ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
楽しい遠足、その前に。知っておきたい「お弁当」の食中毒対策
出典 : yajima/Shutterstock.com

楽しい遠足、その前に。知っておきたい「お弁当」の食中毒対策

気温が上がるにつれて気になるのが、子どもの食中毒。とくに心配な「お弁当」作りについて、注意するべきポイントを紹介します。入れてはいけない、あのメニューとは・・・?

  • kawase

まずはここから! 食中毒対策の三原則

まずはここから! 食中毒対策の三原則

r.classen/Shutterstock.com

はじめに、厚生労働省も提唱している「食中毒予防の三原則」について学びましょう。

●つけない
三原則のひとつめは、菌を食品に「つけない」こと。手をしっかりと洗うことや、調理器具や調理台、食器などを清潔に保つことがこれに該当します。
「つけない」の基本は、なんといっても手洗い。調理を始める前にはもちろん、生肉・生魚や卵を触った後、鼻をかんだ後等にもよく手を洗いましょう。

手洗いと同様に、調理器具や調理台をあらかじめ消毒しておくことも重要です。洗うことができない調理台は、市販の消毒用アルコールスプレーを使って拭くとよいでしょう。
ふきんやタオルを適宜交換し、清潔に保つことも忘れずに。また、スマホやタブレットを使ってレシピを調べる場合は、事前に消毒しておくか、ファスナーつき保存袋等に入れてから使うことをおすすめします。

●ふやさない
三原則のふたつめは、食品に付着した菌を「ふやさない」つまり、増殖させないようにすることです。
菌の増殖による食中毒を防ぐには、料理が出来上がってからなるべく早く食べることが大切。それができないお弁当の場合は、料理を「冷ます」ことで対策を講じましょう。

食中毒の原因となる雑菌は、温かい環境を好みます。ご飯やおかずは熱いまま詰めるのではなく、必ずしっかり冷ましてからお弁当箱に入れてください。お弁当用の抗菌シートを使ったり、自然解凍が可能な冷凍食品を入れて 保冷剤代わりに活用したりすると、いっそう効果的です。

●やっつける
三原則の最後のひとつは、雑菌を「やっつける=死滅させる」ことです。
多くの雑菌は、加熱することでやっつけることができます。「75℃で1分以上」を目安とし、中心まで確実に火を通しましょう。前日に作った料理を詰める場合も、あらかじめ鍋やレンジでしっかりと再加熱してください。肉や魚・卵を使った料理には、とくに注意が必要です。

入れてはいけない⁉ 要注意メニュー

入れてはいけない⁉ 要注意メニュー

Manjurul Haque/Shutterstock.com

●炊き込みご飯・混ぜご飯
炊き込みご飯や混ぜご飯は、具材が入るぶん、水分や栄養分が豊富。そのため、白いご飯よりも遥かに傷みが早いといわれています。お弁当に入れるのは避け、自宅で出来たてを楽しみましょう。

●煮物
肉じゃがなどの煮物は、あまりお弁当向きの料理ではありません。その理由は、水分が多く傷みやすいため。ザルで水気をしっかり切ることで雑菌の繁殖リスクをある程度低減できますが、もっとも食中毒の起こりやすい夏場に関しては、お弁当に入れるのを避けましょう。

●生野菜
加熱しておらず、水分が出やすい生の野菜も、食中毒の原因となりやすい要注意食材です。暖かい季節のお弁当に入れるのは、切っていない丸ごとのプチトマト程度に留めましょう。汚れや雑菌が付着していることの多いヘタは取り除き、よく洗って清潔なペーパータオルなどで水分を拭き取ってから入れるのがポイントです。

そのほか、「素手で握ったおにぎり」「ポテトサラダ」「加熱していない練り物」といったメニューにも注意が必要です。正しい知識を身につけて、おいしく安全なお弁当を作りましょう。