ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
2019年の清明はいつ? 清明の意味と由来
出典 : Makistock /Shutterstock.com

2019年の清明はいつ? 清明の意味と由来

カレンダーをめくっている時、「清明(せいめい)」という単語を見かけたことはありませんか? 清明とは一体何の日で、いつのことを指すのでしょう?

  • terasaki

清明はいつを指す言葉?

清明はいつを指す言葉?

Bychykhin Olexandr/Shutterstock.com

日本には四季を表す言葉として、太陽暦を使用していた時代に考え出された二十四節気(にじゅうしせっき)があります。季節を春夏秋冬で分け、さらにそれぞれ6つに分け二十四の季節に分け季節の移り変わりを表します。日本には四季それぞれに微妙に変化する趣があり、それらを実感しやすいのが二十四節気なのです。


二十四の季節はその年によって1日程度前後しますが大まかな日付は変わりません。清明は春の分類に分けられ、5番目の節気で毎年4月5日ごろ指す言葉です。各節気は約15日の期間があるので4月5日頃から15日間が清明という節気にあたります。

清明の意味が知りたい

清明の意味が知りたい

gpointstudio/Shutterstock.com

清明という言葉を辞書で引くと「清く明らかなこと」という意味があります。二十四節気で用いられる清明は、もともと「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」という言葉を略したもので、「天地が清々しく明るい空気に満ちる」という意があるようです。確かに4月上旬のなんとも気持ち良い清々しい空や空気、花が咲き乱れる色彩豊かな景色は「清明」という言葉がぴったりとくる、美しく希望に満ちた季節ですね。

清明の日の由来は?

清明の日の由来は?

udra11/Shutterstock.com

じつは、二十四節記は日本独自のものではなく、発祥は中国です。中国では清明の時期にはその後訪れる雨季を前に草むしりなどの手入れを行い、ご先祖様の墓の掃除を行う習慣があります。そういった意味では、中国にとって清明の季節は日本でいうとことのお盆のような時期と言えるのではないでしょうか。

日本でも沖縄では清明祭という伝統が残っており、先祖の墓の前でご馳走をお供えし、親族が集まりみんなでお供えした食事を囲む習慣もあります。日本全体では清明に御墓参りする習慣はあまり認知されていませんが、確かに季節が良く、親族でお墓参りをするには最適なシーズンともいえます。

他の二十四節気にはどんな日があるの?

 odd-add/Shutterstock.com

清明は5番目の節気ですが、24ある節気にはおなじみの「夏至」「冬至」などの日があり、聞き馴染みの言葉もいくつかあるはずです。あまり耳にしない節気もありますが、「春分」「秋分」などは「春分の日」「秋分の日」として祭日にもなっているので、節気という言葉を知らなくても、時候の挨拶で使用したり、知らずに生活の中にあるものです。

年明け最初の節気は2月4日頃「立春」春の節気の残りは「雨水」「啓蟄」「春分」「清明」「穀雨」があります。夏は暦の上では5月5日頃「立夏」から始まり、「小満」「芒種」「夏至」「小暑」「大暑」。暑さの盛り8月8日頃には「立秋」「処暑」「白露」「秋分」「甘露」「霜降」と秋の節気になります。冬の節気は11月7日より「立冬」「小雪」「大雪」「冬至」「小寒」そして1月21日の頃には「大寒」となり、ゆっくりと春に向かいます。

夏の暑さが顕著になった昨今、夏が長引き、その分春秋が短く感じられる現在の季節とは若干のズレありますが、どの言葉も美しく、移ろう四季の繊細な美しさを見事に表現した言葉ですね。

日本人にとって式折々の行事は、いつまでも大切に受け継ぐべき心豊かな伝統です。日々に忙殺される毎日、ふと立ち止まって季節の声に耳を傾けてみませんか。清明の時期は格別に美しい季節が堪能できるのではないでしょうか。