ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
便器の黒ずみが気になる! 原因を知ってきれいさっぱり汚れを落とそう
出典 : ben bryant/Shutterstock.com

便器の黒ずみが気になる! 原因を知ってきれいさっぱり汚れを落とそう

ちょっと掃除をさぼると便器が黒ずむのはなぜ? それを解決するためには原因を知ることが先決です。原因がわかったら、効果的な掃除方法も見つかるはず。トイレの黒ずみがきれいになると、イヤ~な臭いも気にならなくなりますよ。

  • 創文舎 arisa_125

トイレの3大汚れ「便器の黒ずみ」の原因は?

トイレの3大汚れ「便器の黒ずみ」の原因は?

Creativa Images/ Shutterstock.com

せっかくの休日を掃除でつぶすのはもったいない。かといって、掃除をする時間が取れるのは休日だけ。休みが来るたび、そんなジレンマに頭を抱える人も多いはず。結局、見えるところだけ掃除機をかけておしまいというあなた、トイレ掃除をさぼっていると、しつこい汚れに悩まされることになるかもしれませんよ。

そもそも毎日使用するトイレは、その分汚れやすく、汚れの種類もさまざまです。代表的な汚れは、「尿石汚れ」「水垢汚れ」「黒ずみ汚れ」の3つ。

尿石汚れは、飛び散った尿をそのままにしておくと、便器の縁や裏側、床や壁に黄色いシミとなって現れます。尿石というだけあって、放置すると結晶化して、頑固なこびりつき汚れになってしまいます。

また、水垢汚れは、水に含まれているカルシウムが堆積したもの。手でさわるとザラザラとした感触が特徴です。

そして、最後の黒ずみ汚れは、カビや空気中のホコリなどが固まったもの。すぐに掃除をすれば、カンタンに落ちますが、そのままにしておくと、水垢や雑菌と合体して厄介な汚れになってしまいます。

とくに、一人暮らしのワンルームでは、トイレを開けるたびにイヤ~な臭いが部屋全体に広がってしまうかも。そう、雑菌が繁殖した黒ずみ汚れは、トイレが臭う原因の一つでもあるのです。

便器の黒ずみを落とす時の洗剤は?

便器にうっすらついた程度なら、洗剤をつけずにブラシでこすればカンタンにきれいになりますが、放置して汚れが広がるとそういうわけにもいきません。しかも、汚れの段階に応じて、洗剤を使い分ける必要があります。

便器の黒ずみを落とす時の洗剤は?

monticello/ Shutterstock.com

中性洗剤を使う

ブラシでこすっても落ちない時は洗剤を使いましょう。それほど汚れがひどくない時は、トイレ用の中性洗剤で十分きれいになります。

掃除方法

1.黒ずみ汚れに直接洗剤を吹き付け、ブラシでこすります。
2.水で流せば完了です。

掃除方法

ratmaner/ Shutterstock.com

塩素系漂白剤を使う

中性洗剤で落ちない場合は、塩素系漂白剤がもっとも効果的です。ただし、塩素系漂白剤を使う時は、酸性洗剤と混ざると、有毒ガスが発生するため、混ざらないよう注意しましょう。

掃除方法

1.黒ずみ汚れに直接洗剤を吹き付ける。汚れがひどい時は、汚れをトイレットペーパーでおおい、その上から洗剤を吹き付け、5分程度放置します。
2.水で流し、ブラシでこすれば完了です。

クエン酸+重曹を使う

強力な洗剤を使わずに汚れを落としたい場合は、エコ洗剤といわれるクエン酸と重曹を使いましょう。酸性のクエン酸とアルカリ性の重曹が混ざると、炭酸ガスが発生します。この炭酸ガスが頑固な黒ずみ汚れを効果的に落としてくれます。また、酸性のクエン酸は水垢や尿石などのアルカリ性の汚れにも効果を発揮します。

掃除方法

1.便器全体に重曹の粉をふりかけます。
2.200mlの水に小さじ1杯のクエン酸を溶かし、スプレーボトルに入れます。それを重曹の上からスプレーすると、シュワシュワと泡が発生するので、ブラシでこすります。
3.汚れが落ちたら、水を流して完了です。

掃除方法

ThamKC/ Shutterstock.com

落ちない黒ずみの場合の落とし方

洗剤だけでは落ちない黒ずみ汚れは、削り落とすしかありません。ただし、便器を削ると細かいキズがついてしまう恐れがあるため、メーカーによっては禁止している場合があります。便器を研磨する際は、説明書かメーカーのホームページで確認してから行うようにしましょう。

掃除方法

<研磨剤入りの洗剤を使う>
研磨剤入りの洗剤を汚れに直接つけるか、ブラシにつけて便器をこするだけ。汚れが落ちたら。水で流して完了です。
<サンドペーパーを使う>
サンドペーパーは、耐水性の目の細かいタイプがおすすめです。こする前に、便器全体をしっかり水で濡らしましょう。いくら目の細かいタイプを使っても、強く何度もこすると表面のコーティングまで剥がれてしまう可能性があるので、注意が必要です。

便器の黒ずみを予防するには?

手をかけずに予防できれば、それが一番ですが、便器の黒ずみを予防するには日頃のケアしかありません。つまり、「強力な洗剤を使ったり、削らなければ落ちない汚れ」にしないことが肝心です。週に1度は便器の中をブラシでこすり洗いする習慣をつければ、黒ずみ汚れだけでなく、水垢や尿石がこびりつくのも防ぐことができます。また、トイレタンク内で発生した黒カビが便器に侵入して繁殖することがあるため、トイレタンクの中にカップ1杯の重曹を入れておくのも効果的です。カビや汚れを分解するのに6時間程度は必要なので、重曹は外出する前や寝る前に入れるようにするといいでしょう。タンク内と便器の掃除が同時にでき、一石二鳥です。

便器がキレイになったらトイレの臭い対策も忘れずに

黒ずみ汚れは臭いの原因ともなるので、消臭対策も欠かせません。しかも、トイレは尿の飛び散りによって、便器だけでなく、床や壁などにも臭いの原因となる汚れが付着しています。2018年秋に新しく登場した「ファブリーズ W消臭トイレ用消臭剤」は、ERCAという成分がトイレの臭いに素早く反応し、壁や床についた臭いまで落としてくれる、史上初の消臭剤です。しかも、これまでのトイレ消臭剤に足りなかった3つの要素「高い消臭効果が持続」「好みの香りが持続」「簡便性・コンパクト」をすべて満たしたスグレモノ。サイズもコンパクトで、どこに置いても邪魔にならず、傾けても液漏れしない安心設計です。香りは3種類あり、消臭&芳香効果は45日間しっかり持続します。

ファブリーズ W消臭トイレ用消臭剤

ファブリーズ W消臭トイレ用消臭剤

「御不浄」とも呼ばれるトイレだからこそ、いつも清潔にきれいにしておきたいもの。ただ、「掃除をしなければいけない」と意識すればするほど、億劫になってしまいますよね。大切なのは、気負わないこと。トイレブラシやトイレ用掃除シートを見えるところに置いて、汚れたらその都度きれいにする習慣をつければ、掃除を面倒と感じることもなくなり、何より汚れがたまりません。