ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
日傘は手入れをしないとUVカット効果が低くなるって知っていますか?
出典 : KPG Payless2/Shutterstock.com

日傘は手入れをしないとUVカット効果が低くなるって知っていますか?

紫外線対策に、日傘の出番が増える季節です。でも、何も手入れをしていない日傘はUVカット効果がどんどん低くなってしまうって、知っていますか? 後悔しないために知っておきたい、日傘の手入れ方法について紹介します。

  • 渡辺

日傘の寿命は意外に短い!?

日傘の寿命は意外に短い!?

photosthai/Shutterstock.com

晴れた日に使う日傘は雨傘に比べて傷みにくいため、何年も同じものを愛用している・・・という人も多いですよね。でも、じつは日傘にも寿命があるって知っていますか?

一般的なUVカット加工の日傘の寿命は、なんと2~3年。意外に短い! という印象ですが、日傘はUVカット成分を吹き付けて仕上げているため、使ううちにだんだんとコーティングが取れてきてしまい、紫外線を防ぐ効果が低下してしまうのです。

しかも、この2~3年という目安は日傘をていねいに扱ってきた場合の話。間違った扱い方をしていると、寿命はもっと短くなってしまうので要注意です。日傘をさしていたのに意味がなかった! なんてことにならないように、日傘の正しい扱い方をおさらいしておきましょう。

雨や水に濡らさない

UVカット加工は、雨や水に濡れると落ちやすくなります。晴雨兼用の日傘でない場合は、極力濡らさないように気をつけましょう。

傘の生地に触れないようにする

生地に触れて摩擦をかけたり手垢がついてしまうと、コーティング剤が取れてきてしまいます。たたむ時にはベルト部分を持ってぐるりと留めるなど、なるべく生地に触れないようにしましょう。

光の当たらない場所に収納する

日光はもちろん、蛍光灯などの光も生地にダメージを与えます。光が当たらず、できれば風通しのよい場所に収納しましょう。

きちんと手入れをしてUVカット効果をキープしよう

きちんと手入れをしてUVカット効果をキープしよう

Wako Megumi/Shutterstock.com

日傘のUVカット効果をキープして、できるだけ長く愛用したい・・・という場合は、日頃からきちんとした手入れを心がけましょう。カンタンな作業なので、慣れれば短時間で終わらせることができますよ。

日傘を手入れする際の注意点

水洗いしてもいいもの

綿100%、麻100%、綿と麻の混合100%

水洗いしてはいけないもの

絹、綿とポリエステルの混合、晴雨兼用など撥水加工してあるもの、細かいレースが施されているもの

水洗いできない日傘の場合は、普段からこまめにブラッシングをしましょう。

日傘の水洗い&手入れ方法

1 日傘の外側にシャワーをかけます。
2 中性洗剤をつけたぬるま湯をスポンジに含ませ、やさしくなで洗いします。
3 洗い流したあと、風通しのよい日陰で乾かします。
4 専用のUVカットスプレーを吹きかけて、完了です。

日傘のUVカット効果は、日頃の手入れしだいで大きく変わってきます。夏を安心してのりきるためにも、正しい扱い方とこまめな手入れを心がけましょう。