ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
みんな大好き! “ホットドッグ”のこと
出典 : Sean Locke Photography/Shutterstock.com

みんな大好き! “ホットドッグ”のこと

アメリカの国民食ともいえる“ホットドッグ”。日本人も大好きですね! でも、なぜドッグ(dog)なの? 名前の由来はじめホットドッグについてリサーチしました!

  • 鈴木

ホットドッグの誕生は?

ホットドッグの誕生は?

Luca Santilli /Shutterstock.com

ホットドッグといえば、アメリカで多く食されているイメージがありますが、じつは、誕生したのはドイツと考えられています。熱々のソーセージを素手で持つと火傷するのでパンに挟んで出したことが始まりといわれています。
ホットドッグの中に挟むソーセージは、フランクフルトソーセージを略したもので、1484年にドイツのフランクフルト市で生まれたとされます。フランクフルト市は、1984年に「ホットドッグ生誕500年」の祝賀イベントを大々的に開催しています。ソーセージの誕生=ホットドッグの誕生を強調しているわけですが、これに意義を唱える説もあります。ウインナーソーセージ誕生の地、オーストリアのウィーンの人たちです。
どちらにしても、ヨーロッパで誕生したことは確かなようですが、その後アメリカで普及したのは、ヨーロッパからの移民たちがホットドッグを売り始めたからのようです。

ホットドッグの名前の由来は?

ホットドッグの名前の由来は?

Mikhaylovskiy /Shutterstock.com

ホットドッグの名前の由来は諸説ありますが、もっとも有名なのは漫画から広まったという説です。
長い見た目が胴長のダックスフンドに似ていたことから、当初は「ダックスフンドソーセージ」と呼ばれ、親しまれるようになりました。野球場では「レッド・ホット・ダックスフンド・ソーセージ」と名付け、大人気になったそうです。この人気を表現しようとして、ニューヨークジャーナル紙のスポーツ漫画家が、パンにはさまれたダックスフンドのイラストを描いたそうです。その際、省略してなのか、スペルが思い出せなかったのか、単に間違えたのか理由は不明ですが、キャプションとして「Hot dog」と書いて誌面に掲載したそうです。この漫画が評判になり、「ホットドッグ」という呼び名が定着したといわれています。

ホットドッグの作り方は?

ホットドッグの作り方は?

Brent Hofacker/Shutterstock.com

ホットドッグが世界に広まった背景には、手軽さとアレンジの多様性にあります。基本のホットドッグの作り方はじつにシンプルです。

1.ソーセージを炒めるかボイルします。
2.ホットドッグ用のパンに切り目を入れ、内側にバターを塗ります。
3.ソーセージを挟んでトーストします。
4.トマトケチャップとマスタードをかけて出来上がりです。

ソーセージと一緒に、タマネギのみじん切りやピクルス、キャベツ、サニーレタスなどお好みで野菜をトッピングしましょう。また、トマトケチャップとマスタードが基本ですが、チリソースやサルサソースなどアレンジもOKです。

アメリカンドッグとの違いは?

アメリカンドッグとの違いは?

Brent Hofacker/Shutterstock.com

「ホットドッグ」は、国によって多少ソーセージの種類が違っていたりはしますがファストフードとして世界の各地で親しまれている食べ物です。
一方、「アメリカンドッグ」は日本だけで通用する和製英語です。ホットドッグとは似て非なるもので、ソーセージに串を刺し、ドーナツ生地をつけて油で揚げたもの。好みでケチャップやマスタードをつけて食べます。お祭りの露店や高速道路のサービスエリアなどでお馴染みの味ですが、海外で「アメリカンドッグ」といっても通用しません。
アメリカでは衣となる生地にコーンミールを使うことから「コーンドッグ」と呼ばれています。日本のアメリカンドッグにはコーンミールを使っておらず、小麦粉で衣をつくるためコーンドッグとは呼べず、そのために生まれた名称だと考えられます。

ケチャップで服を汚してニオイがついたら?

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

ホットドッグはおいしいけれど、悩ましいのがケチャップが衣類についてしまいがちなこと。 ケチャップの汚れは水溶性なので、ついてすぐなら大抵の場合、水でカンタンに取り除けます。しかし、時間が経つと漂白処理が必要になります。少しでも早く汚れ&シミに対処するのがポイントといえます。
まず白いタオルなどに、水をつけ、衣類の目立たない所に押しつけて、色落ちするかどうかを確かめます。色落ちするようであれば、家庭での染み抜きはやめ、クリーニング店にお願いしましょう。
色落ちしなければ、綿やポリエステルの場合、シミ部分を水で濡らし、中性洗剤をつけて手でもみほぐします。
オシャレ着などデリケートな素材の場合は、割り箸などの先端に綿を巻いてガーゼで包み込んで輪ゴムでとめたシミ抜き棒を使ってやさしくトントンと叩きます。その後、シミ部分を軽くすすぎます。
それでも落ちない時は洗濯表示をよく確認してから漂白剤を使用します。漂白剤を使用する場合も、目立たない箇所で脱色しないかどうか確認しましょう。

ニオイが衣類にしみ込んでしまった場合は、ファブリーズ布用消臭スプレーがおすすめです。トウモロコシ由来の消臭成分配合したファブリーズ布用消臭スプレーは、消臭だけでなく、除菌もしっかりしてくれます。
使い方は、ニオイの気になる衣類から20~30cm離して、表面が全体的に湿り気をおびる程度にまんべんなくスプレーするだけ。
仕組みは、ファブリーズをスプレーすると布地等が濡れます。水によって除菌・消臭成分が繊維の奥まで浸透し、ニオイの元となるバイ菌が除菌され、乾くにつれてニオイが消えるというもの。

世界各地で親しまれているホットドッグは、ドイツ生まれ、アメリカ育ちというわけですね! ケチャップやマスタードはこぼさないように注意して食しましょう!