ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
中古車でもできる? 新車なら当たり前の「試乗」
出典 : Lopolo/Shutterstock.com

中古車でもできる? 新車なら当たり前の「試乗」

アクセルやブレーキ、各種機器の動作チェックなど、中古車だからこそ試乗して確認したいですよね。でも、中古車って試乗できるの? そんな疑問を持つ人のために、中古車の試乗についての実情を詳しく紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

中古車だからこそ試乗が必要

中古車だからこそ試乗が必要

Denis Rozhnovsky/ Shutterstock.com

新車の場合は、新型車の発売や乗り換えキャンペーンなどに合わせて、ひんぱんに試乗会が開催されますが、中古車では表立って行われることは少ないようです。

ただ、中古車は定期点検整備記録簿を見たり、エンジンルームを目視でチェックしても、実際に運転してみなければ乗り心地やエンジンの調子などを確認することができません。そういう意味では、中古車こそ試乗が必要といえそうです。せっかく買っても、すぐに修理に出すことになっては、目も当てられませんよね。

実際、中古車販売店で扱う車は、走行距離や年式、前のオーナーの使い方によって一台一台のコンディションが異なっているため、試乗しないで購入するのはトラブルのもと。できれば、実際にエンジンをかけて、車の状態を体感することが大切です。

一般的な中古車販売店では、お願いすれば試乗させてくれることがほとんどのようですが、車によっては試乗できないこともあります。新車と違って中古車は制約がある場合も多く、まずはそのあたりの事情を理解してから確実に試乗できる方法を見つけましょう。それが、納得の中古車選びにつながります。

試乗に「可能」と「不可能」があるワケ

新車と違って、中古車には試乗できる車とできない車があります。試乗したくても、できなければ仕方がありません。でも、その中古車を購入するにしても、あきらめるにしても、理由がわかれば納得するはず。

試乗に「可能」と「不可能」があるワケ

Pixelbliss/ Shutterstock.com

試乗できるのはナンバー付きの中古車だけ

同じ中古車でも、試乗できるものとできないものがあるのは、車検が付いているかいないかの差によるものです。つまり、車検が付いていない中古車(ナンバーなし)は公道を走ることができません。ただ、車検が付いた中古車(ナンバー付き)でも、保険に入っていない場合や完全に整備が済んでいない場合は、試乗を断られることもあります。

ナンバーなしの中古車で試乗できるケース

広い敷地を持った販売店に限られますが、車検が付きいていない中古車でも、駐車場や展示場などの私有地に限り、試乗できる場合があります。私有地の走行は違反にならないのがその理由ですが、走行距離は短いものの、実際に運転できるため、車の状態を確認することができます。

お目当ての中古車を試乗してみよう!

中古車は走らせれば走らせるほど走行距離が延び、車の価値に影響してくるため、長い時間試乗することはできません。限られた時間の中でも、次の項目はしっかりとチェックしておきましょう。

試乗でのチェック項目

試乗するなら、あらかじめチェック項目を決めておくと、確認漏れがなく、車の状態をしっかりと把握することができます。

チェックポイント

1.エンジンの状態・・・正常にかかるか、異音はしないか
2.乗り心地・・・シートの座り心地、振動の伝わり方など
3.アクセル・ブレーキの具合・・・アクセルを踏んだ時の反応や加速具合、ブレーキを踏んだ時の制動力や利き具合など
4.シフト・クラッチの動作・・・AT車ならシフトレバー、MT車ならギアチェンジがスムーズかどうかなど
5.ステアリング・ハンドリングの癖・・・ハンドルはまっすぐか、ハンドルを切った時のステアリングの具合は自分に合っているかなど
6.電動ミラーやパワーウインドウの動作・・・それぞれ正常に作動するか、動きはスムーズかなど
7.カーエアコンやカーオーディオ、カーナビなどの動作・・・それぞれ正常に稼働するか、エアコンから異臭がしないかなど

試乗に「可能」と「不可能」があるワケ

Osetrik/ Shutterstock.com

試乗する場合の注意点

万が一、試乗中に事故を起こしてしまったら、販売店と運転者のどちらが責任を問われることになるのでしょうか。それは、事故を起こした運転者本人です。そのため、免許の減点や反則金の支払いなどの責任を負うことになります。ただ、車の所有者は販売店なので、販売店が加入している自動車保険(自賠責)が適用され、それでまかない切れない場合は運転者が超過分を負担しなければなりません。もし、販売店が保険に入っていなければ、全額運転者が賠償しなければならないうえ、他車を運転した際にも補償してくれる保険に入っていなければ、自腹で払うことになることを覚えておきましょう。

車内の消臭対策

検討に検討を重ねて手に入れた納得のマイカー。せっかく状態のいい中古車を見つけたのに、その後の維持管理が悪ければ意味がありません。長く乗るためには、車のケアを怠らず、外観だけでなく車内もきれいな状態を保ちたいものです。しかも、狭い車内は臭いがこもりやすく、消臭対策は必須! 臭いが気になる前に、しっかりと対策を講じておきましょう。「ファブリーズクルマイージークリップ」なら、あらゆる臭いに消臭効果を発揮し、同時に車内をさわやかな香りで満たしてくれるため、イヤな臭いを撃退できます。エアコンの送風口にワンタッチで装着できるうえ、効果が約30日間持続するのもうれしいですね。

ファブリーズクルマイージークリップ香り

ファブリーズクルマイージークリップ香り

慣れていないと、状態のいい中古車を見つけるのはなかなかたいへんです。自信のない人は、中古車事情に詳しい人に相談したり、お店の人と親しくなって、時間をかけて納得の一台を見つけるようにしましょう。