ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
家事ストレスを感じたら・・・スチームアイロンを手に入れよう!
出典 : Estrada Anton/Shutterstock.com

家事ストレスを感じたら・・・スチームアイロンを手に入れよう!

アイロンがけは、料理や洗濯に比べて地味で目立ちにくい家事ですが、手間と時間がかかるためストレスになりやすい家事でもあります。でも、スチームアイロンさえ手に入れれば、アイロンがけの苦労は驚くほどカンタンに解消されるんですよ!

  • 渡辺

アイロンとスチームアイロンの違いって?

アイロンとスチームアイロンの違いって?

Elnur/Shutterstock.com

シワになりにくい生地が増えたとはいえ、やはりゼロにはならないアイロンがけ。夜のゆっくりとしたい時間帯にアイロンをかけることも面倒ですが、朝の忙しい時間帯にスーツのシワにアイロンをかけなくてはいけない事態には、とくにうんざりしますよね。

少し前から、テレビのCMなどでもよく見かけるようになったスチームアイロン。なんだか便利そうだけど、安いものでもないし、今あるアイロンが壊れたわけでもないし・・・そう思って、購入を躊躇してはいませんか?

スチームアイロンは、ただのスチーム強めのアイロンと侮るなかれ。じつは、シワ対策はもちろんのこと、繊維にくっついた花粉やダニを除去し、染みついたニオイまで消し去ってくれる有能アイテムなのです。しかも、衣服はハンガーにかけたままでOKだから、手間いらず&短時間で完了。スーツやシャツを着る機会の多い共働き世帯には、必須ともいえる存在なんですよ。

スチームアイロンのおすすめポイント

カンタン・・・衣類をハンガーにかけたまま、片手でサッと使えます。
時短・・・アイロン台を出す手間がなく、短時間で完了します。
キレイな仕上がり・・・スチームをあてるだけだから、失敗なくキレイに仕上がります。
衣類のケア・・・花粉の除去や脱臭など、衣類のケアを行えます。
デリケートな素材もOK・・・プレス不要なので、セーターやニットなどにも使えます。

スチームアイロンの便利な使い方

スチームアイロンの便利な使い方

Africa Studio/Shutterstock.com

まずは、洗濯表示タグをチェック

さまざまな素材に使えるスチームアイロンですが、素材によっては使い方にコツが必要なものも。まずは、衣類についている洗濯表示タグの「アイロンマーク」をチェックしましょう。アイロンマークの中にある「・」の数が、判断基準となります。革製品など、アイロンマークに「×印」のついているものには、アイロンスチームを使うことはできません。

「・」→アイロン面を衣類から離して、浮かせた状態で使います。
「・・」→アイロン面を衣類にあてて、サッと滑らせるようにします。長時間スチームをあてると縮むことがあります。
「・・・」→アイロン面を衣類にあてて、ゆっくりと滑らせます。

スチームアイロンの使い方のコツ

1 ハンガーにかかったままの衣類を、安定した場所にセットします。
2 衣類の端を軽く引っ張りながら、スチームをあてます。
3 襟や袖などしっかり仕上げたいところには、アイロンミトンを使いましょう。

花粉やニオイも除去できる

花粉やニオイも除去できる

Elisa Manzati/Shutterstock.com

こまめに洗濯することができないスーツやセーターには、花粉・ダニなどのアレルゲンや、汗などのニオイが染みついています。それらの対策にも、スチームアイロンが大活躍。繊維の奥まで入り込めるスチームが、アレルゲンやニオイの粒子を除去してくれます。とくに、花粉症に悩まされるシーズンには重宝すること間違いなし!

スチームアイロンはゆっくりと動かして、衣類にたっぷりのスチームをあてるようにするのがポイントです。気になる場所は、とくに念入りにしましょう。

ダニ対策にも大活躍

ダニ対策にも大活躍

Marina Shanti/Shutterstock.com

スチームアイロンは、衣類だけでなくカーペットや布団などのダニ対策にも大活躍します。カーペットや布団のダニ退治といえば“天日干し”が一般的ですが、じつは、ダニが死滅するには65℃程度の温度が必要。天日干しではダニを弱らせることはできても、しっかりと退治することはできないのです。

その点、高温のスチームを噴射するスチームアイロンなら、カーペットの奥に潜むダニまで確実に退治することができます。少し浮かせるようにして、たっぷりのスチームをあてていくのがポイントです。終わったあとは、天日干しまたはしっかりと換気をして、乾燥させるようにしましょう。最後に、掃除機でダニの死骸を吸い取れば完了です。

ただし、ポリエステルなど素材によっては、スチームアイロンの熱が傷みの原因となることも。熱に弱い素材の場合は、濡らして絞ったタオルなどをあて布として使いましょう。畳も熱に弱いため、同様の対策をとるようにしてください。

スチームアイロンの販売台数は年々増加しており、5年前と比べて10倍もの成長を記録しています。便利で優秀なスチームアイロンを使って、家事ストレスをグッと軽減してみませんか?