ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
猫はかわいいけれどトイレ掃除が面倒。砂掃除を楽にするポイントとは?
出典 : Sharaf Maksumov/Shutterstock.com

猫はかわいいけれどトイレ掃除が面倒。砂掃除を楽にするポイントとは?

猫のトイレ掃除、どんな風に、どのくらいの頻度で行うのが正しいのでしょうか? トイレ掃除は独特の臭いや汚れが強いので後回しにしたくなりますが、掃除のポイントを押さえればもっと楽になるはず!

  • 創文舎 hamo

毎日必要? 猫のトイレ掃除の頻度

毎日必要? 猫のトイレ掃除の頻度

Zoran Photographer/Shutterstock.com

猫を飼い始めたばかりの時は、トイレのしつけで手一杯。ようやくトイレを覚えたのはいいけれど、おしっこやうんちは臭いし、トイレの掃除って、いつどうやってやるのだろう・・・。

たしかに、猫の排泄物は臭いが強いものですが、猫はデリケートでキレイ好き。せっかくトイレを覚えても、排泄物がゴロゴロした汚いトイレだと使いたがらなくなり、おしっこやうんちを我慢して、膀胱炎などの病気になったり、トイレ以外の場所で粗相してしまうことも。

面倒でも家にいる時は、猫がトイレを使う度に排泄物を取り除いてあげるのが理想的です。仕事などで長時間家を空ける時は、帰宅後に一日分の排泄物を取ってあげるようにしましょう。

猫のトイレ掃除の仕方

猫がおしっこをしたら、スコップで濡れた砂や固まった砂をすくい取り、ビニール袋などに入れ口を縛ります。うんちの場合も、スコップでうんちをすくい取り、砂をふるい落とします。
おしっこが下に落ちるタイプのシステムトイレを使っている場合は、トイレの下に敷いているシートにおしっこが吸収されるので、毎回の掃除は必要ありません。

排泄をする度に、排泄物を片付けていても、トイレ本体も徐々に汚れ、臭いがするようになります。1ヵ月に一回程度は、トイレの中の猫砂をすべて入れ替え、トイレ本体も洗うようにしましょう。

トイレ掃除や片付けは、面倒に感じることもありますが、排泄物をこまめにチェックしていると、ちょっとした猫の体調変化に気づくことができます。愛猫の健康管理の一環としても習慣にしておきたいですね。

猫砂はタイプによって捨て方が違う

猫砂はタイプによって捨て方が違う

Anton Starikov/Shutterstock.com

猫のトイレを構成するのは、トイレ本体と中に入れる猫砂。トイレのタイプによっては、これにトイレシートが加わる場合もあります。猫砂にはじつにいろいろな種類があり、砂の種類によっては臭いの仕方が変わったり、おしっこやうんちをした後の処理の方法も違います。

一般的に、猫は自然の砂に近いものを好み、飼い主は臭いが少なく片付けがラクなものを選びたいのが本音。猫と飼い主で好みを一致させるのは難しいところですが、いろいろな猫砂を試して家庭に合った猫砂を選びたいですね。

鉱物系の砂(トイレに流せないタイプ)

天然の砂にもっとも近いタイプ。おしっこやうんちをするとガッチリ固まります。
猫には人気のタイプですが、粒子が細かいため、片付けの時や猫が砂を掘ると空気中に粉じんが舞い上がることも。重量も重いため、持ち運びもたいへんです。

木材系の砂(商品によってはトイレに流せる場合あり)

間伐材やリサイクル木材を使った環境にやさしい猫砂。重量が軽く持ち運びも便利。木材特有のさわやかな香りがし、消臭効果も高い。しかし、商品によってはおしっこが固まりづらかったり、色が茶色いため、猫のおしっこの色がわかりにくく健康チェックがしづらいという点も。

紙系の猫砂(トイレに流せるタイプ)

パルプや再生パルプでできている紙原料の軽い砂。固まりにくいという特徴はありますが、商品によってはおしっこがかかると色が変わるように工夫されているものも。色が変わらないタイプは、おしっこの色がわかりやすく、健康チェックがしやすいのも利点。消臭効果は弱め。

食品系の猫砂(トイレに流せるタイプ)

おからを主原料にした猫砂。重量は軽く、消臭効果にもすぐれています。また、食べ物が原料なので、猫が間違って食べてしまっても安心です。色は茶色く濃いものが多いので、おしっこの健康チェックには向きません。

シリカゲル系(トイレに流せないタイプ)

