ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
食費を減らせば貯金が増える!? ひとり暮らしの食費を節約する3つのカギ
出典 : miya227/Shutterstock.com

食費を減らせば貯金が増える!? ひとり暮らしの食費を節約する3つのカギ

ひとり暮らしがスタートしてまず驚くのは、意外とかかってしまう食費について。節約したいけれど、どこを工夫すればいいのかわからない・・・。それなら、3つのポイントを試してみましょう。徐々に食費が減って、貯金が増えていくことうけあいですよ!

  • 渡辺

ひとり暮らしの食費は、油断するとどんどん膨らむ

ひとり暮らしの食費は、油断するとどんどん膨らむ

Tom Wang/Shutterstock.com

ついに始まった新生活。新しい仲間たちとのランチや飲み会が楽しい時期ですよね。ちょっと食費が膨らんじゃうけど、まあいっか・・・なんて油断をしていると、じわじわと貯金額が減って、いずれ「カードの支払いができない!」なんてたいへんな事態に陥ることも。

食費は、光熱費や通信費などほかの生活費に比べて、変動の幅が大きいのが特徴です。外食やコンビニの利用が多ければどんどん膨らんでしまう一方、自炊をして食材の買い方・使い方に気をつければ、驚くほど削減することも可能なのです。

とはいえ、毎日チラシとにらめっこをしたり、激安スーパーでまとめ買いをするなんて、ひとり暮らしの生活には現実的ではありませんよね。そこでおすすめなのが、3つのカギを使った節約方法。カンタンだから続けやすくて、健康にもいい。ひとり暮らしにはうれしいメリットが満載ですよ!

食費節約に直結する3つのカギとは?

食費節約に直結する3つのカギとは?

aijiro/Shutterstock.com

【1】「旬の食材」をとことん狙う

食費節約1つめのカギは、「旬の食材」を狙って買うこと。“野菜は高い”というイメージがありますが、じつは、旬のものに限っては節約の強い味方となるのです。なぜなら、旬の食材は価格がグンと低いのに、栄養素はギュッと豊富に含まれます。これなら健康的に節約できて、サプリメントにお金をかける必要もなくなりますね。

旬の食材は、カットされたものや小分けにされたものではなく、ドカンと丸ごとまとめ買いをしましょう。一度で食べきれなくても、少しずつ使えば大丈夫。工夫をしてムダなく使い切ることで、大きな節約効果が生まれます。

「春」の節約食材

春キャベツ、玉ねぎ、もやし、じゃがいも、シイタケ、サバ、ニシン、ワカメ等

「夏」の節約食材

キュウリ、ナス、トマト、カボチャ、ピーマン、イワシ、アジ、シジミ等

「秋」の節約食材

ナス、さつまいも、レンコン、にんじん、白菜、サンマ、サバ、サケ等

「冬」の節約食材

大根、白菜、ネギ、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、春菊、ブリ、タラ等

【2】「レシピ検索」で食材からメニューを決める

食費節約2つめのカギは、「レシピ検索」をうまく活用すること。食事のメニューは手に入れた「旬の食材」を中心に決めるため、マンネリ化を防ぐためにもレシピ検索は必須です。食材名から検索して、短時間でできるものなど自分に合ったメニューを選びましょう。自然と料理の腕前もアップしますよ!

【3】「冷凍保存」でムダなく使い切る

食費節約3つめのカギは、「冷凍保存」。多めに買った「旬の食材」は冷凍して、ムダなく使い切りましょう。豊富な栄養素も逃がさず保存できますよ! コツは、食材をラップで包み、さらに冷凍用の保存袋に入れること。また、小さく切ったり薄くすることで、食材を素早く均一に凍らせることができます。

旬の食材を取り入れる節約方法は、新しい環境で体調を崩しがちな今の時期にとてもおすすめです。続けるうちに、健康な体とじわりと増えた預金通帳をきっと手に入れることができますよ!