ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
黄ばみやザラザラ・・・汚れによって違う、トイレのタイルの掃除方法
出典 : ewapee/Shutterstock.com

黄ばみやザラザラ・・・汚れによって違う、トイレのタイルの掃除方法

トイレの便器はキレイにしていても、つい怠ってしまいがちなのがタイルの掃除。そのまま油断をしていると、タイルが変色してしまうばかりか雑菌の温床になることも・・・。手遅れになる前に、トイレのタイル掃除に取りかかりましょう!

  • 渡辺

汚れたトイレのタイルには雑菌もごっそり!?

汚れたトイレのタイルには雑菌もごっそり!?

somjade dachklung/Shutterstock.com

トイレのタイルの色がくすんできたな・・・と感じることはありませんか? その原因は、タイルが古くなったからではなく、汚れが染みついて雑菌がごっそりと繁殖しているせいかもしれません。

用を足すたびに尿などが飛び散るタイルは、想像以上に汚れています。また、イギリスのリーズ大学の調査によると、便器のふたを閉めないまま水を流した場合、汚水や汚水に含まれる雑菌は最大で26cm飛散し、その後90分間も空中に浮遊したあと壁や床に拡散するとされています。嘔吐下痢症などの原因となる雑菌がトイレで大繁殖・・・なんて、考えただけでもゾッとしますよね。

トイレのタイルは、きちんと拭き掃除をして衛生面を保つことが大切です。その際は、必ず汚れの種類に合わせた掃除方法を実践しましょう。掃除アイテムを使い分けることで確実に汚れを撃退することができ、掃除時間もグッと短縮することができますよ。

掃除の方法は? タイルの黄ばみの原因は「尿石」

掃除の方法は? タイルの黄ばみの原因は「尿石」

tetxu/Shutterstock.com

トイレのタイルの黄ばみは、尿が原因です。飛び散った尿は雑菌によってアンモニアに分解され、水に溶けない尿石(黄ばみ)となります。そのままにしておくと、雑菌が増殖して悪臭の元となるため、きちんと拭き取るようにしましょう。

尿石はアルカリ性のため、酸性の「クエン酸」で化学反応を起こして除去するのが効果的。さらに、「重曹」と合わせて使うことで炭酸ガスの泡が発生し、尿石がより分解しやすくなります。絶対にしてはいけないのは、「クエン酸」と「塩素系漂白剤」を混ぜることです。両者を混ぜてしまうと有毒ガスが発生します。絶対に混ぜて使用しないよう注意してください!

クエン酸スプレーの作り方

水200mlにクエン酸を小さじ1程度溶かして、スプレーボトルに入れます。汚れがひどい場合は、クエン酸の分量を増やして調節しましょう。

重曹スプレーの作り方

40℃くらいのお湯200mlに重曹大さじ1程度を加えて、スプレーボトルに入れます。ふたをしっかり閉めてよく振り、十分に溶かしましょう。

掃除の手順

1 重曹スプレーを吹き付けたタオルで、タイルを拭く。
2 次に、クエン酸スプレーを吹き付けたタオルで、タイルを拭く。

タイルのザラザラ汚れの原因は、「水垢」

タイルのザラザラ汚れの原因は、「水垢」

LumineImages/Shutterstock.com

タイルのザラザラとした汚れは、水垢が原因です。飛び散った水や結露が蒸発し、石灰となって残ったもので、ゴシゴシと水拭きするだけでは落とすことができません。

水垢もアルカリ性の汚れです。そのため、酸性の「クエン酸」で掃除をするのが効果的。尿石と同じく、「重曹」と合わせた掃除方法でOKですが、がんこな水垢には「トイレットペーパー」を使うのがおすすめです。

トイレットペーパーを使った掃除の手順

1 タイルの水垢にトイレットペーパーをあて、上からクエン酸スプレーを吹き付ける。
2 パックした状態でしばらく放置したあと、トイレットペーパーで汚れを拭き取る。
3 トイレットペーパーはそのままトイレに流して、完了。

タイルの黒ずみの原因は、「黒カビ」

タイルの黒ずみの原因は、「黒カビ」

Andrey_Popov/Shutterstock.com

タイルの黒ずんだ汚れは、黒カビが原因です。湿度の高い場所や汚れの溜まった場所を好む黒カビは、そのままにしておくとどんどん増殖してしまい、空気中に舞い散った胞子が健康に被害を与えることも。早めの対処が肝心です。

黒カビは酸性のため、アルカリ性の「重曹」を使うのがおすすめです。重曹には黒カビに含まれるタンパク質を分解する作用や、細かい粒子で傷を付けずに汚れを削り落とす研磨作用があるため、黒カビ掃除にはとても効果的。塩素系のカビ取り剤と違って、体に安心なのもうれしいですね。

掃除の手順

1 重曹スプレー吹き付けたタオルで、タイルの黒カビを拭く。
2 しっかりと水拭きをして、完了。

タイル目地の掃除の手順

1 重曹2:水1の割合で練ってペースト状にしたものを、目地に塗る。
2 トイレットペーパーやラップでパックし、しばらく放置する。
3 パックを外し、目地を歯ブラシなどで軽くこする。
4 仕上げに、濡れタオルで重曹をキレイに拭き取って完了。

トイレのタイルを掃除する際の注意点

トイレのタイルを掃除する際の注意点

Billion Photos/Shutterstock.com

タイルやタイルの目地は、強い酸性洗剤を使うと劣化してしまいます。クエン酸は、必ず水で薄めたものを使用しましょう。また、研磨剤が含まれているクレンザーや金属たわしは、タイルを傷付けてしまうため注意が必要です。

トイレのタイルを確実&短時間でキレイにするには、汚れに合わせて掃除アイテムを使い分けることが最大のコツ。清潔で見栄えのよいトイレをキープするためにも、こまめな掃除を心がけましょう。