ち上がってくるはず。全体をとかし終えたら、掃除機をかけてお手入れ完了です。なお、作業中はホコリが立ちやすいので、マスクを着けておくとよいでしょう。

粗大ゴミに出すにせよ、燃えるゴミとして捨てるにせよ、ラグを捨てるにはそれなりの手間がかかります。なるべく長い間捨てずに済むよう、お手入れしながら大事に使いたいですね。