ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
中古車を売りたい! 年式だけでなく手放す時期もポイント
出典 : George Rudy/Shutterstock.com

中古車を売りたい! 年式だけでなく手放す時期もポイント

中古車を手放すなら、できるだけ高く売りたいと思うのは当然こと。買取価格の査定には何が影響するのかを知り、好条件のうちに買い取ってもらいましょう。車種や年式だけでなく、外観や車内をきれいに保つことも査定額を下げない大切なポイントです。

  • 創文舎 arisa_125

車の年式は査定にどれだけ影響するのか

車の年式は査定にどれだけ影響するのか

Maksim Mazur/ Shutterstock.com

「車が必要なくなった」「新しい車に乗り換えたい」などの理由で中古車を手放す場合、買取価格は何を基準に決まるのか知っていますか? よく言われるのが「車種」と「年式」です。

とくに、年式は新しい車は高く、古い車は安く取り引きされるのが常識ですが、年式について正しく理解している人はどれくらいいるのでしょうか。年式とは車の製造年月日ではなく、初年度登録日(年)のこと。たとえば、2018年度に製造された車でも翌年に登録されれば、年式は2019年です。

また、年式が1年でも古いと買取価格に影響が出てしまうため、境目となる日にちも知っておく必要があります。年式が古くなるのは1月1日。つまり、2018年10月に登録された車でも、2019年の1月1日を過ぎれば、年式が1年古くなってしまうというわけ。

しかも、車の価格は10%、20%とパーセンテージで下がっていくため、高級な車になればなるほど、減額率が高くなり、売る時期を間違えると損をしてしまうことにもなり兼ねません。

買取価格を聞いてがっかりしないためにも、つねに年式を意識し、タイミングを見はからったうえで、売りに出すのが得策といえそうです。

中古車の買取価格はどう決まるのか

中古車の買取価格は、車種と年式だけでなく、走行距離、車の状態など、総合的に判断して決まります。ただ、車だけ見れば査定の内容は変わらなくても、年式が古くなる1月はもちろん、売る時期によっては買取価格に差が出ることも。少しでも高く買い取ってもらうためには、基本的なことはしっかり押さえておくことが大切です。

中古車の買取価格はどう決まるのか

kos1976/ Shutterstock.com

マイカーの相場を知る

車の買取価格は車種と年式が大きなポイントになりますが、走行距離やグレード、ボディカラー、装備・オプション、さらには外観や内装、足回りなどもしっかりとチェックされます。また、事故歴がある車や水没車は査定額が相場より大きく下回ることは避けられません。一般的に、走行距離は5万Kmを境に買取価格に差が出るといわれていますが、メンテナンスが行き届かず、キズやサビがついていたり、シートが汚れたり、さらにはペットやタバコの臭いが染みついていると、減額の対象となってしまいます。それを踏まえ、まずはマイカーの相場を調べてみましょう。方法としては、ディーラーや中古車買取店に見積もりを依頼するのがもっとも確実ですが、売却が前提となるため、手放すかどうか迷っている場合はインターネットの中古車買取相場サイトを利用するのがおすすめです。

売る時期も重要

年式とともに価格を左右するのが、車を売る時期です。年式が古くなる1月以外にも避けた方がいいのが、新型車が発売された直後です。なぜかというと、その時期は旧型車から新型車に乗り換える人が増え、同じ車種の旧型車が市場に数多く出回るため、査定価格が下がる可能性があるからです。車を手放すのであれば、新型車が発売される前と心得ること。また、新型車が発売されてから3年、5年、7年目も車の買い替えが増える時期です。3年、5年、7年目は、ちょうど車検のタイミング。この時に車を売る人が増えるのは、多くの人が車検にお金を使うなら、乗り換えた方がいいと考える人からです。車検の年も、同じような車が供給過多になるため、買取価格が下がる傾向にあります。

売る時期も重要

iMoved Studio/ Shutterstock.com

年式が古くてもあきらめるべからず

年式が古いからといって、あきらめてはいけません。国内では売れなくても、日本車は海外で大人気。最近は海外に販路を持つ業者も増えているので、低年式でも状態の良い車なら買い取ってもらえる可能性があります。ホームページなどで業者を調べ、廃車にする前に問い合わせてみるといいでしょう。買取価格がつくだけでなく、自分が乗っていた車が海外のだれかに乗り継いでもらえると思うと、それだけでもうれしいですよね。

消臭対策で車内をきれいに!

車内のケアは行き届いているか、見た目だけでなく、臭いも査定対象の一つです。タバコの臭いはもちろん、ペットの粗相や掃除を怠ったことで、食べもののカスや飲み物のシミに雑菌が繁殖し、イヤな臭いが染みついていたり、エアコンをつけると車内に悪臭が充満するようでは、高額査定は望めません。そうならないためにも、常日頃からの消臭対策が大切です。せっかくなら、より効果の高い消臭剤で車内に臭いがつくのを防ぎましょう。おすすめは、約30日にわたって消臭効果が続く「ファブリーズイージークリップ」です。芳香効果もあるので、あらゆる臭いを取り除くとともに、車内にさわやかな香りを届けてくれます。香りの強さを調節できるのも特徴です。

ファブリーズクルマイージークリップ香り

ファブリーズクルマイージークリップ香り

売る、売らないに関わらず、メンテナンスとともに車のケアを欠かさず、大切に乗れば、手放す時も「大切に車を扱うオーナー」と見なされ、査定額にも反映されるはず。売る時は、タイミングを逃さないようにすることが肝心です。