ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
BBQの火おこしは腕の見せどころ! 2分でできる早ワザのコツを大公開
出典 : New Africa/Shutterstock.com

BBQの火おこしは腕の見せどころ! 2分でできる早ワザのコツを大公開

BBQの火おこしは、必要な道具とコツさえ知っていれば意外とカンタンにできるんです。火おこしのスキルを手に入れて、周りから一目置かれる存在となりましょう!

  • 渡辺

準備万端にすれば、初心者でもスムーズに火おこしできる

準備万端にすれば、初心者でもスムーズに火おこしできる

Ljupco Smokovski/Shutterstock.com

仲間で集まって楽しむBBQ。食材の準備やタープの設営などさまざまな役割分担がある中で、やはり花形となるのは火おこしのポジションですよね。開始と同時にサッと火をおこすことができれば、BBQがスムーズに始められることはもちろん、同性異性どちらからも一目置かれること間違いありません。

ぜひとも手に入れたいスキルだけど、普段キャンプなどしない自分にはなかなか難しい・・・なんて、諦めてはいませんか? じつは、火おこしは経験が浅くても、準備する道具とコツさえ知っていれば意外と簡単にできるものなんです。

まずは、準備する道具から。初心者には着火剤が必須! と思いがちですが、着火剤は意外にも扱いが難しく、火が炭にうまく移らなかったり、入れるタイミングを間違えてヤケドや火災の原因となる場合もあります。着火剤の種類によっても使用方法が異なるため、慣れないうちは着火剤を使わずに火おこしをする方が安心・安全です。必要なものをチェックして準備万端にしておけば、着火剤がなくても火おこしができますよ。

1 火つき・組みやすさ◎の「黒炭」をチョイス

火つきがよく、長さ・形が比較的整っているのが特徴の「黒炭(切炭)」。中でも、「岩手切炭」は長さが6cmに切りそろえられているため、積み上げやすくなっています。輸入品の木炭よりもやや値が張りますが、初心者にはおすすめです。

2 「牛乳パック」または「新聞紙」を忘れずに!

牛乳パックと新聞紙は、使い方しだいでは着火剤の代わりにもなるすぐれた火おこしアイテム。どちらかを忘れずに準備しておきましょう。

「牛乳パック」は短冊状に切っておく

牛乳パックは内側がロウでコーティングされているため、とても火がつきやすい素材です。しっかり乾かしたあと、短冊状に切っておきましょう。1回の火おこしで1本分程度使用します。

「新聞紙」は棒状に固くねじる

新聞紙は、ただ火をつけるだけでは炭に火をおこすことはできません。コツは、半分に裂いた新聞紙を、棒状に固くねじった状態にすること。それを10本程度使用します。新聞紙だけ持参して、当日火おこしの際にサッと作ればOKです。

3 その他、必要なアイテム

●着火ライター
●アルミホイル
●長めのトング
●軍手
●うちわ

「井」の字がポイント。2分でできる火おこしのコツと手順

「井」の字がポイント。2分でできる火おこしのコツと手順

senk/Shutterstock.com

まずは、BBQコンロの底にアルミホイルを敷きましょう。コンロの傷みを防ぎ、後片付けもラクになります。また、熱効率が上がるため、火おこしもよりスムーズにできますよ。

次に、「牛乳パック」または「新聞紙」それぞれの方法で火おこしを開始します。うまくいけばたった2分で火おこし完了! “「井」の字に組む”ところがポイントとなるので、事前にぜひシミュレーションをしておきましょう。

「牛乳パック」を使った火おこしのコツと手順

1 炭を「井」の字に積み上げる

コンロに炭が「井」の字の形になるように、2本1セットで交互に積み上げていきます。

2 炭の中央に牛乳パックを入れる

積み上げた炭の中央部分に、短冊状に切った牛乳パックを入れます。

3 牛乳パックに火をつけ、やさしく風を送る

牛乳パックに火をつけ、様子を見ながらうちわで軽く風を送ります。強くあおぐと火種が消えてしまうため、下からやさしくあおぐのがコツです。

4 火力が安定したら完了

きちんと火が燃え上がるようになったら、火おこし完了です。

「新聞紙」を使った火おこしのコツと手順

1 炭で土台を作る

コンロに炭のかけらをおいて、土台を作ります。

2 新聞紙を「井」の字に積み上げる

土台の上に、棒状にねじった新聞紙を「井」の字の形になるように積み上げていきます。

3 新聞紙の周りに炭をおいていく

新聞紙の周りを囲むように炭を立てて並べ、最後に中央の新聞紙の上に炭を1~2個おきます。

4 中央の新聞紙に火をつける

中央の新聞紙に火をつけます。風を送ると熱が逃げてしまうため、うちわは使いません。火力が安定したら完了です。

必要な道具とコツさえ知っていれば、火おこしは意外とカンタンにマスターできます。事前に準備を整えて、今シーズンのBBQは火おこしの腕で周りとちょっと差をつけてみませんか?