ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
明日は雨? それなら洗車! 雨の日は、ラクラク洗車の大チャンス
出典 : winnond/Shutterstock.com

明日は雨? それなら洗車! 雨の日は、ラクラク洗車の大チャンス

「明日は雨」の予報を聞いたら、洗車の準備を始めましょう。イチから取り掛かると面倒な洗車を、雨を利用してラクラク&きれいに済ませる方法を伝授します。

  • kawase

雨の日なら、頑固な汚れもスルンと落ちる

雨の日なら、頑固な汚れもスルンと落ちる

Nature Style/Shutterstock.com

晴れの日に行う洗車には、汚れが落ちにくいという難点があります。泥汚れはともかく、鳥のフンや虫汚れといった頑固な汚れはなかなか落ちないもの。かといって、汚れを落とそうと強い力でボディをこすると、塗装を傷つけてしまう恐れがあります。
また、細かな砂埃などが付着したままスポンジで車を洗うと、汚れが引きずられることにより表面に微細な傷がついてしまうことも。
汚れは落としたいけれど、熱心に洗うと車を傷つけてしまう・・・車好きにとっては悩ましいこの問題を解消してくれるのが、雨の日の洗車です。

まず、雨水を浴び続けることによって頑固な汚れがふやけて浮き上がるため、強くこすらなくても比較的楽に落とせるようになります。また、洗車傷の一因となる砂埃などが雨によって洗い流されるのもポイント。雨の日に行う洗車は、愛車を傷めにくいうえに水道代も節約できる、車にも家計にもやさしい洗車法だといえますね。

仕上がりきれい、マンションOK。いいことずくめの雨の日洗車

仕上がりきれい、マンションOK。いいことずくめの雨の日洗車

Zoriana Zaitseva/Shutterstock.com

雨の日洗車のもうひとつのメリットは、「手間をかけずにきれいな仕上がりを叶えられる」点です。
水道水を使って洗車をし、車体を拭きあげないまま自然乾燥させると、水滴の跡に白く固い汚れが残ることがあります。「水ジミ」「イオンデポジット」などと呼ばれるこの汚れの正体は、水が蒸発した後に残ったミネラル分がこびりついたもの。目立つ上に落としにくい、厄介な汚れです。

水道水に含まれるミネラル分は、雨水や雪解け水が地面に染み込み、地下水として流れていく過程で、地中に含まれる鉱物成分(ミネラル)が少しずつ溶け出すことで生じたものです。つまり、降ったばかりでまだ地中に染み込んでいない雨水には、水ジミの原因となるミネラルがほとんど含まれていないということ。そのため、雨水を利用した洗車なら、拭き上げを省略してもイヤな水ジミが付着しにくいのです。

マンションでもできる! 雨を利用したカンタン洗車法

ひどい泥跳ねや虫汚れ等、頑固な汚れが付着していない場合は、洗車用のマイクロファイバークロス一枚でカンタンに洗車を済ませることも可能です。
お手入れの手順は、「クロスを十分に濡らし、車体の上から下に向かって汚れを落としていく」だけ。降り始めの雨には埃や黄砂といった不純物が多く含まれているため、雨が降り出してしばらく経ってから洗車を始めるとよいでしょう。砂のついたクロスを使ったり、ぎゅっと力を入れてこすったりすると洗車傷をつける原因となるため、清潔なクロスを使ってやさしく撫でるように拭くのがポイントです。
このように、雨を利用して行う洗車方法なら、洗剤で駐車場を汚すことも、隣の車に汚水を跳ねさせてしまうこともありません。マンションのような洗車スペースのない集合住宅でも、周囲に迷惑をかけることなく車をきれいに保つことができますね。

「体が濡れる」という難点こそあれど、それを上回るメリットもいっぱいの雨の日洗車。次の雨の日には、ぜひトライしてみませんか。