ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「サンジョルディの日」とは? いつ? なぜ本や花を贈るの?
出典 : Suwit Rattiwan /Shutterstock.com

「サンジョルディの日」とは? いつ? なぜ本や花を贈るの?

「サンジョルディの日」とは、親しい人に気持ちを込めて本や花を贈り合うスペインカタルーニャ伝統の日です。では、サンジョルディの日はいつなのでしょうか? そこでサンジョルディの日は何月何日なのか、意味や由来まで詳しく解説します。

  • 奥平 望

「サンジョルディの日」はいつ?

「サンジョルディの日」はいつ?

Pra Chid /Shutterstock.com

「サンジョルディの日」は、毎年4月23日です。サンジョルディの日は親しい人に気持ちを込めて、本や花を贈り合うカタルーニャ伝統の日です。男性から女性に花を、女性から男性に本を贈るのが一般的で、親子や友人同士でもプレゼントが交わされます。また、自分のためにも本や花を買い求める人も多いそうです。

カタルーニャでは、サンジョルディの日には花の市や本の市が街にたち、人々は本やバラを買い求めます。とくにバルセロナのランブラス通りはたいへんな賑わいで、まさに年に一度のお祭りとなります。

サンジョルディの日の由来

サンジョルディの日の由来

Serhii Brovko /Shutterstock.com

サンジョルディの日の「サン・ジョルディ(Sant Jordi)」は、中世からカタルーニャ地方の守護聖人として地域の人々に親しまれてきた騎士の名前です。サン・ジョルディは架空の人物とも実在の人物ともいわれており、議論の分かれるところですが、一説によるとトルコのカッパドキアで4月23日に殉教したといわれています。

サン・ジョルディにはいくつかの伝説があり、そのひとつにドラゴン退治の話があります。その伝説とは、悪獣のいけにえに差し出された王女をサン・ジョルディが救ったという話で、ドラゴンを退治する時にサン・ジョルディの剣の一刺しでドラゴンの血が地面に流れ、そこに美しい赤いバラが咲いたと語り継がれています。

獰猛なドラゴンを相手に勇敢に闘い勝利を収めた騎士サン・ジョルディの姿は、カタルーニャの自治や言語を禁止した独裁政治と闘う精神と重なります。そのためか、カタルーニャ地方では現在もサン・ジョルディ信仰が人々のアイデンティティーとなって、深く根づいています。

なぜ本と花を贈るの?

なぜ本と花を贈るの?

Dean Drobot /Shutterstock.com

サンジョルディの日に花(とくに赤のバラ)を贈るのは、サン・ジョルディ伝説の赤いバラが咲いた話にちなんだものです。一方、本に関してはサン・ジョルディの命日4月23日がスペインの文豪セルバンテスの命日と同じだったことから、いつしか本を贈るようになったといわれています。また、この日はシェイクスピアの命日にもあたります。

1本のバラと1冊の本は、愛と知性のシンボルと考えられているのでしょう。

世界で「本の日」に制定されている!

世界で「本の日」に制定されている!

PR Image Factory /Shutterstock.com

サンジョルディの日である4月23日は、ユネスコによって「世界本の日」に指定され、現在では国連の国際デー「世界図書・著作権デー」に指定されています。これは、前述の偉人たちの命日にちなんだものです。4月23日は、文豪として名高いセルバンテスやシェイクスピアの命日にあたります。彼らに敬意を表して、4月23日が「世界本の日」に選ばれたということです。

日本では、4月23日は「子ども読書の日」と定められていることを知っていますか? この機会に、子どもと一緒に本を手に取ってみてもいいですね!

4月23日のサンジョルディの日は、花と本を贈り合うカタルーニャ伝統の日です。家族や恋人、友人に花や本を買い求めてみませんか? この日は日本でも「子ども読書の日」と定められているので、ぜひ子どもと一緒に本を読み、感想を述べ合ってみましょう。