ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
手入れをすれば10年以上。傘を長く愛用するコツはコレ!
出典 : luna4/Shutterstock.com

手入れをすれば10年以上。傘を長く愛用するコツはコレ!

だんだんと雨の日が増える季節に。お気に入りの傘を持って、気分を明るく盛り上げてみませんか? 大人のマナーとしても知っておきたい、傘の正しい手入れ方法を紹介します。

  • 渡辺

傘の寿命は3~4年、でも手入れしだいでは10年以上!

傘の寿命は3~4年、でも手入れしだいでは10年以上!

Gearstd/Shutterstock.com

ジメジメとした天気が続いて、憂鬱な気分になりやすい梅雨の季節。すぐに失くしたり壊れてしまう安価な傘に振り回されるのはもうやめて、「ちょっといい傘を、長く愛用する」方向にシフトチェンジしてみませんか? お気に入りのデザインの傘は、持っているだけで気持ちを明るく前向きにしてくれますよ!

傘の寿命は通常3~4年といわれていますが、それは、きちんとした手入れをしてこなかった場合の話。普段からこまめに手入れをしていれば、傘は10年以上愛用することだって可能です。正しい手入れ方法を身につけて、お気に入りの傘を長く使い続ける贅沢を味わいましょう。

傘は開閉しながら「水切り」する

強く振ったり地面にトントンと打ちつけて水切りをすると、傘に大きな負担がかかります。斜め下方向にゆっくりと開閉しながら水切りをしましょう。

「陰干し」をしてしっかり乾かす

濡れた傘を閉じたままにしておくと、カビやサビ、臭いの原因に。使用後はかならず陰干しをしてしっかり乾かしましょう。寝ている間に玄関や部屋の空いたスペースに干しておく「一夜干し」スタイルもおすすめです。

生地に触らず・こすらない「巻き方」

手垢やハンドクリームがついたり、表面加工が取れてしまうのを避けるため、生地はなるべく触らないようにするのがベター。生地の折り目の端っこをつまんで巻きつけ、ベルトでぐるりと留めましょう。

力任せに「開閉」しない

傘は40個以上のパーツからできているとてもデリケートなもの。骨組みの劣化を防ぐためにも傘は力任せに開閉せず、やさしく振ってほぐしてから開くなど、丁寧な開閉を心がけましょう。

傘を長持ちさせる秘訣は「丸洗い」!?

傘を長持ちさせる秘訣は「丸洗い」!?

HappyRichStudio/Shutterstock.com

とくに、春から夏にかけての雨には花粉や黄砂など空気中の汚れが多く含まれています。定期的に「丸洗い」をすることは、シミやサビ、雑菌の繁殖などを防ぐ上でとても効果的。傘の寿命を大幅に伸ばすことにつながります。

こまめに「水洗い」をしよう

傘を長持ちさせたい場合は、なるべくこまめに水洗いをするのがおすすめです。シャワーを使うのが難しい場合は、ペットボトルに入れた水道水をサッとかけるだけでもOK。とくに、淡い色の傘は水洗いをすることで、繊細な色合いを長くキープすることができますよ!

半年に1回の「丸洗い」で汚れをリセット

傘を長持ちさせる秘訣は、汚れをためないこと。半年に1回程度を目安に、しっかりと丸洗いをして、必要な手入れを施しましょう。シャワーが使える浴室がおすすめ。洗剤は、おしゃれ着用の衣類洗剤、もしくは食器洗い用の中性洗剤を使用します。

傘の丸洗いの方法

1 チリやホコリをブラシで軽く落とす。
2 スポンジに水で薄めた洗剤をつけて、やさしく洗う。
3 水でよくすすぐ。
4 タオルで骨組みまでしっかりと水気を拭き取る。
5 陰干しし、乾いたら撥水スプレーをかけて完了。

傘は手入れをするほどに長持ちし、愛着もわいていきます。お気に入りの傘で、ジメジメの季節も明るく前向きに乗り切りましょう!