ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
やるなら今! キッチン掃除の難敵「換気扇」は、春夏にお手入れするのが正解
出典 : creativei images /Shutterstock.com

やるなら今! キッチン掃除の難敵「換気扇」は、春夏にお手入れするのが正解

キッチンの中でも、とくに掃除がたいへんな換気扇の油汚れ。春から夏にかけての季節に「あるもの」を使えば、手間もお金もかけずにラクラク落とすことができるんです。

  • kawase

気温が上がれば、油汚れがゆるむ

気温が上がれば、油汚れがゆるむ

margostock/Shutterstock.com

一般に、「大掃除」は年末に行うものと認識されています。丁寧に掃除した清潔な住まいで新年を迎えるためには、やはり大掃除は年末に行うのがベストでしょう。しかし、こと「効率よく汚れを落とす」という点を重視するならば、大掃除はむしろ暖かい季節に行った方がよいのです。

気温が上がると落ちやすくなる汚れの代表格が、キッチン周りに付着する油汚れ。油分は、冷えると固まり、温度が上がるとやわらかくなる性質を持つためです。
そして、多くの人を悩ませるしぶとい油汚れといえば、「換気扇」の汚れ。積もり積もった油と空気中のホコリが混ざり合った頑固な汚れをラクに掃除するには、気温が上がる春夏の季節を狙うのがおすすめです。

しかし、いくら暖かい季節を選んでも、冷たい水を使って洗ったのでは汚れはなかなか落ちません。また、油汚れ用の強力な洗剤を使うと、手肌や換気扇の塗装を傷めてしまう恐れがあるのも悩ましいところですね。

そこで、おすすめなのが、「お湯」と「重曹」を使った掃除法。お湯の熱で汚れをゆるませつつ、酸性の油汚れをアルカリ性の重曹を使って中和するという方法です。
それでは、お湯&重曹を使った換気扇掃除の手順を具体的に見てみましょう。

ベタベタ汚れは、「重曹&お湯」で退治

ベタベタ汚れは、「重曹&お湯」で退治

Maderla/Shutterstock.com

用意するものは、換気扇のフィルターがすっぽり入るサイズのゴミ袋と、ゴミ袋が入る大きさの段ボール箱、掃除用の重曹、使い古しの歯ブラシ・タオルです。換気扇に小さな部品がある場合は、排水溝用ネットと輪ゴムもあるとよいでしょう。
なお、掃除を始める前には、必ず換気扇のスイッチを切ってください。万が一の事故を防ぐため、ブレーカーを落としておくとさらに安心です。

まず、段ボール箱を組み立て、底の角にあたる部分を1箇所だけカットします。次に、箱にゴミ袋を入れ、空けた穴から袋の端を少し出しておきましょう。
用意ができたら換気扇のフィルターを外し、ゴミ袋の中へ入れます。小さな部品は、失くさないようにまとめてネットに入れ、口を輪ゴムでくくっておくのがおすすめ。

洗いたいすべてのパーツをゴミ袋に入れたら、パーツが完全に浸るまで40~50℃程度のお湯を注ぎましょう。その後、重曹を加えて軽く混ぜます。重曹の量は、お湯5リットルにつきカップ半分を目安にしてください。
20分程度浸け置きし、汚れが浮き上がってきたら、箱の穴から出した袋の角をハサミで切り、汚れたお湯を捨てます。残った汚れは古歯ブラシでかき出し、ぬるま湯ですすいでから、タオルで拭きあげましょう。その後、しばらく放置して残った水気を乾かし、外したパーツを元通りに取り付け直せば、掃除の完了です。

おすすめは、4月と10月の暖かい日を狙い、年に2回この浸け置き掃除を行うこと。汚れがたまり過ぎないうちにケアするのが、手間を減らすためのポイントです。