ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋の空気を入れ替えたいなら、「扇風機は外向き」が正解!
出典 : Olga Popova/Shutterstock.com

部屋の空気を入れ替えたいなら、「扇風機は外向き」が正解!

空気の入れ替えや換気は、室内環境をより良くするために定期的に行いたいですよね。とはいえ、ただ窓を開けるだけでは、効率よく空気を入れ替えることはできません。そんな時、扇風機があれば換気効率をアップすることができます。

  • 創文舎 arisa_125

部屋の空気を入れ替えるメリット

部屋の空気を入れ替えるメリット

Antonio Guillem/ Shutterstock.com

エキサイト(株)によるインターネットサイト「ウーマンエキサイト」が、主婦を対象に空気の入れ替えについて実施したアンケート調査によると、1回の換気にかける時間は、21分以上という人が全体の30%を占め、1位を獲得したのに対し、2位の1~5分以内が22%、3位の6~10分以内が12%と、短時間で済ませる人が多いこともわかりました。

ただ、換気時間に差はあっても、その多くが新鮮な空気を取り込め、部屋にこもった臭いやホコリを排出できることが換気のメリットと答えています。また、換気は部屋の空気をクリーンに保つだけでなく、それによって、気分もすっきりすると回答している人が目立っており、換気は空気の入れ替えとともに、心のリフレッシュにも役立っているようです。

近年の住宅は気密性が高いことから、空気がよどみ、換気をしないと、ハウスダストもたまりがち。しかも、暖房をつける時期は、閉め切ったままにしておくと窓に結露が発生し、カビの繁殖につながってしまいます。

できれば、5分でも窓を開けて空気を入れ替えるのが一番ですが、寒い時期はなかなかそうもいきません。そんな時に活躍するのが扇風機です。窓に向けて風を送るだけで、結露の発生を防ぐことができます。

暑い時期だけでなく、もっと扇風機を活用して、室内環境の改善に役立ててみませんか?

1年中使える扇風機の実力

今や扇風機に代わって、エアコンが涼をとる手段となっていますが、暑いシーズンの利用が減っても、扇風機が活躍する場面はほかにもいろいろあります。その一つが部屋の空気を入れ替える際の利用です。どう使えば換気効率を上げることができるか、他の利用法と合わせて紹介します。

1年中使える扇風機の実力

Kitch Bain/ Shutterstock.com

換気をスムーズにする扇風機

換気をする際、ただ窓を開けるより、扇風機を使うとより効果的に換気できます。その方法は「窓から外に向けて扇風機を回す」です。扇風機は羽根を回すことで周囲の空気を集め、前方に風を送り出す構造となっており、そのまま扇風機を回し続けると、周りの空気がどんどん薄くなっていきます。空気が薄くなると、薄くなった分だけ他から空気が入ってきます。つまり、外側に向けて扇風機を回すと、室内の空気を外へ送り出す代わりに、放出した分、外から新鮮な空気が入ってくるというわけ。暑いシーズンは、この方法を利用すれば部屋にこもった熱気を効率よく追い出すこともできます。

洗濯物の乾燥スピードを上げる扇風機

梅雨時や雨の日、天候が安定しない冬は洗濯物の部屋干しが多くなりますが、乾きが遅いと雑菌が繁殖し、生乾きのイヤな臭いが残ってしまいます。そんな時、洗濯物に直接扇風機の風を当てると、干すものにもよりますが1~2時間程度、乾くのが早くなるそうです。除湿や換気と合わせて行うのがコツで、乾燥のスピードがアップすると生乾きの臭いを防ぐこともできます。

暖房効率を上げる扇風機

エアコンの暖房をつけても足元が暖まらないのは、空気には暖かい空気は上へ向かい、冷たい空気は下に向かう性質があるため。その温度差は5~10℃ともいわれ、これでは部屋が暖まるまで時間がかかってしまいます。その時間を短縮し、まんべんなく部屋を暖めるためには扇風機を使うのが効果的です。天井にたまった空気を足元まで下ろすためには、扇風機を斜め上に向け、壁に風が当たるようにすること。そうすることで、空気がかくはんされ、部屋全体が暖まります。節電対策にもなり、一挙両得です。

窓の結露を防ぐ扇風機

先述したように、扇風機は窓の結露対策にも役立ちます。水蒸気をたくさん含んだ空気が冷やされると、水蒸気が水に変わってしまう現象が結露です。暖房で暖められた室内と外との境目にある窓に結露が発生してしまうのもそのため。空気中の水蒸気が窓にくっつく前に、扇風機を当てて水分を飛ばしてしまえば、結露を防ぐことも可能です。換気がままならないシーズンは、カビが発生するとダニなども繁殖するため、小さな子どもがいる家庭では湿気を取り除くことが大切です。

窓の結露を防ぐ扇風機

kay roxby/ Shutterstock.com

お部屋の消臭対策

部屋の換気と合わせて行いたいのが消臭対策です。部屋を閉め切ったまま料理をすると、油煙や食べものの臭いがこもるたけでなく、ペットを飼っていればペットの臭い、家族の体臭などいろいろな臭いがカーテンやカーペットなどの布製品にしみ込み、生活臭となってしまう恐れがあります。しかも、生活臭は自分では気づかないため、とても厄介です。そうならないためにも、気になった臭いにすぐ効く「ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト」で消臭する習慣をつけましょう。12畳程度の部屋ならわずか10秒の噴射でイヤな臭いをすっきり取り除いてくれます。ニオイキャッチャーが臭いの元に直接作用し、分解してくれるため、臭い残りもありません。使用後に漂うほのかな香りもさわやかです。

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

寒い時期は納戸やクローゼットの奥にしまってしまう扇風機ですが、換気や乾燥に役立つとあれば、1年を通して有効に活用したいもの。ただし、小さな子どものいる家庭では、扇風機カバーなどをつけ、安全対策を欠かさないようにしましょう。