ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
正しい布団掃除とは? ヒケツは掃除機のかけ方にあり
出典 : Quality Stock Arts/Shutterstock.com

正しい布団掃除とは? ヒケツは掃除機のかけ方にあり

家で洗濯できない布団の掃除はどうすればいいのでしょうか? 新生活をスタートした家事初心者のために、なぜ布団の掃除が必要で、掃除をしないとどうなるのかを紹介するとともに、正しい布団の掃除方法を指南します。

  • 創文舎 arisa_125

布団の目には見えない汚れ、その原因とは?

布団の目には見えない汚れ、その原因とは?

phugunfire/ Shutterstock.com

下着やタオルと違って、手軽に洗えない布団。実家にいた頃は親に任せきりだったため、いざ布団のお手入れをしようと思ってもどうすればいいかわからないという人は意外と多いのではないでしょうか?

目には見えなくても、毎日使う布団は思った以上に汚れています。その主な原因は、「汗」「皮脂・フケ」「ホコリ」です。私たち人間は一晩にコップ一杯の汗をかくといわれており、布団にはその汗がしみ込んでいます。汗と同じく、皮脂やフケも、とくに直接肌が触れる枕やシーツ、掛け布団に付着するため、こまめな掃除が欠かせません。

また、布団はそれ自体がホコリの原因になってしまいます。生地や中綿から出た細かな繊維のくずが空気中に舞い上がり、それが部屋のあちこちに溜まるとともに、布団の表面にも付着し、その布団を動かすことでさらにホコリが舞い上がり・・・と、悪循環に陥ってしまうため、ホコリを溜めないよう気をつけることも大切です。

いずれの汚れも見た目ではわかりませんが、放っておくと、雑菌やダニが繁殖してしまい、不衛生きわまりない状態に! 睡眠は明日への活力です。心地よい眠りを手に入れるためにも、布団は普段からしっかり掃除するよう心がけましょう。

なぜ布団掃除が必要? 放っておいたらどうなるの?

カンタンには扱えない分、布団のお手入れはどうしても先延ばしにしてしまいがちですが、掃除をしないで放っておくと中綿が汚れて重たくなり、寿命が短くなってしまいます。長く使い続けるためにも、布団は定期的な掃除が必要です。

なぜ布団掃除が必要? 放っておいたらどうなるの?

Halfbottle/ Shutterstock.com

臭い(ニオイ)が気になってくる

布団を長い間掃除しないでいると、だんだんと臭いが気になってきます。臭いの原因は、汚れに雑菌が繁殖したことによるものですが、汗を含んで布団が重たくなっていたらカビの臭いも含まれている可能性があります。臭いをそのままにしておくと、眠りの質が下がってしまいます。

ダニの温床になってしまう

「温度」「湿度」「エサ」「潜伏場所」の4つの条件がそろうと増殖するダニ。毎日、新鮮なエサが手に入り、温度と湿度に恵まれ、隠れるところもたくさんある布団はダニにとって格好の棲家です。人が使う限り、ダニはいなくならないので、ダニの繁殖を防ぐためにも、布団掃除が欠かせません。

布団の劣化が早まる

布団カバーを洗濯したとしても、布団についた汗ジミをそのままにしておけば取れなくなってしまううえ、生地の傷みを早めてしまいます。羽毛布団でも、羊毛布団でも、重たく感じるようであれば汗による湿気と塩分が溜まっている証拠。保温性も悪くなり、そのままにしておくと劣化が進みます。

初めてでもできる! 正しい布団の掃除の仕方

掃除が必要とはいえ、自分で布団を扱うのはなかなかたいへんなため、クリーニングに出すのも一つの方法です。ただ、衣類と違って、料金もバカにならないうえ、羽毛布団については「クリーニングは3~5年に1回程度」「劣化するためクリーニングは不要」など、クリーニングを推奨しない意見が多のも事実。布団のお手入れは、クリーニングだけに頼るわけにもいかないようです。ここはひとつ、布団の掃除方法を覚えて、快適な眠りを手に入れましょう。

