ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
テーラードジャケットを洗濯するなら、素材チェックと防シワ対策を忘れずに
出典 : Wisanu Boonrawd/Shutterstock.com

テーラードジャケットを洗濯するなら、素材チェックと防シワ対策を忘れずに

テーラードジャケットを自宅で洗濯!? シワがついたり型崩れしないか心配ですが、ポイントを押さえれば大丈夫! ビジネスはもちろん、メンズファッションをおしゃれに見せるジャケット。素材ごとの特徴に合わせて適切なケアを。

  • 創文舎 hamo

ジャケットを長く美しく着る手入れの仕方

ジャケットを長く美しく着る手入れの仕方

BOKEH STOCK/Shutterstock.com

ビジネスでも普段着でも、ちょっとお洒落に見せたい時に役に立つのがジャケット。
ジャケットにも種類があり、平面的で気軽に羽織れるカジュアルジャケットと、立体的な仕立てで、よりきちんとした印象に見えるテーラードジャケットがあります。

カジュアルジャケットは、ボリューム感がない分シンプルな構造なので、普段着の延長のような感覚で洗濯しやすいものが多くありますが、テーラードジャケットは、立体的に見えるよう、仕立ての際に特殊な技術で縫製されているものが多く、自宅で洗濯するというイメージがあまりありません。

テーラードジャケットはスーツと同じように、シーズンに1~2回スラックスと一緒にクリーニングに出すのがこれまでの常識でしたが、近年は素材の開発や仕立ての仕方にも工夫が施されたものが多くなり、自宅で洗えるテーラードジャケットが随分増えたようです。

洗濯の方法は、製品によって違いがありますが、汚れが気になった時に洗えるというのは、経済的な面でも衛生的な面でも大きなメリットです。しかし、いくら洗えるといっても、着る度に洗っていたら型崩れや色あせは避けられません。ジャケットは、シャツやカットソーなどの上に羽織るもの。確かに、襟や袖口などは直接肌に触れる部分もあるので汚れが気になりますが、大部分はインナーの上に重ねて着ているので、洗濯回数は多くても着用三回に一回程度が適当といえるのではないでしょうか。

どんな素材でも洗えるの? テーラードジャケットを自宅で洗濯する方法

どんな素材でも洗えるの? テーラードジャケットを自宅で洗濯する方法

Tarzhanova/Shutterstock.com

手持ちのテーラードジャケットが自宅で洗えるかどうかは、ジャケットについている洗濯表示を確認しましょう。たらいのマークに×印がついていなければ自宅で洗濯可能です。たらいに手を入れているマークか、たらいの上に「手洗イ」の表記があれば手洗い推奨の表示、たらいのマークか四角い洗濯機の絵柄であれば洗濯機で洗うことができます。

他にも、洗濯表示の下側や、タグの裏などに細かな取扱いの注意に関する事柄が書いてある場合があるので、よく読んでから洗濯するようにしましょう。綿やポリエステルなどの場合は、洗濯しても失敗することはあまりありませんが、ウールやレーヨン、混紡生地の場合は、水を通すと生地が変質するおそれがあるので洗濯できる表示であったとしても、目立たない場所でテストしてから洗濯する方が安全です。

テーラードジャケットを洗濯機で洗う方法

1 型崩れや色あせを予防するため、衣類にやさしい中性のおしゃれ着洗い用洗剤を用意します。
2 ジャケットの襟や袖口などに目立った汚れがついている場合、おしゃれ着洗い用洗剤の原液を少量つけ、汚れに染み込ませます。
3 ジャケットを裏返しにして二つ折りにし、ネットに入れて洗濯機に入れます。
4 規定量の洗剤量と柔軟剤をセットし、弱水流のコースで運転します。

テーラードジャケットを手洗いする方法

1 洗濯機の時と同じように、中性のおしゃれ着用洗濯洗剤を用意し、目立った汚れにはあらかじめ洗剤の原液を塗布し、裏返してたたんでおきましょう。
2 たらいにジャケットが浸かる量の水を用意し、適量の洗剤を溶かしておきます。
3 ジャケットを沈め入れ、たたんだ状態でやさしく押し洗いします。
4 洗浄液を流し水を入れ替え、泡が出なくなるまで水を替えながら押し洗いしてすすぎます。
5 最後のすすぎで柔軟剤を適量入れ、浸透させてから水を捨てます。
6 ネットに入れ、洗濯機の脱水で30秒から1分ほど脱水します。

