ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
キッチンの排水口についたぬめり汚れ。手間なく、触らずキレイにしたい!
出典 : Kira_Yan/Shutterstock.com

キッチンの排水口についたぬめり汚れ。手間なく、触らずキレイにしたい!

キッチンから漂うイヤ~な臭い、もしかして排水口が原因かも!? 掃除をさぼるとぬめり汚れが発生する排水口。わかっていても、汚れが蓄積するほど触りたくなくなるもの。触らずに汚れをリセットして、さわやかな台所を取り戻しましょう!

  • 創文舎 hamo

さぼると増える!? キッチン排水口のカビやぬめり汚れ

さぼると増える!? キッチン排水口のカビやぬめり汚れ

Peter Gudella/Shutterstock.com

毎日料理するために使うキッチン。表面的にはキレイにしていても、排水口のフタを開けてみると、思わず目を背けたくなるような状態になっていることも・・・。

排水口の形によって汚れのつき方は異なりますが、ゴミ受けとなっているストレーナーを外し、排水口のトラップを開けると、ヌメヌメとした汚れやカビと思しき黒い汚れが付着していることも。キッチンはキレイに使いたいと思いつつも、しばらく掃除を怠っていると触ることさえイヤになるドロドロ汚れが蓄積されます。

このドロドロ・ヌメヌメした汚れの正体は、日頃の調理ででる食べ物カスや油汚れをエサに増える雑菌や、雑菌が排出する代謝物。温度・水分・汚れという3つの条件が揃うと、ぬめり汚れはどんどん増えていきます。

温度や水分は水回りであるキッチンの性格上、抑えることは難しいものですが、エサとなる汚れは気をつければ減らすことができます。

キッチン排水口を触らずにキレイにする掃除方法

キッチン排水口を触らずにキレイにする掃除方法

毎日洗いものが終わった後にシンクや排水口を掃除していれば、それほど溜まることはないぬめり汚れですが、一度溜まってしまうとリセットするのはたいへんです。何とかしなくてはならないとは思いつつ、なかなか手がつけられない排水口のぬめり汚れですが、直接触れない掃除方法なら試してみたいと思いませんか?

重曹とクエン酸を使った掃除方法

ゴミ受けを外し、水で濡らした排水口に重曹1カップを粉末のまま振りかけます。その上からクエン酸を1/2カップ振りかけます。酸性のクエン酸とアルカリ性の重曹が反応することで二酸化炭素が発生し、シュワシュワとした泡が出てきます。そのまま30分から2時間程度時間をおき、60℃前後のお湯を用意し排水口に流します。

キッチン用塩素系漂白スプレーを使った掃除方法

排水口のフタ、ゴミ受けを外し、それぞれ漂白スプレー(泡タイプ)をスプレーしておいておきます。排水口の周りに水が溜まる仕組みのものは、キッチンペーパーなどを使って水を吸収し、排水口にも漂白スプレーを吹きかけます。30分程度時間をおいたら水でしっかりと洗い流します。

市販の発泡性排水口クリーナーを使った掃除方法

製品によって使い方が異なるので、取扱説明書を参照の上使うようにしましょう。
一般的なものは、ネットとゴミを取ったゴミ受けに粉末の薬剤を振りかけ、規定量の水をかけて発泡させることで、排水口の奥までキレイにするという仕組み。排水口全体を包むこんもりとした泡で汚れを浮かせて取り去ります。

いずれの方法も、換気を十分に行うか、換気扇をつけるなどし、薬剤の成分が部屋にこもらないように注意が必要です。また、念のため手袋をして薬剤が手につかないように気をつけましょう。
とくに、塩素系の薬剤を使う場合、他の成分と混ざると有害なガスが発生するので注意しましょう。

つまりを感じたらパイプクリーナーの出番

つまりを感じたらパイプクリーナーの出番

Igal Vaisman/Shutterstock.com

排水口がキレイになったらその奥にある、排水管も気になるところ。
完全に詰まってから対処したのでは、素人の手には負えなくなっている場合が多々あります。流れにくさやつまりを少しでも感じたら早めに対処し、普段から1ヵ月に1回くらいのペースでつまり予防をしておくと安心です。

パイプのケアは、市販のパイプクリーナーを使います。さまざまなメーカーからいろいろなタイプのクリーナーが出ているので、自宅のキッチンに合ったタイプのクリーナーを常に準備しておきましょう。

調理の際に出た廃油をそのまま排水管に流すと、パイプの中で微生物が油を分解し「脂肪酸」という固形物を作りだします。脂肪酸になると、パイプクリーナーでも洗い流すことは難しくなるため、自分でつまりを解消できなくなります。また、脂肪酸は、家庭のパイプだけでなく、街中に走っている配管にまで影響を及ぼします。

環境問題にまで発展しかねない家庭での油処理。使った後の油は、市販の油凝固剤を使ったり、牛乳パックに新聞紙などを詰め、油を入れて捨てるなど、排水管に直接捨てないよう配慮が大切です。

排水口を汚さない予防方法

排水口を汚さない予防方法

xpixel/Shutterstock.com

排水口をキレイに掃除したら、普段から汚れを溜めないように予防習慣をつけましょう。

三角コーナーを置かない

生ゴミを捨てるのに便利な三角コーナー。しかし、毎日それを掃除するのはたいへんで、ついゴミを入れっぱなしにしたり、ゴミだけ取っても三角コーナー自体は洗わなかったり・・・と、シンク周りを清潔に保つには厄介な存在です。そこで、思い切って三角コーナーを撤廃し、毎日出る生ゴミはビニール袋に入れてその都度捨てたり、新聞紙を広げてゴミを溜め、調理が終わったら新聞紙ごと捨てるなど、生ゴミと水分を分離することで、雑菌の繁殖を防ぐと、ぬめり汚れが溜まりづらくなります。

排水口にアルミボールを入れておく

アルミホイルは水に触れることで金属イオンを発生します。アルミホイルを2~3cm大に丸め、ゴミ受けに入れておくことで、金属イオンが発生しぬめりの発生や悪臭を防ぎます。

毎日お湯を排水口に流す

油は水では流れませんが、お湯をかけると緩み流れやすくなります。シンク掃除が終わったら、毎日40~60℃くらいのお湯をシンク全体と排水口、排水トラップ、ゴミ受けなどにかけ、油や食べ物のカスなどを流しましょう。高温に弱いカビ予防にもなります。

キレイになったキッチンには臭いの見張り番を

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

排水口や排水管がキレイになっても、夏場などは、排水管から上がってくる下水の臭いや、生ゴミの臭いが気になるもの。キッチンの掃除にも気を配りつつ、臭い対策としてファブリーズのキッチン専用置き型消臭剤を置くのがおススメです。

ファブリーズのキッチン専用置き型消臭剤は、生ゴミや魚の臭いに特化した部屋用置き型消臭剤。
ファブリーズが独自に配合したニオイキャッチャーゼリーで、空間に浮遊する臭いをキャッチし、化学的に分解・中和して不快な臭いを無臭に変えます。芳香剤も配合していない無香タイプなので、気になる食べ物臭と臭いが混ざらず快適なキッチンで料理ができます。
シンクや排水口の掃除と共に、キッチン専用置き型消臭剤も欠かせない臭い対策となりそうですね。


溜まると見て見ぬふりをしたくなる排水口の汚れ。毎日の掃除と予防策で汚れを溜めないようにしましょう。臭いの見張り番をおけば、これからの季節も安心ですね。