ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋干しの洗濯物を早く乾かしたい! 新聞紙がその悩み解消します
出典 : Olga Marc/Shutterstock.com

部屋干しの洗濯物を早く乾かしたい! 新聞紙がその悩み解消します

新聞のデジタル配信も当たり前となり、新聞紙離れが急速に進んでいます。でも、情報源としてだけが新聞の役割ではありません。たとえば、読み終えた新聞紙が部屋干しの際にも活躍するって知っていましたか? 新聞紙にまつわる知恵を紹介します!

  • 創文舎 arisa_125

情報収集はネットが中心! 進む新聞紙離れ

情報収集はネットが中心! 進む新聞紙離れ

qvist/ Shutterstock.com

ひと昔前まで、親や先生の口癖といえば、「新聞を読みなさい」が定番でした。「社会情勢がわかるから」「会話力や文章力がつくから」「受験や就職試験の面接に役立つから」など、理由はさまざまですが、最近はその言葉を耳にすることも少なくなってしまいました。

インターネットの普及で情報収集の手段が多様化し、それに伴って、新聞紙離れが進んでいることがその理由といえるでしょう。日本新聞協会が行った「日刊紙の都道府県別発行部数と普及度調査」によると、2018年10月現在の総発行部数は3990万1576部で、前年比5.3%減と過去最高の減少幅。部数にすると、222万6613部の落ち込みとなっています。

確かに、いまは日本のみならず世界中で起こった出来事がそれほど時間を置かずにパソコンやスマホで知ることができ、新聞紙を手にした時には、すでにそれらの情報は鮮度を失い、多くの人の関心を集めることもなくなりました。ですが、テレビや電話、インターネットなどの通信手段が使えない震災時などは、新聞は大切な情報源になります。

新聞の主目的は情報伝達ではありますが、読み終わっても道具として使い道があるということも魅力ではないでしょうか。

新聞の定期購読をやめたものの、古新聞がないことに不便を感じる人も多いのではないでしょうか? そう、新聞紙は昔から暮らしのあらゆる場面で利用されてきた「生活必需品」なのです。改めて、その使い道の広さを紹介します。

先人の知恵! 部屋干しにも役立つ新聞紙

文字や写真がびっしり印刷されているのに、裏が透けて見えないのはなぜ? 「薄くて強い」を実現した日本の新聞紙は、技術の粋を集めて作られた、わが国が誇る「製品」なのです。読むだけで捨ててしまうのは、もったいないというもの。新聞紙の特性を知って、日々の生活で有効活用しましょう。

先人の知恵! 部屋干しにも役立つ新聞紙

KPG_Payless/ Shutterstock.com

新聞紙の活用術

ダイコンやカボチャなど、野菜を新聞紙で包んで保存するのは乾燥を防ぐため…、など生活の中から生まれた新聞紙にまつわる数々の知恵。敷く、拭く、吸い取るなど、活用法は多彩です。

新聞紙の活用術

Aaron Amat/ Shutterstock.com

洗濯物の部屋干し

新聞紙の原料は木。木は湿度が高いと湿気を吸い取り、逆に湿度が低いと湿気を放出する特性を持っています。そのため、部屋干しの洗濯物を早く乾かしたい時、新聞紙を利用すると効果的です。使い方は、干した洗濯物の下に敷くだけ。ただし、きれいな状態で敷くのではなく、一度、新聞紙を手でくしゃくしゃに丸め、それを伸ばしたものを使うこと。新聞紙が湿ってきたら、新しいものと取り替えましょう。

窓掃除

まず濡らした新聞紙で、窓の汚れを取り除き、次に乾いた新聞紙で乾拭きすると、インクがワックス代わりになってガラスの輝きが増します。また、たっぷりと水を含ませた新聞紙を網戸の両側から挟むようにして貼り付ければ、新聞紙が汚れを吸い取り、こすらなくてもきれいに掃除できます。

生ゴミ

暑い時期になると、気になってくるのが生ゴミの臭い。その臭いを抑え、水分を吸収するのに新聞紙が役立ちます。生ゴミを捨てる際、新聞紙にくるんでからビニール袋でしっかりと口を閉じるのがコツ。あらかじめ、三角コーナーに新聞紙を敷いておくのも効果的です。

廃油

廃油を処分するための専用の凝固剤なども売られていますが、牛乳パックと新聞紙さえあれば、廃油をカンタンに処分することができます。使い方は牛乳パックの中に丸めてくしゃくしゃにした新聞紙を詰め、そこに廃油を流し込むだけ。ただし、やけどをする恐れがあるので、油は冷えてから流し込むようにしましょう。あとは、口をガムテープなどでふさげば完了です。

下駄箱

下駄箱の棚に敷いておけば、湿気を取り除いてくれるだけでなく、靴の汚れも受け止めてくれるため、靴箱内をきれいに保つことができます。新聞紙は定期的に取り替えるようにしましょう。

押し入れ・クローゼット

押し入れやクローゼットも、湿気がたまりやすい場所です。専用の除湿剤を使うのもいいですが、新聞紙1~2枚をくるくる巻いて筒状にしたものを8本ほど用意し、それを空いたスペースに差し込んでおくだけで、除湿効果を発揮します。この場合も、こまめに新しいものと交換することが大切です。

部屋干しによる生乾き臭の消臭対策

湿気は新聞紙が吸ってくれたものの生乾きのイヤな臭いが…。臭いを防ぐためには、洗濯物をより早く乾かすことが重要ですが、あらかじめ消臭剤を使って予防しておくと、部屋干しでも安心です。ただ、その場合は除菌効果のあるタイプを選びましょう。99.9%の除菌力を持つ「布用消臭スプレーファブリーズダブル除菌」なら、生乾きの臭いを防ぎ、臭いの元となる菌の繁殖を抑えてくれるので、臭い残りの心配もありません。Tシャツは前後で4回、ワイシャツは前後で6回、パンツは前後で6回、下着や靴下は1~2回程度吹きつけておけば、仕上がりもさわやかです。

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

家の中から姿を消して初めて便利さがわかる新聞紙。情報はネットで見れば事足りるとはいえ、信頼性の高い情報を得られ、読んだあともいろいろ使える新聞紙は、ありがたいアイテムといえそうですね。