ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
知ればもっと楽しくなる“フェンシング”
出典 : Vasyl Shulga/Shutterstock.com

知ればもっと楽しくなる“フェンシング”

オリンピックでは第1回目から行われている競技のひとつ “フェンシング”。世界的な歴史は古いようですが、日本ではいつから盛んなのでしょうか? など、知るともっと楽しくなるフェンシングの知識をお届けします!

  • 鈴木

フェンシングとは?

フェンシングとは?

Solis Images/Shutterstock.com

フェンシングとは、西洋流の剣術のことです。
ヨーロッパ中世の騎士たちから生まれたもので、「身を守る」「名誉を守る」ことを目的として磨かれ、発達してきました。その後、鉄砲などの発達により、戦争での実用性は衰退していきましたが、繊細かつスピーディなテクニックに魅せられる者が多く、競技の道を歩むこととなりました。1750年に金網のマスクが開発され、危険性が大幅に緩和されたことから、ヨーロッパ各地で盛んに競技会が開催されるようになったスポーツです。
オリンピック競技として知られるものの、日本ではまだメジャーなスポーツとはいえませんが、大胆でありながら繊細な動きをする、また、頭脳的なかけひきがあるなど、さまざまな要素を持ち合わせた魅力的なスポーツなのです。

フェンシングの歴史

フェンシングの歴史

Ilkin Zeferli/Shutterstock.com

1896年にアテネで開催された第1回近代オリンピック以来、フェンシングは毎回オリンピックの正式種目となっている伝統ある競技です。とはいえ、当初は国や地方によって競技方法やルールなどが定まっておらず、トラブルが頻発していました。1914年にパリで開催されたIOC国際会議で統一的な「競技規則」が採用されたことから国際的なスポーツ競技となりました。

日本では、明治初年となる1868年に陸軍学校でフランス人教官により片手軍刀術として伝えられましたが、スポーツとしてのフェンシングは、1932(昭和7)年に始まります。オリンピックへの初参加は1960年のローマ大会でした。
その後、2007年世界選手権大会で女子フルーレ団体が世界選手権での日本初のメダル(銅)を獲得し、国際大会で上位の成績を収めるレベルにまでなりました。そしてついに、2008年の北京オリンピック男子フルーレ個人で太田雄貴選手が銀メダルを獲得。オリンピック初メダリストが誕生したのです。さらに、2010年世界選手権大会では男子フルーレ団体が銅メダルを獲得しています。

フェンシングの基礎知識

フェンシングの基礎知識

Natalia Toropova/Shutterstock.com

フェンシングには、フルーレ・エペ・サーブルの3種目があります。

●フルーレとは?
剣を持って向かい合った両選手のうち、先に腕を伸ばし剣先を相手に向けた方に「優先権」が生じます。相手がその剣を払ったり叩いたりして向けられた剣先を逸らせる、間合いを切って逃げ切るなどすると、「優先権」が消滅し、逆に相手が「優先権(すなわち反撃の権利)」を得ることになります。このように、攻撃―防御―反撃―再反撃といった瞬時の技と動作の応酬(剣のやりとり)がこの種目の見どころになっています。

●エペとは?
エペの基本ルールは単純明快。全身すべてが有効面で、先に突いた方にポイントが入り、両者同時に突いた場合は双方のポイントとなります。ランプの点灯に注目していればどちらの選手がポイントを挙げたか判断できるので、もっともわかりやすい種目といえます。前腕を狙っての攻防から一転、つま先への意表を突く攻め、あるいは機を見て思い切った接近戦に持ち込むなど、スピーディかつ変化に富んだ試合展開が見どころとなります。

●サーブルとは?
ハンガリー騎兵隊の剣技から競技化した種目。フルーレとエペが「突き」だけの競技であるのに対し、サーブルには「斬り(カット)」と「突き」があります。ルールはフルーレと同様「優先権」に基づいていますが、「斬り」の技が加わる分、よりダイナミックな攻防が見られます。

フェンシングは安全?

フェンシングは安全?

Iakov Filimonov/Shutterstock.com

子どもの部活や習い事でフェンシングの選択肢があると思いますが、防具を装備しているとはいえ、危険なのでは? と心配する人もいることでしょう。しかし、じつはもっとも安全な格闘技といわれていることを知っていますか?
剣は金属でできていますが、フェンシングウェアは、銃弾もカンタンには貫通できない防弾チョッキに用いられる繊維で作られています。また、マスクも頑丈な金属でできているし、剣を持つ手は手袋をしていますから、体の表面が出ているのは、剣を持たない手だけです。危険そうに見えるかもしれませんが、小さなお子さまも安心のスポーツなのです。もちろん、装備品を正しく装着する必要があります。

フェンシングウェアの消臭対策

ファブリーズ布用消臭スプレースポーツ

ファブリーズ布用消臭スプレースポーツ

フェンシングは、剣から体を守るために、ジャケットの下にはプロテクター(プラストロン)やハーフジャケット、ジャケットの下には着用し、ニッカーズと呼ばれるズボン、マスク、グローブ、シューズ、膝までをおおうソックスなどさまざまな装備が必要です。気になるのはこうした装備類のお手入れ方法。たくさんあって頻繁に練習するとなれば、使うごとに洗濯するのはたいへんです。汚れなくても気になるのは汗のニオイ。
そこでおすすめは、ファブリーズ布用消臭スプレースポーツ。トウモロコシ由来消臭成分を配合したファブリーズ布用消臭スプレースポーツは、スポーツの汗臭に特化した強力消臭剤。頑固な汗のニオイも、ニオイ分子から破壊、ニオイ菌の増殖を長時間抑え、ニオイの原因となる菌を99.9%除菌してくれます。
使用方法は、汗臭が気になるシューズ、バッグ、帽子、スポーツウェアなどに、湿り気を帯びる程度にスプレーするだけです!

新しいようで、じつは歴史があり、危ないようでじつはとても安全なスポーツ、フェンシング。子どもの習い事にいかがですか?