ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
不意に目に入る黒いポツポツはカビかもしれない⁉未然に防ぐ基本のカビ対策
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

不意に目に入る黒いポツポツはカビかもしれない⁉未然に防ぐ基本のカビ対策

カビが発生するのは風呂やキッチンなどの水回りだけではありません。掃除中に不意に目に入る窓際や壁などに黒いポツポツを見つけたら、まさしくカビ。早めの対処でカビの繁殖を防ぎましょう。

  • ShuShu

カビが生えやすい条件とは?

カビが生えやすい条件とは?

izzzy71/Shutterstock.com

家の中に生えるカビというと、梅雨時に一気に増えるというイメージがありますが、じつは、冬から春にかけてじわじわと小さなカビが増えています。

カビが発生・繁殖する条件は、20~30℃の室温と、80%程度の湿度、そしてエサとなるホコリや汚れなどの栄養分です。カビは空気中に含まれる水分を使って繁殖するのではなく、液体として存在する水を使って増えていきます。

冬から春にかけては空気が乾燥しているイメージがありますが、室内は暖房をつけるため、外気温と室温との差が大きくなり結露ができやすくなります。カビはこの結露により発生し増え、気温が上がり湿度が一層高くなる梅雨時に爆発的に増殖します。

ですから、春先に結露のできやすいところや空気の動きがないところを重点的にチェックし、カビが小さいうちに対処することが、後の大惨事を未然に防ぐ賢いカビ対策なのです。

窓際や壁際は要注意!? カビの発生しやすい場所

窓際や壁際は要注意!? カビの発生しやすい場所

Burdun Iliya/Shutterstock.com

適度な室温と高い湿度、エサとなるホコリや汚れ。これらカビが好む条件が揃いやすいところがカビの発生場所になるわけですが、具体的には家の中のどの辺りになるのでしょうか。

季節を問わず、常にこの条件が揃うのがお風呂場やキッチン、洗面台などの水回り。これらの場所は、よく目につき、常時カビが発生しやすい場所であるため、普段の掃除から気をつけている人がほとんどではないでしょうか。

普段あまり注意して見ることが少なく、冬から春にかけてカビの発生が多くなるのが、窓際や壁面、カーテンや北側に位置する部屋や収納です。窓際や壁面は、温度差で結露ができやすく、窓に接するカーテンは窓際にできたカビが移りやすいもの。北側の部屋や収納は空気の流れが悪いため、湿気が溜まりやすく結露が起きやすい場所です。

梅雨に入る前に、これらの場所をひととおりチェックし、カビが発生していないかよく確認しておきましょう。

基本的なカビ汚れの掃除方法

基本的なカビ汚れの掃除方法

Cegli/Shutterstock.com

壁や窓際、床などにカビを見つけたらどのように対処したらよいでしょうか。
まずは、マスクや手袋、眼鏡などを身につけ、カビを吸い込んだりしないように装備を整えます。
カビは小さく軽いため、目に見える範囲だけでなく、その周辺に落ちている可能性が高いもの。いきなり掃除機をかけると、カビの胞子も舞い上がってしまう可能性が高いので、まずは、フロアモップやフローリングシートなどでカビ周辺の床を拭いておきます。その後、窓を開けて換気しながら掃除機をかけておきましょう。

カビが小さく、表面的に除去できそうであれば、ウェットティッシュや濡らしたウェスなどを使い、カビを擦り落とします。取った後のカビは袋などに入れ口を縛ってから捨てましょう。
室内のフワフワとした軽いカビなら、住宅用中性洗剤を直接吹き付け、少し時間をおいてから硬く絞った濡れ雑巾などで拭き取るのでもOK。

カビを除去した後は、よく乾かし、消毒用アルコールスプレーか無水エタノールを水で薄めたものをスプレーし、除菌します。アルコールやエタノールには、カビを死滅させる効果があるので、再発防止のためにもカビを除去した後にはスプレーするようにしておきましょう。

また、カビの胞子がつきやすいカーテンは、できれば月に1回程度の洗濯が効果的。難しい場合は年に4回程度季節ごとに洗濯をし、エタノールスプレーをかけて除菌しておくのが理想的です。

カビの除去には重曹やエタノールも効果的

カビの除去には重曹やエタノールも効果的

pu_kibun/Shutterstock.com

カビの除去は、物理的に除去する方法のほか、化学的なアプローチでカビを撃退する方法もあります。

エタノール

先ほども掃除の仕上げの除菌にと紹介しましたが、エタノールは、たんぱく質を分解する作用があるため、カビの除菌に高い効果を発揮します。ドラッグストアなどに売っている無水エタノールを80%に水で薄めて使用するか、市販のアルコールスプレーでも同様の効果があります。

重曹

アルカリ性の重曹はたんぱく汚れに高い効果があるので、カビの除去にも役立ちます。
粉末の重曹を少量の水で溶き、ペースト状にしてカビに塗ってから除去すると、若干の漂白効果も作用し、黒カビ汚れにも効果を発揮します。

カビ取り剤

水回りのパッキンなどに生えた頑固な黒カビは、次亜塩素酸系のカビ取り専用剤が効果的。効き目が強いため、換気やゴム手袋などでの皮膚の保護、目に入らないように高い所のスプレーは控えるなど、いくつか注意は必要ですが、効果は絶大です。酸性の洗剤と混ざると有毒ガスが発生するので、使用の際は注意書きをよく読んでから扱いましょう。

酢にも殺菌力があるため、カビ除去には一定の効果はありますが、酢の原料は穀物であるため、成分が残ると新たなカビの栄養源となり再発の原因になることがあります。酢を使った際は、しっかり水で流すか重曹で擦り取るなどし、成分を後に残さないように気をつけましょう。

カビ掃除の仕上げにシュシュッとスプレー習慣を

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

家の中にできたカビは小さなうちに確実に除去しておきましょう。
カビは、水回りや窓際などのほか、布でできた壁紙やカーテン、壁と接しているソファなどの布製品にも移りやすいものです。カビ掃除を終えた後には、布製品についたカビの臭いをリセットするためにも、除菌成分を配合した、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを噴霧しておくことをおすすめします。

カビ掃除が終わった後、カーテンやソファには全体に20回程度、しっとりするまでファブリーズをスプレーしておきましょう。ファブリーズは、スプレーすることで、繊維1本1本に消臭成分が浸透し、臭い分子をキャッチし、化学的に分解・中和し臭い分子を破壊します。

また、消臭はもちろん、繊維に付着し増殖する雑菌の除去にも高い効果を持つ、除菌成分を配合しています。窓の近くに置いてあるカーテンやソファは、外から運ばれてくる、ホコリや菌がつきやすいもの。普段からファブリーズをスプレーしておくことで、付着しやすい菌や臭いから布製品を守ることができます。


本格的な梅雨を迎える前に、カビが生えていないかしっかりチェックして、適切な対処を取るようにしておきましょう。湿気が溜まりやすい場所は、臭いも溜まりやすい場所。空気を入れ替えたら臭いもリセットして、心地よい住まい環境を整えましょう。