ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「穀雨」とは? いつ? 旬の食べ物は何?
出典 : robert_s /Shutterstock.com

「穀雨」とは? いつ? 旬の食べ物は何?

穀雨は”こくう”と読み、二十四節気のひとつです。では、穀雨はいつなのでしょうか? そこで穀雨はいつを指すのか、意味や旬の食べ物など詳しく解説します。

  • 奥平 望

「穀雨」とは

「穀雨」とは

riphoto3 /Shutterstock.com

「穀雨」は“こくう”と読み、二十四節気のひとつで春の終わりの時期とされています。穀雨には種まきや田植えの時期に降る雨という意味があり、この時期に降る雨は百穀を潤し芽を出させることから「百穀春雨」といわれているのだとか。

昔の人は、毎年この時期になると田植えの準備に取り掛かっていました。雪が解け、さまざまな命が吹き返し、春がすっかり次の命を育む用意ができた頃が穀雨であり、「穀物を育てるために降る雨」といわれています。穀雨には「瑞雨(ずいう)」または、草木を潤す雨という意味の「甘雨(かんう)という別名があり、どれも命を育む雨を敬って呼ばれた言葉です。

穀雨はいつ?

穀雨はいつ?

A_stockphoto /Shutterstock.com

穀雨は、4月20日から5月4日頃のことをいいます。二十四節気における春は、立春に始まり穀雨で終わりを告げるため、変わりやすい春の天気もこの頃から安定し始めるでしょう。

穀雨はちょうど新茶の時期であり、街路樹にはハナミズキが咲き始めます。草花が順々に咲く様子や、徐々に強まる日差しから、夏の訪れを間近に感じるようになるでしょう。

穀雨が旬の食べ物

穀雨が旬の食べ物

ColorMaker /Shutterstock.com

穀雨に旬を迎える食べ物は、
●びわ
●よもぎ
●鯵(あじ)
●ホタルイカ
●イトヨリ
●サザエ
●こごみ
などがあります。

とくに穀雨に水揚げされるサザエには、ビタミンB1・ビタミンB2・アミノ酸・タウリン・鉄分・コラーゲンなどの栄養素が豊富に含まれています。また、こごみと呼ばれる正式名称「クサソテツ」という山菜には、食物繊維がたっぷり含まれています。整腸作用が期待できるので、うどんや蕎麦に入れて食べてみてくださいね。

そのほか、穀雨といえば「新茶」も忘れてはいけません。穀雨の終わり頃には八十八夜を迎え、この日に手で摘んだ日本茶は上質で、不老長寿の縁起物として重宝されてきました。緑茶にはビタミンC・カロテン・カテキン・フッ素・食物繊維などの体が喜ぶ栄養や効能があり、ストレス解消に効果的なテアニンも豊富に含まれています。

俳句の季語としての穀雨

俳句の季語としての穀雨

Media Whalestock /Shutterstock.com

穀雨は俳句の季語になっており、時期を指す言葉として用いられたり、その時期に降る雨を指したりするようです。それでは、穀雨を季語にした有名な俳句をいくつか紹介します。

「琴屋来て琴鳴らし見る穀雨かな」長谷川かな女

大正期を代表する女流歌人である長谷川かな女は、静かに降る雨と琴の音の響きが重なる様子を表しています。

「苗床にうす日さしつゝ穀雨かな」西山泊雲

田植えの時期を迎え、苗床に植えられた苗に五穀豊穣の雨が降りそそぐ様子を表しています。この句の穀雨という語は、穀雨に降る雨そのものを指す言葉として用いられているようです。

このように俳句の季語として用いられる穀雨ですが、手紙の文頭での時候の挨拶に用いられることもあるので覚えておきましょう。文例を挙げると、

「拝啓、穀雨の候 ○○様におかれましてはその後おかわりないでしょうか?」

「穀雨の候 貴社におかれましてはますますご清祥のことと存じます。」

上記のようになります。穀雨の時期に手紙を書く機会があれば、ぜひ使ってみてくださいね。

穀雨の時期に農作物の種をまくと、雨に恵まれ、よく成長するといわれています。雨が降ると憂鬱な気分になる人もいるかもしれませんが、これは恵みの雨だと思い、夏の到来を待ちましょう。