ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「昭和の日」はいつ? 意味や由来、みどりの日との違いまで
出典 : tkyszk /Shutterstock.com

「昭和の日」はいつ? 意味や由来、みどりの日との違いまで

「昭和の日」とは、激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたすという趣旨のもと制定された記念日です。では、昭和の日はいつなのでしょうか? そこで、昭和の日はいつを指すのか、由来やみどりの日との違いまで詳しく解説します。

  • 奥平 望

「昭和の日」はいつ?

「昭和の日」はいつ?

Kwangmoozaa /Shutterstock.com

日本の国民の祝日のひとつである「昭和の日」は、毎年4月29日です。昭和の日は、祝日法によって「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨で2007年に制定されました。

昭和の日はゴールデンウィークを構成する祝日のひとつでもありますが、比較的新しく制定された祝日のため馴染みがない人もいるでしょう。では、なぜ4月29日が昭和の日に定められたのでしょうか? ここからは、昭和の日の由来について詳しく解説していきます。

昭和の日の由来

昭和の日の由来

fumoto_s /Shutterstock.com

4月29日は、1988年(昭和63年)までは昭和天皇の「天皇誕生日」でした。その後、昭和天皇が崩御されたため今上天皇の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」となりました。

しかし、昭和の日は60年以上も祝日として機能しており、ゴールデンウィークを構成する祝日のひとつとして定着していたため、昭和天皇を偲ぶという意味でもこのまま祝日にしておけないだろうかという声が高まりました。そこで4月29日を祝日として残すにあたり、学者として植物に造詣の深かった昭和天皇を偲んで「みどりの日」という名称が付けられたのです。

「みどりの日」との違いは?

「みどりの日」との違いは?

battle182royal /Shutterstock.com

昭和天皇が崩御した後、4月29日は「みどりの日」という名称が付けられましたが、みどりの日の名称を決める際には「昭和という名称を残してほしい」という声も多く上がっていました。しかし、戦争を連想させる「昭和」という言葉を祝日の名称として盛り込むことに違和感を覚える人も多かったため、みどりの日という名称に決まったともいわれています。

このように、昭和を生きた人々の気持ちを配慮して制定されたみどりの日でしたが、20年近く経過した2007年に大きな動きがありました。その動きとは、祝日改正法です。よって、4月29日の「みどりの日」は「昭和の日」へと変更されました。

この背景には、第二次大戦での敗北と経済的復興、昭和という激動時代を風化させたくないという想いがあったといわれています。

「明治の日」や「大正の日」はないの?

「明治の日」や「大正の日」はないの?

miya227 /Shutterstock.com

昭和の日があるのなら「明治の日」や「大正の日」があってもいいものですが、明治の日や大正の日という名称の祝日は存在しません。しかし、明治、大正の天皇の誕生日は別の名称で偲ばれています。

11月3日は「文化の日」ですが、じつはこの日は明治天皇の誕生日なのです。明治天皇が崩御された後、1927年(昭和2年)に「明治節」という名称で祝日に制定されましたが、敗戦後に当時日本を占領していたGHQによって明治節は廃止されてしまいました。

明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようとする動きがありましたが、これもGHQが強く反対したため実現しませんでした。GHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも弱めたいと思っていたためだといわれています。

そこで日本は、近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を念頭に置き、11月3日に「文化の日」という名称を付けたのです。

4月29日の「昭和の日」を、以前の呼び名「みどりの日」で記憶している人もいるでしょう。ゴールデンウィークのスタートの日である昭和の日について学び、激動の時代といわれる昭和について思いを巡らせてみてはいかがでしょうか?