ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
フローリングにアルコールはNG! 白濁してしまう可能性があります
出典 : Photographee.eu/Shutterstock.com

フローリングにアルコールはNG! 白濁してしまう可能性があります

除菌や消毒、掃除にと、とくに子どものいる家庭では欠かせないアルコールスプレー。でも、フローリングが汚れているからといってアルコールを使用するのはやめましょう。場合によっては白く濁ってしまう可能性があります。

  • 創文舎 hiderio888

たいへん! フローリングにアルコールをこぼしてしまったら・・・

たいへん! フローリングにアルコールをこぼしてしまったら・・・

Ollyy /Shutterstock.com

「フローリングにアルコール類をこぼした」「フローリングに付いた汚れに、除菌用アルコールを吹き付けて掃除した」など、経験のある人は分かると思いますが、フローリングにアルコールが付くと、フローリングが白く濁ってしまうことがあります。

これはフローリングにニスやワックスといったコーティング剤が使用されているため、それらにアルコールの成分が反応して起こる現象です。

とくに、ワックスは元来アルコールに弱く、白化する性質を持っています。そのため、コーティングされたフローリングに、除菌用アルコールやエタノールを安易に使用してはいけません。除光液などのアルコール製品を使用する時も注意が必要です。

フローリングが白濁した時の対処法

フローリングが白濁した時の対処法

sima/Shutterstock.com

うっかりアルコールスプレーを吹き付けてしまい、フローリングが白く濁ってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

基本的に、白く濁ってしまったフローリングを元に戻すことはできません。修復するためには、古いコーティング剤を剥離して取り除き、新たにコーティングをし直すという工程が必要になってきます。

ただ、自分で一部分だけを剥離・再塗布するのは難易度が高く、失敗してしまう恐れがあります。できれば、業者に依頼し、再度フローリングのコーティングを行うのがもっとも無難です。

フローリングの正しい掃除方法

フローリングの正しい掃除方法

Stokkete/Shutterstock.com

先述したように、フローリングにコーティングを施している場合、アルコール類を掃除に使ってはいけません。また、さまざまな掃除に用いられる重曹やセスキ炭酸ソーダも、コーティング剤をはがしてしまう恐れがあるため、使わないほうがいいでしょう。

フローリング掃除に一番いいのは、ずばり水拭きです。フローリング表面のホコリをフローリングワイパーや掃除機を使って取り除き、床全体を水拭きするだけで十分きれいになります。

ポイントはタオルや雑巾に水を含ませ、固くしぼってから使うこと。また、お湯を使うと油汚れが浮きやすく、拭いた後も乾きやすいのでおすすめです。頑固な黒ずみ汚れには、台所用の中性洗剤を数滴垂らして拭けばきれいになります。

ただし、コーティングされていない無垢材のフローリングの場合、水分を吸収してしまい、フローリングが傷んでしまうため、水拭きはNGです。乾拭きで汚れを取り除くようにしましょう。

フローリングにワックスをかける頻度

フローリングにワックスをかける頻度

mariakraynova/Shutterstock.com

ワックスコーティングは、時間の経過とともにコーティング効果が薄れてくるため、定期的な再塗布が必要になります。

ワックスの場合は、年に1~2回程度の塗布が理想です。すっかり艶がなくなり、細かいキズが目につくようになったフローリングは、ワックスをかけると艶が甦り、キズも目立たなくなります。カンタンに塗布できるスプレータイプのワックスなども売っているので、フローリングのくすみが気になる人は一度自分で塗布してみるといいでしょう。

除菌もできるアルコールスプレーは重宝するアイテムだけに、いろいろなところに使ってしまいがち。それだけに、「フローリングには使えない」と心得て、間違って吹き付けないようにしましょう。
とはいえ、ハイハイ期の子どもがいる家庭の場合、フローリングはきれいにしておきたいもの。その場合、ドライタイプではなくウェットタイプのフロアワイパーを使って掃除するといいでしょう。ウェットタイプのシートは、除菌ができ、無添加タイブのものがおすすめです。