ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
和室といえば床の間。その意味と使い道を考える
出典 : mTaira/Shutterstock.com

和室といえば床の間。その意味と使い道を考える

和室の隅にある、ちょっと特別なスペース「床の間」。何のために設けられているのか知っていますか? 床の間の成り立ちから現代生活に合った使い方まで、床の間について考えてみましょう。

  • 創文舎 hamo

床の間の意味と歴史

床の間の意味と歴史

Paolo Gallo/Shutterstock.com

床の間は、和室の奥にある小さな板間のスペースで、和室の造りによって広さや機能、デザインが異なります。多くの場合、畳敷きの床から一段高い位置に造られていることが多く、季節の花を生けたり、掛け軸を飾ったり、壺などの置物を飾るスペースとして用いられてきました。

床の間の起源については諸説ありますが、室町時代に中国から伝来したものを飾っていた台「押板」が発展したという説や、武家屋敷で位の上の人や家主が座る、一段高くなった「上段の間」が簡略化されて床の間となったという説が有力のようです。

床の間が現れたのは室町時代前後といわれており、平安時代に盛んに建てられた貴族の住宅である寝殿造から、室町時代以降に造られた武家屋敷である書院造への発展期に造られるようになりました。
当時、大きな屋敷には上段の間がありましたが、中級の武家屋敷には上段の間の代わりに床の間を置き、位の高い人から床の間の近くに座ったといわれています。

そして、安土桃山時代に発展し、江戸時代に完成した「茶の湯文化」。今でも茶道として残る、日本独特のわびさびを伝える茶の湯には、茶室という場所が必要不可欠です。茶室には畳や炉、茶の道具などが備えられ、床の間も茶室になくてはならないスペースとして造られていました。

その頃には、床の間は空間意匠の要として機能しており、その日の茶の湯のテーマが記された掛け軸が飾られ、季節の花々や置物が客をもてなす演出として床の間に置かれていました。

時は流れ、現代。茶室の中にある床の間は、今でも当時と変わらず、季節の花や掛け軸、置物を飾る場所という位置づけに変わりありません。和室を持つ家の中には床の間が設けられている家も多くありますが、和室自体が減った今、床の間の活躍する場も徐々に少なくなりつつあります。

和モダンな空間に魅せる現代の床の間

和モダンな空間に魅せる現代の床の間

Photographee.eu/Shutterstock.com

少し前までは一戸建ての家には当たり前にあった床の間ですが、近頃は和室のある家が減り、和室があっても床の間までは設けない家が多くなっています。

床の間は、和室の中でも特殊なスペースなため、神聖視する人も多くいますが、神棚や仏壇とは違い宗教的な意味合いはないので、部屋のインテリアの一部として積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

たとえば、床の間の側に光取りの窓を設け、自然光で美しく見えるディスプレイスペースにしたり、間接照明を設けて幻想的に演出をしてみるなど、見せ方を工夫することで和風と洋風が融合した和モダンなスペースを作ることができます。

床の間は、使い方に決まりがあるスペースではありませんが、空間を美しく見せるように考えられ、受け継がれてきたもの。現代風にアレンジして、より素敵な空間を演出してみると、新たな床の間の魅力に気がつくかもしれません。

床の間を実用的なスペースに

床の間を実用的なスペースに

milatas/Shutterstock.com

床の間は和室を美しく見せる場所ではありますが、部屋の広さの都合や子どもがまだ小さいうちは、本来の使い方ができない場合もあります。そんな時は、床の間のスペースを実用的に使ってみてはどうでしょうか。

奥に凹んだ構造を生かし、戸棚を置いてみたり、突っ張り棒を渡したハンガースペース、子どもの作品などを貼るディスプレイスペースなど使い方は何通りもあります。

床の間に使い方の制約はありません。その時々のライフスタイルに合わせて床の間を使い、家族構成や暮らしが変わった時に、再度、床の間本来の使い方に戻るのもよいのではないでしょうか。

美しい床の間にはやさしくさりげない香りを

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

床の間は和室の延長と思われがちですが、畳とは素材も手入れの仕方も異なります。床の間は普段どのようなお手入れをしておくとよいのでしょうか。

従来どおりの使い方で床の間を使っていると、艶やかな床板にわずかでもホコリが溜まっていると、とても気になります。ホコリが気になる前に1週間に一度程度、定期的に乾いたやわらかい布でやさしく乾拭きしホコリを溜めないように手入れするのがおすすめです。

加えて、臭いのお手入れもしておくとさらに安心。冬場などなかなか窓を開けて換気できない時は、臭いが部屋にこもりがち。床の間の装飾に影響ない場所にそっと、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤を置いておけば、知らぬ間に臭いのお掃除完了です。

ファブリーズは、空間に漂う臭いを捕まえ消臭する、独自の消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」を配合しています。化学的に臭い分子を分解・中和して臭いを消し去り、その後にほのかにさわやかな香りを広げます。さらに、自然界に存在する「森林フィトン」と同じ物質を含み、カビの元に働きかけ発生を抑制します。


北側に造られた湿気が溜まりやすい和室には、除湿機と一緒にファブリーズを。カビの発生を抑えながら、臭い環境も心地よく整えます。和室に合う香りならナチュラル系の香りを、香りの気になる人は無香タイプを選ぶこともできます。臭いもホコリも溜めず、美しい床の間を演出しましょう。