ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
キッチン収納をどうにかしたい! お役立ち収納術
出典 : LeventeGyori/Shutterstock.com

キッチン収納をどうにかしたい! お役立ち収納術

ほとんどの人が、ほとんど毎日使うキッチン。なぜか片付かない・・・油断していたら散らかってしまう・・・という人必読! いつもすっきり見えるキッチンの片付け方法&収納術を伝授します!

  • 鈴木

キッチンは、なぜ散らかるの?

キッチンは、なぜ散らかるの?

Anetlanda/Shutterstock.com

●散らかる原因は『置く』こと
いつの間にかモノがあふれてしまう、収納しきれないのでテーブルに置きっぱなし・・・などキッチンが片付かないという悩みを抱えている人は案外多いようです。そもそもキッチンは、なぜ散らかってしまうのでしょうか?
『コミック版 たった1分で人生が変わる片づけの習慣』の著書である“かたづけ士”の小松氏によると、とりあえず置くことがダメな習慣だといいます。無意識にモノを置くことが発端となって次第に散らかっていくというわけです。
キッチンで考えてみると、調理中に使うお玉や菜箸、調味料などの置き場所を決めておらず、その時々で適当な場所に置いてしまう、という人はそれが散らかる原因です。置き場所が決まっていたとしても、所定の位置に戻さない場合も同じです。
また、キッチンが散らかるという人にありがちなのが、必要以上にキッチン用品を持っていること。便利な調理器具や専用品、アイデアグッズなどキッチンまわりの商品がたくさん売られていますが、つい買ってしまう前に本当に活用できるかどうかを考えましょう。

●散らからないための心がけ
モノの保管場所、置き場所を決めること、片付けは先送りにせずにすぐ行う、決められた場所に戻すことは散らからないための第一歩です。次に、要らないモノは買わない、使わないモノは思い切って手放す、捨てること。
モノをつい置いてしまう場合、そのモノの収納場所が適切でないのかも知れません。すぐに片付けられる収納術を身につけ、使いやすく効率的なキッチンを目指しましょう!

キッチン収納NG例

キッチン収納NG例

Wlodarska/Shutterstock.com

●置きっぱなし
先述のとおり、所定の収納場所に置かず、あるいは決めておらず、シンクのまわりやカウンター、テーブルなどに調理器具、調味料などを置きっぱなしにすることはNGです。お米や飲料、保存食などを床に置いたままにしているのも良くありません。見た目に美しくないですし、使い勝手も悪くなります。

●収納内容を把握していない
冷蔵庫をはじめ、ストックの食材や調味料を把握していますか? 賞味期限や消費期限を考えた収納をしていますか? 中身を把握していないと、食材を使い切れずに捨ててしまったり、重複して購入してしまったりし、無駄になる原因といえます。
引き出しや棚なども同様です。いろいろな収納場所にいろいろなモノをその場しのぎで入れていると、どこにしまったかわからなくなります。いざ使おうと思った時に、片っ端から開けて見なければ目的のモノが見つからない、というのは困ります。

●紙類・段ボールで収納
コンロ下など、どうせ見えないからといって段ボールを収納ボックス代わりにするのはNG。湿気や火の気があるキッチンに、段ボールなどの紙類を置くのは避けましょう。

キッチンの場所で考える収納術

キッチンの場所で考える収納術

Alaettin YILDIRIM/Shutterstock.com

●調理台下の引き出し
引き出しの数や大きさによりますが、仮に3段ある引き出しの場合、上の1段目は、よく使うモノ、小さなモノを、2段目はたまに使うモノや便利なモノなどを、深くなっている3段目は高さのあるモノを収納します。おもに、使用頻度と大きさで収納しますが、大事なことは引き出しの中を3~4つのスペースに分けて収納することです。

●シンク・コンロ下
棚がない場合、無駄なスペースができてしまうので、スペースを分割してくれる2段、3段のスライド式のラックが便利です。また、扉にボックスやフックを取り付けると空間を無駄なく使えます。
コンロ・シンク下は湿気を呼ぶ場所なので、すのこを敷くとカビ対策になります。

●壁面
よく使う調理器具や調味料は、壁面を使って吊り下げておくと、調理中に立ったまま使用することができます。メッシュパネルを金具で壁に取り付けてS字フックを引っかければ吊り下げ収納ができます。

●冷蔵庫
賞味期限が近いもの、よく使う食材は、それぞれカゴやトレイにまとめて見えやすい位置に収納するなど、忘れないため、時短のためにいろいろな工夫ができます。開封した使いかけのものや早く消費すべきモノはできるだけ手前に置き、冷凍食品は平積みにすると下のパッケージが見えないので立てて収納するなど、基本は見えること、見やすいことです。

キッチンのモノ別収納術

キッチンのモノ別収納術

wavebreakmedia/Shutterstock.com

●食器
食器類は、同じもの、同じサイズ、同じ色、使用頻度が収納のポイントです。しかし、何枚も重ねると下の方のお皿が取り出しにくいことがあると思います。そこで、2段・3段になっているキャビネットラックを使うと便利です。省スペースにもなります。

●油類や調味料
油類や調味料は、コンロ下に収納しておくと調理中の出し入れがスムースです。おすすめは、プラスチックのファイルボックスやトレイ、ケースを使って種類によって分けておくこと。液だれしても、最小限の掃除で済みます。使用頻度の高い調味料は、壁面にラックを据え付ける方法もあります。容器を揃えてラベルを貼って並べるとインテリアとしての役割も。

●レジ袋やゴミ袋
レジ袋やゴミ袋はキッチンに不可欠なモノですが、ごちゃごちゃとして生活臭漂うため、収納に悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、オープンタイプの専用バスケットを設置してみてはいかが? 開け閉め不要で出し入れはカンタン、見た目にオシャレですっきりと収納できます。s

収納すっきり! ニオイもすっきり!

ファブリーズ部屋用置き型—無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型—無香・靴箱専用・キッチン専用

キッチンの収納がすっきりしたら、ニオイもすっきりしたいですね! そこでおすすめは、香りに頼らない、ホンモノの消臭効果を発揮してくれる「ファブリーズ部屋用置き型・キッチン専用」です。使用方法は名の通り置くだけ!
ファブリーズ独自のテクノロジー「ニオイキャッチャーゼリー」で、あきらめかけていたニオイも元からすっきり消臭。しっかり消臭するから、ほのかな香りも楽しめます。

キッチンが散乱してしまう理由は意外と単純ですね。これを機会に思い切ってキッチンの収納を見直し、片付けしませんか?