ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
重曹スプレーで掃除! 汚れすっきり重曹スプレーの作り方、使い方
出典 : JPC-PROD/Shutterstock.com

重曹スプレーで掃除! 汚れすっきり重曹スプレーの作り方、使い方

いまや掃除に欠かせない重曹。特別エコにこだわらなくても日常的に使用している、という人も多いですね。一方で、今日まで重曹を使ったことがないという人も多いのでは? そこで、今さら聞けない重曹の基礎知識と重曹スプレーの作り方、使い方について紹介します。

  • 鈴木

そもそも“重曹”とは?

そもそも“重曹”とは?

Maderla/Shutterstock.com

私たちは一般に「重曹」と略して呼んでいますが、正式には「重炭酸曹達(じゅうたんさんソーダ)」といいます。重炭酸ナトリウム、重炭酸ソーダとも呼ばれ、食塩水を原料に二酸化炭素を加えて作られます。

重曹は、もともと人体にもある物質で、ベーキングパウダーや入浴剤、医薬(胃薬)などに使われ、安全性が高いことは証明されています。
純度が高い順に「薬用」「食用」「工業用」の3種類に分けられます。
工業用は低価格で容量も多いですが、手が荒れやすいので、掃除用としては避けた方が無難です。日常使い用としては、食用をおすすめします。食用なら、子どもが誤って口に入れてしまっても問題ありません。

重曹が住まいの掃除に使われていることは知られていますが、なぜ掃除に使えるのでしょうか? どういった効果があるのでしょうか? 重曹が汚れを落としてくれる3つの特徴について紹介します。

●弱アルカリ性
重曹は弱アルカリ性なので、酸性の油汚れを中和して落としてくれます。

●粒子の細かさ
重曹は粒子が細かく水に溶けにくい特徴があります。そのため、汚れに付けてこすると研磨剤の役割を果たします。

●発泡性
重曹には発泡性があります。加熱すると二酸化炭素を失って炭酸ナトリウムに変化します。重曹を温めると二酸化炭素が発生し、この性質を利用して、汚れや焦げ付きなどを浮かせて剥がし落とすことができます。

コスパ抜群 “重曹スプレー”の作り方

コスパ抜群 “重曹スプレー”の作り方

akiyoko/Shutterstock.com

“万能クリーナー”として掃除に重宝されている重曹水=重曹スプレーの作り方を紹介します。
重曹水は、軽い汚れの掃除に最適。重曹スプレーとして販売されているものもありますが、とても安価で、とてもカンタンに作れるので、コスパを考えると手作りがおすすめです。
重曹スプレーづくりに必要なものは、(1)水または42℃前後のお湯、(2)重曹、(3)スプレーボトルの3つのみ。重曹の濃度は5%が目安です。たとえば、水100mlに対して重曹は小さじ1(5cc/5ml)。
作り方は、スプレーボトルに水または湯と重曹を入れて、フタをしてよくふり混ぜるだけ!
水は腐るので、重曹水の作り置きは禁物。使用時に使い切れる分だけを作りましょう。

汚れやニオイに効く重曹スプレーの使い方

汚れやニオイに効く重曹スプレーの使い方

Andrey_Popov/Shutterstock.com

先述のとおり、弱アルカリ性の重曹水は、皮脂や油汚れなど酸性の汚れを落とすのに最適です。たとえば、キッチンの換気扇の油汚れ、ガスコンロの油汚れや焦げ付き、電子レンジの表面や内部についた汚れ、キッチンや浴室の排水口のヌメリ汚れ、浴室のタイルや天井のカビ、洗濯槽の皮脂汚れなど。
また、重曹は、排水口や冷蔵庫、まな板、じゅうたんやカーテンなどの布類など、酸性のニオイに対して消臭効果があります。
使う時は、それらの汚れに吹きかけ、水でぬらしたフキンなど布でこすり落とします。重曹スプレーで掃除できる場所は、キッチンや風呂場の排水口周り、冷蔵庫の中、プラスチック製品、コーティングされた家具などです。ただし、重曹水を使った後は、最後に必ず水拭きをしましょう。

頑固な汚れは重曹ペーストで掃除

コスパ抜群 “重曹スプレー”の作り方

Marc Bruxelle/Shutterstock.com

軽めの汚れなら重曹水で取れますが、頑固な汚れは“重曹ペースト”で掃除しましょう。用意するものは、水もしくは42℃前後のお湯大さじ1と重曹大さじ2だけです。練り合わせたら完成です。

ペースト状になるので、キッチンのこびりついた油汚れなどに使いやすいです。頑固な汚れの上に乗せ、汚れが浮いてきたら拭き取ります。重曹水同様、その後、水拭きを忘れずに行いましょう。

浴室のカビ取りにも重曹ペーストが活躍します。重曹ペーストをカビに塗り付け、ラップで蓋をして4時間以上置き、お湯で洗い流して完了です。それでも落ちていない場合は、使い古した歯ブラシなどでこすり洗いをします。
重曹をそのままスポンジにつけて研磨剤・クレンザーがわりとしても使用できます。

重曹が使えない天然素材の消臭方法

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

重曹は汚れを落とすだけでなく、キッチンの三角コーナーや排水口、ゴミ箱などの消臭効果もあります。靴箱に重曹の粉を入れておくだけで、臭いがとれます。

万能のように思われている重曹水ですが、畳など天然素材のモノには使用できないので注意が必要です。

重曹が使用できない場所に、気軽に使用できる消臭方法があります。それが、「ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト」です。

ファブリーズの画期的な空気用消臭スプレー、ファブリーズ マイクロミストは、外出前、帰宅後、食器洗い後、お掃除後に、12畳のお部屋の場合、わずか10秒でお部屋のニオイを消臭し、さわやかな空間にしてくれます!
また、エアゾールガスを使う従来のスプレーは、ガスの圧力がなくなるにつれ、噴射の力が弱くなることがありますが、ファブリーズ マイクロミストは、エアゾールガスを使わず、最後まで均一に噴射できます。しかも、ガス抜き不要でゴミ捨てもカンタンです。

香りは、日本向けに選ばれた3つのほのかな香りを採用。ファブリーズ ミストラルと比べ、香りの強さは使用直後からほのかです。
“クラシック・ガーデン”は、緑の瑞々しさを感じさせるアロエをベースにした清潔感のあるグリーンの香り。
“エレガント・リリー” は、おだやかなフルーツの香りが立ち上った後に、落ち着きのある花の香りを感じられます。
“フレッシュ・シトラス”は、はじけるトロピカルフルーツの香りを、やわらかなフローラルの香りでまとめたフローラルタイプの香りです。
お部屋や気分にあわせて消臭しながら香りを楽しめますね!

洗剤に代わるリーズナブルなお掃除グッズとして、住まいの各所の酸性の汚れやニオイに効く重曹。家事に活かしてみては? きれいになった部屋には、さわやかな香りで仕上げをしましょう。