防シワ対策しよう! テーラードジャケットの正しい干し方

防シワ対策しよう! テーラードジャケットの正しい干し方

Mischenko83/Shutterstock.com

乾いた時にシワができるかできないかは、ジャケットの干し方で決まります。せっかくキレイに洗って汚れや臭いがスッキリしても、見た目がヨレヨレだともったいないですよね。

テーラードジャケットの干し方

1 脱水が終わったらすぐに洗濯機から取り出し、ネットから出して表側に返し形を整えます。
2 両肩を持って振りさばき、厚めのハンガーに掛けます。
3 両手で挟んで叩き、細かなシワを伸ばしていきます。
4 襟や袖口などのステッチ部分は縫い目が縮んでシワになっていることが多いので、細かな部分は指でつまんで伸ばしておきましょう。
5 袖口の型崩れやシワが気になる時は、厚めのタオルを筒状に丸め、袖口に入れると立体的にシワなく仕上がります。

コットンやポリエステルではかけ方が違う、アイロン方法

コットンやポリエステルではかけ方が違う、アイロン方法

Ollyy/Shutterstock.com

干し方に気をつけるとそれほどシワは気になりませんが、シワがつきやすい素材であったり、よりキレイに仕上げたい場合は、最後にアイロンを使うとキレイにシワを伸ばすことができます。

アイロンの設定温度は、洗濯表示を確認したのと同様にジャケットについているタグを確認し、温度表示に合わせてアイロンの温度を設定しましょう。

コットンや麻など天然素材の生地はシワがつきやすく、高温の設定でも耐えられるので、スチームアイロンや霧吹きをかけながらドライアイロンをかけるとキレイにシワが伸びます。

ポリエステルなどの合成繊維は、シワがつきづらい分、高温に弱いのでアイロンを低温~中温にセットしてアイロンをかけます。

どの素材の場合も表側にアイロンをかける場合は、テカリを防ぐため、あて布を忘れないようにしましょう。アイロン台の角などを利用して立体的にアイロンをかけるようにし、布や縫い目を少し引っ張りながらアイロンをかけるとよりキレイにシワが伸びます。

ジャケットを長く美しく着る手入れの仕方

ファブリーズ布用消臭スプレー「ファブリーズMEN」

ファブリーズ布用消臭スプレー「ファブリーズMEN」

それほど汚れがついていないように見えるジャケットも、一日着れば目に見えないホコリやチリが表面にたくさん付着しています。ジャケットを洗濯をしない日は、着終わった後に衣類用ブラシをかけ、表面についたホコリやチリを払い落としておきましょう。

表面についたホコリやチリはブラシで落とせても、繊維の奥に入り込んだ汚れや菌はブラシでは落としきれません。衣類から漂う臭いは、汗や体臭のせいだと思いがちですが、それだけではありません。衣類に染みつく臭いのほとんどは、汗などの湿気と皮脂などの汚れを媒介に繁殖する、雑菌が作りだす臭い物質に原因があります。

そこで役に立つのがファブリーズの布用消臭除菌スプレー。
ブラッシングの後は、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを軽く湿る程度に前後ろに5、6回ずつスプレーし、厚めのハンガーに掛けておきましょう。ファブリーズは、スプレーすることで繊維一本一本に浸透し、臭い物質を捕まえ化学的に分解・中和し、臭いのない物質に変化させます。
しかも、菌そのものにも除菌効果を発揮し、99.9%以上の菌を減少させることがわかっています。

スプレーするだけで臭いも菌も防げるファブリーズは、ジャケットのケアには必須のアイテム。より強い消臭効果を求めるなら、男性の臭いに特化した「ファブリーズMEN」もおすすめです。


なかなかクリーニングに出せず、臭いが気になっていたテーラードジャケットも、自宅で洗濯できればもっと活躍の場が広がりそうですね。ジャケットを買う際は、洗濯できるかどうかも選択基準にすると良いかもしれません。