乾燥剤のシリカゲルを原料にした猫砂。長期間取り替えが要らず、システムトイレに向いています。重量は軽く、砂が丸いため猫がトイレを出る時についていると、部屋の中にコロコロ転がっていくことも。砂が直接尿を吸い込むためあまり固まらず、取り替えの目安は、独特の臭いがしてきた時。

砂が飛び散らないための対策

砂が飛び散らないための対策

StockPhotosArt/Shutterstock.com

猫はトイレの後に砂を掘り、自分の排泄物を砂で覆い隠します。すべての猫がこの行動をするわけではありませんが、家の中でやられてしまうと砂が飛び散り掃除がたいへんです。
しかし、野生で生きていた頃の習慣が残した本能的な行動のため、しつけで辞めさせるのは難しいでしょう。

一般的な箱型のオープンタイプのトイレを使っているなら、猫砂が飛び散らないような形のトイレに変えると問題が解決することが多いようです。
砂がトイレをはみ出して散らかってしまうのは、猫が砂をかく勢いの強さが原因。砂を受け止められる壁や天井がついているトイレを選べば砂が飛び散ることはありません。

そこで、おすすめなのは、ドーム状のトイレに猫が入る入り口が開いている「ドームタイプ」や、ドームタイプの天井が開いている「ハーフカバータイプ」、砂掘りが激しいタイプの猫には、上部に穴のような入り口がついた樽のような形の「上から入るタイプ」など、砂が飛び散らないような形のトイレがたくさんあります。

猫によっては、閉鎖環境が落ち着く猫もいれば、苦手な猫もいます。猫の性格に合わせて最適のトイレを選んであげたいですね。今あるトイレを生かすなら、トイレの周りにダンボールで壁を作るのもありです。

また、砂掘りはそれほどしないけれど、トイレから出てくる際に足に付いた砂が部屋に散らばる場合もあります。
そのような場合は、足に付いた砂が落ちるようなマットをトイレの周りに敷くのもおすすめ。足から落ちた砂をもう一度トイレに戻すこともできますよ。

猫のトイレ掃除に最適な洗剤とは?

猫のトイレ掃除に最適な洗剤とは?

Natalya Chumak/Shutterstock.com

月に一回程度必要な、トイレ本体の掃除。
猫砂を全部出したら、お湯につけてしばらくおきます。汚れがやわらかくなってきたら、お湯を捨て、スポンジに洗剤をつけて擦り洗いし、水で流せばOKです。

ここで注意しなくてはならないのが、スポンジにつける洗剤。家にある住宅用の洗剤でも十分キレイになりそうですが、猫は嗅覚が敏感。人間が使う洗剤は香料が強いため、洗った後のトイレを嫌がることも。ペットショップなどで、ペット専用の洗剤を購入しておくと安心です。

また、猫の排泄物の強い臭いは普通に洗っただけでは取れないことも。
洗った後のトイレに水を張り、クエン酸を溶かして30分ほどおくか、クエン酸スプレーをかけると、アルカリ性の排泄物の臭いが酸性のクエン酸の臭いに中和されます。

洗った後は十分に水ですすぎ、よく乾かしてから猫砂を入れてあげましょう。

ペットを飼っているなら、置き型消臭剤はマスト!

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

こまめに排泄物を片付け、定期的にトイレ掃除をしていても、ペットを飼っていると気になる臭いが発生します。
飼い主は嗅覚が慣れ感じなくなっていても、家に訪れる人は「猫臭い」と感じることがあるかもしれません。

そこで、ペットを飼っている家に常駐させておきたいのが、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤(無香タイプ)。ファブリーズの置き型消臭剤は、部屋中に漂うあらゆる臭い分子をキャッチし、化学変化で無臭成分に変える「ニオイキャッチャーゼリー」を主成分としています。クサイ臭いを別の香りで上書きして臭いを隠すタイプの消臭剤とは異なり、臭いを根本から変化させ無臭化する消臭剤なので、臭い戻りがなく、臭いと香りが混ざり合って別の不快臭になる心配もありません。

また、臭いに敏感なペットを飼っている家庭にはうれしい無香タイプもあるため、一緒に過ごすペットの負担にもなりません。
ペットのトイレを置いてある場所や、長く過ごす部屋にさりげなく置き、お客さまが来ても「臭い」と思われない快適な空間づくりに役立てましょう。


トイレの掃除はラクなものではありませんが、砂選びやトイレ選びにこだわれば、手入れを簡素化することはできます。しかし、何よりも大切なのは、愛猫の健やかな毎日。健康チェックをしつつ快適なトイレ環境をキープしてあげてくださいね。