ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
毎日のきれいをキープしたい!ガスコンロ掃除の救世主「重曹」
出典 : west_photo/Shutterstock.com

毎日のきれいをキープしたい!ガスコンロ掃除の救世主「重曹」

毎日ガスコンロ掃除していますか? ためればためるほど取れにくくなるのがキッチンの汚れ。ガスコンロ掃除の救世主「重曹」を使って無理なくカンタンにガスコンロをキレイにしましょう!

  • ShuShu

ガスコンロ汚れによく効く「重曹」とは?

ガスコンロ汚れによく効く「重曹」とは?

Maderla/Shutterstock.com

キッチンにつきやすいベタベタの油汚れや食品由来のこびり付きや焦げ付き・・・。キッチンの中でも、とくに汚れやすいのが、加熱調理を行うコンロ周りです。IHヒーターなどは表面がフラットなため、掃除もしやすいですが、ガスコンロはさまざまなパーツが組み合わさってできているため、毎日掃除する方がいいとわかっていても、手間を考えると億劫になってしまいます。

「汚れはなかなか取れない」と思うとなかなかやる気がおきませんが、「カンタンに汚れが落ちる」とわかれば重い腰もいささか軽くなります。

そんなガスコンロ掃除をカンタンにするのが、ナチュラルクリーニングの代名詞「重曹」です。
さまざまな場所の掃除や料理にも使われる重曹ですが、いったいどういった点が優れているのでしょうか。

重曹は、食塩水に二酸化炭素を加えてできた物質。もともと体にあるものと同じ成分でできているため、人にもやさしく、地球にもやさしいといわれています。

性質は、酸性の汚れに効果を発揮する弱アルカリ性。多少の油汚れなら乳化することができ、たんぱく汚れを分解することもできます。
粒子が細かく、水に溶けづらい性質があるため、粉のまま用いると水分と合わさってもすぐに溶けず、クレンザーのような役割をして汚れを擦り落とすことができます。
また、重曹は熱すると発泡する性質があります。水と混ぜて加熱することで発泡し、汚れを浮き上がらせて落としやすくします。

このような性質を持つ重曹は、酸性の油汚れが多いガスコンロにはもってこいの洗剤。
パーツによって、浸け置きや加熱、粉のまま振りかけるなど、重曹を使った洗浄法を駆使してガスコンロをラクにピカピカに掃除しましょう!

久しぶりの「五徳」掃除は重曹で浸け置き洗い

久しぶりの「五徳」掃除は重曹で浸け置き洗い

ガスコンロ掃除を始めるには、まず、汚れや洗剤が飛び散っても大丈夫なように、ガスコンロの周りを片付けます。その後、鍋やフライパンを支える五徳や、バーナーキャップなどのパーツを取り外します。

五徳はしばらく洗っていないと、油汚れや焦げがこびり付き、一筋縄では取れない汚れになっている場合がほとんどです。バケツなどに熱いお湯を張り、1リットルあたり大さじ6杯程度の重曹を溶かして五徳を浸け置きしておきましょう。

天板は、フッ素加工のものや、ホーロー、最近ではガラストップも多くなっています。いずれの場合も、強く擦ったり、メラミンスポンジや金属スポンジなどを使うと細かな傷がつく恐れがあるので、やわらかいスポンジや古歯ブラシなどを使って洗っていきます。

ベタベタした油汚れがついた天板には、重曹を粉のまま万遍なく振りかけ、汚れと馴染んだところでスポンジや歯ブラシなどを使い擦り洗いします。重曹が研磨剤となり油汚れを溶かしながら落とします。
最後に水拭きし、重曹と汚れを拭き取っていきましょう。

浸け置きした五徳のお湯が完全に冷めてしまう前に、五徳を取り出し、歯ブラシなどで汚れを落としていきます。浸け置きしても取れない頑固な汚れの場合は、鍋にお湯を張り重曹を先ほどの分量で溶かし、五徳を入れて沸騰させましょう。沸騰後2時間ほど時間をおき、同様に擦り洗いしていきます。

洗った後は、重曹の成分が残ると白く変色する場合があるので、しっかり水洗いすることをお忘れなく。五徳に粗熱が残っていると火傷しやすいので、十分注意して取り扱うようにしましょう。

毎日のガスコンロ掃除は重曹スプレーでササッと解決

毎日のガスコンロ掃除は重曹スプレーでササッと解決

しっかり掃除の後は、毎日のきれいをキープしたい! という気持ちが高まります。モチベーションが下がらないうちに、重曹スプレーを用意して、毎日の掃除に備えておきましょう。

重曹スプレーは、スプレー容器にぬるま湯を入れ、重曹を溶かし入れるだけ。ぬるま湯100mlにつき小さじ1杯程度が基準です。重曹は水に溶けにくい性質があるため、水よりはぬるま湯を使用し、掃除する前日には作っておくとよいでしょう。

ついたばかりのコンロの汚れは、ペーパータオルなどでサッと拭き取ってから、重曹スプレーをかけ少し時間をおいて拭き取ればラクにきれいになるはず。カラカラに乾いたこびり付き汚れも、重曹スプレーをかけて時間をおき、汚れを浮かしてから掃除するとカンタンにきれいになります。

汚れは溜まれば溜まるほど、落としにくくなります。とくに、油汚れは放置すると光や温度、湿度などが影響し、樹脂化してしまうことも。取れなくなってから四苦八苦するよりも、すんなり取れるうちに掃除するのがスマートな家事のやり方。キッチンには重曹スプレーを常に準備し、気になる汚れはその日のうちに解決するように習慣付けましょう。

ガスコンロをキレイにしたら臭いケアも忘れずに!

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

気になっていたガスコンロの汚れが片付くと、キッチン全体がキレイになったように感じます。
しかし、常に、さまざまな食品を扱うキッチンは、汚れやすいだけじゃなく、臭いも気になるもの。
生ゴミの臭いや揚げ物の臭い、排水口周りの腐敗臭や魚の臭い・・・。
臭いのカオスになりやすいキッチンには、臭いを取り締まる見張り番が必要です。

そこでおすすめしたいのが、ファブリーズ部屋用置き型キッチン専用消臭剤です。
とくに、生ゴミ臭や魚臭に特化し、食べ物が原因の不快な臭いをしっかり消臭する、今までになかったキッチン専用の置き型消臭剤。
ファブリーズ独自の消臭成分、ニオイキャッチャーゼリーが空気中に漂う臭い分子を捕まえ、分子レベルで分解・中和し臭いを消し去ります。加えて、自然界に存在する「森林フィトン」と同じ成分を配合しており、カビなどの菌の発生を抑制する働きも持っています。

香りでごまかさず、臭いを根本から消し去るファブリーズは、気になる臭い戻りも一切なし。不快な臭いだけを消し去り、香りを残さない無香タイプなのも、食品を扱うキッチンにはうれしいポイントですね。


取れづらい汚れがこびりついたガスコンロも、重曹を使えばすっきりキレイに。重曹スプレーを常駐させて、食事の後の片付けついでにガスコンロも掃除する習慣をつけましょう。キレイになったキッチンには、ファブリーズをおいて、臭いもスッキリ! 快適なキッチンなら料理も楽しくなりそうですね。