手順1.シーツ、カバー類を洗濯する

シーツも、カバーも布団や枕の汚れを防ぐためのもの。そのため、マメな洗濯が必要です。ファスナーがついているもタイプは、洗濯ネットに入れ、洗濯機で洗いましょう。なお、シーツ、カバー類は汗を吸い取る役目を担っており、柔軟剤を使うと、汗の吸収が悪くなるため、避けた方が賢明です。洗濯は週1回が目安です。

手順2.天日干しをする

布団の湿気を取るためには、天日干しが一番です。掛け布団、敷き布団とも、表裏各1時間を目安に午前10時から午後3時までの間に干すようにしましょう。なお、羽毛や羽根布団は直射日光に長時間さらすと傷みの原因になるので、カバーを付けたまま干すこと。天日干しは、月1回程度を目安にするといいでしょう。梅雨時や冬場など、天日干しができない時のために、布団乾燥機があると便利です。

手順2.天日干しをする

yoshi0511/ Shutterstock.com

手順3.掃除機をかける

天日干しや布団乾燥機を使って布団を乾かした後、布団の表面にはホコリやゴミのほか、ダニの死骸がたくさん付着しているため、掃除機はこのタイミングでかけるのがベストです。ただ、ここで適当にかけるか、丁寧にかけるかで、仕上がりに差が出てしまいます。ダニの死骸はアレルギーの原因になることもあるため、布団掃除の成否は掃除機のかけ方にあるといってもいいでしょう。

掃除機の正しいかけ方

1.1㎡につき30秒を目安に、片面90秒ずつゆっくりとかける
2.1回にかける面積はできるだけ小さくする
3.縦・横・斜めと、掃除機のヘッドを小刻みに動かしてかける
4.布団クリーナーがない時は、布団ローラーを用意し、ヘッドに付け替えてかけるとより効果的
5.週に1回を目安にかける

ダニをスチームアイロンで除去する方法を紹介します

ダニは60℃の熱処理を行うと死滅するといわれており、アイロンのスチームやスチームクリーナーのスチームは約100℃のため、ダニ退治に効果的です。ただし、布団の側生地や中綿にシルクが使われている場合は、スチームを使うと傷む可能性があります。また、マットレスもポリウレタンフォームの劣化につながるので、使わないようにしましょう。
1.タオルを当て布として使い、その上から3秒程度スチームを噴射します。終わったら、他の場所で同じことを繰り返します
2.スチームを当て終わった布団はかなり湿っているので、天日干しをしてしっかり乾かすことが大切です
3.布団が乾いたら、掃除機をかけてダニの死骸を取り除きます

ダニをスチームアイロンで除去する方法を紹介します

Himchenko.E/ Shutterstock.com

おすすめの毎日のお手入れは、除菌タイプの消臭スプレー!

月1で天日干し、週1で掃除機をかけるのが布団掃除の理想ですが、忙しい時はスケジュール通りにいかないこともしばしば。そんな時、おすすめなのが除菌タイプの消臭スプレーです。99.9%の除菌力を持つ「布用消臭スプレーファブリーズダブル除菌」なら、就寝の2時間前に布団全体に20回程度吹き付けるだけで天日干し3時間以上の殺菌効果が期待できます。スプレーするだけで除菌と消臭ができるので、毎日のケアはこれにおまかせ! 悪天候で布団を干せない日が続く時は、ファブリーズで乗り切りましょう。

ダニをスチームアイロンで除去する方法を紹介します

布用消臭スプレーファブリーズダブル除菌

布団を干したいけど、花粉やPM2.5が気になる人も多いはず。そんな人は天日干しの時に使う専用の布団カバーが市販されているので、利用してみるといいでしょう。花粉やPM2.5だけでなく、日焼けを防ぐこともできます。