ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
サッカー部志望の息子、部活動に着ていくにはどんな服装が正解なの?
出典 : matimix/Shutterstock.com

サッカー部志望の息子、部活動に着ていくにはどんな服装が正解なの?

サッカー部は夏だけではなく四季を通じて練習します。肌寒い季節は、どんな服装を揃えておけば困らないのでしょうか。ファッショナブルで機能的なサッカーウェアを上手に選びましょう!

  • 創文舎 hamo

季節によって変わるサッカーウェア

季節によって変わるサッカーウェア

Vladimir Konstantinov/Shutterstock.com

サッカーは青々とした芝生の上でプレーする「夏のスポーツ」というイメージがありますが、冬場は大きな大会こそあまりないものの、選手たちは地道に練習をしています。

サッカーの練習着というと、薄手のTシャツやハーフパンツというイメージですが、季節によってその装備は変わります。基本は、プラクティスシャツやプラクティスパンツと呼ばれる、半袖短パンの練習着。サラサラとした着心地のポリエステル素材で、汗に対する吸汗速乾機能や消臭機能など、運動に適した機能が備わっているものが主流です。

夏はその中に、ノースリーブのインナーを着て、さらに、吸汗性を高めると暑い夏でも汗が気にならずプレーに集中できます。

少し肌寒い春や秋は、半袖短パンの練習着の下に長袖のインナーやタイツを履くと寒さから身を守ることができます。インナーやタイツは、防寒としての意味合いはもちろん、ピッタリサイズのものを着ることで血流をよくしたり、疲労を軽減するなどの運動機能のサポートとして効果のあるコンプレッションインナーもあります。
また、機能的な目的のほかに、重ね着することでファッショナブルに見えるという、うれしい効果も。見た目にもプレーにもほかの部員に差をつけたいならインナーにこだわるのもありですね。

そして、寒い冬。地域によっては雪が降るところもありますが、雪上で練習というのも珍しいことではありません。冬の練習着に欠かせないのは、インナーはもちろん、ウィンドブレーカーやベンチコートなどのアウター類。冬でも快適に練習するには、どのような点に注意してウェアを選べばよいのでしょうか。

ピステとウィンドブレーカーの違いとは?

ピステとウィンドブレーカーの違いとは?

Chekyravaa/Shutterstock.com

多少の雨や雪でも屋外の練習があるサッカー部は、防水対策にも注意が必要です。ウェアが濡れてしまうと、体感温度が下がり、体力低下につながります。

そんな雨や雪の日に役立つのが、ポリエステル素材などでできた、シャカシャカとした撥水仕様のアウター。
一般によく着られるのが、雨風を防ぐのに適したウィンドブレーカーの上下ですが、サッカーに限っては、「ピステ」と呼ばれるアウターを選ぶ人が多いそうです。

ピステもウィンドブレーカーも、素材としては似たようなものですが、トップスの形に大きな違いがあります。ウィンドブレーカーは、ジャージがシャカシャカになったような形で、フロント部分がジップアップ式になっています。それと比べ、ピステは、フロント部分にチャックなどがついておらず、上からかぶるタイプのアウター。イメージとしては、長袖のプラクティスシャツをそのままシャカシャカにした感じです。

野球などは脱ぎ着しやすいウィンドブレーカーの方が多く着られていますが、胸でパスを受けたり、選手同士がぶつかることも多いサッカーは、フロントにジッパーなどの金具がついていない方が安全なので、かぶるタイプのピステが高いシェアを占めています。

「首」を隠すと暖かい!? 冬は小物が必須!

「首」を隠すと暖かい!? 冬は小物が必須!

SUDONG KIM/Shutterstock.com

冬はアウターで寒さから身を守るのはもちろんですが、ネックウォーマーや手袋などの小物も必須。
昔から、「首」「手首」「足首」の「首」がつく部分を温めると体全体が温かくなるといわれています。

とくに、首は頭と近く、太い頸動脈が流れている場所。頭と体をつなぐ血液を温めることで、体感温度の上昇や免疫力のアップ、自律神経のバランス調整など、身体全体の調子を整えることができます。

肌寒さを感じる季節になったら厚着をする前にネックウォーマーと手袋を装着し、体感温度を上げていきましょう。

汗臭さに効果抜群! スポーツ専用消臭剤

ファブリーズ布用消臭スプレー スポーツ

ファブリーズ布用消臭スプレー スポーツ

冬でも汗をかくサッカー部の練習。中に着ているインナーや練習着は毎回洗濯できますが、ウィンドブレーカーやピステなどは枚数も限られているため、なかなかこまめに洗濯することができません。

そこで、練習後の習慣にしたいのが、スポーツ専用の布専用消臭スプレー、ファブリーズSPORTS。
ウィンドブレーカーやピステなら、裏返して前後片面ずつ5、6回スプレーし、ハンガーに掛けて一晩乾かしておきましょう。

ファブリーズSPORTSは、スポーツでかく汗の臭いに特化した布製品用消臭スプレー。
スプレーすることで、繊維に消臭成分が浸透して臭いの原因分子を破壊し、臭いを元から断ち切ります。
さらに、スプレーしてから着用することで、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑え、臭いの発生自体を遅らせる防臭効果が期待できます。

ウェアはもちろん、洗いづらいサッカーシューズも、内側が布製の場合はスプレーすることができます。
とくに、雨の日はそのままにしておくと、汗臭に湿った臭いが加わり、たいへんなことに・・・。
湿ったシューズは、新聞紙などを靴に詰めてある程度湿り気を取ったら、ファブリーズSPORTSを片方ずつ5、6回スプレーして乾かしておきましょう。


スポーツでかいた汗の臭いは、放置しておくと染み付いて取れにくくなってしまいます。使う度に消臭ケアをして、汗臭さを撃退しましょう。