ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
どんよりした梅雨はハーブでリフレッシュ! おすすめのハーブ活用法
出典 : zakalinka/Shutterstock.com

どんよりした梅雨はハーブでリフレッシュ! おすすめのハーブ活用法

どんよりとした天気が続く梅雨の季節は、さわやかな香りのハーブで気分をリフレッシュしましょう。飾ったり、お風呂に浮かべたり、ハーブティーにしたり・・・ハーブがあれば、雨の日も家でゆったりと充実した時間を過ごすことができますよ。

  • 渡辺

モチベーションをアップさせるハーブの楽しみ方とは?

モチベーションをアップさせるハーブの楽しみ方とは?

Halfpoint/Shutterstock.com

雨の日は外出の機会も減って、モチベーションも下がりがちですよね。そんな時には、ハーブのさわやかな香りを暮らしの中に取り入れてみるのがおすすめです。ヨーロッパでは古くから民間療法に利用されてきたハーブ。その日の気分や体調に合わせて、いろいろな活用法を楽しんでみませんか?

お風呂に浮かべてリラックスタイム

一日の最後に、お風呂にハーブを浮かべて心と体をリセットしましょう。いい香りの湯気に包まれて、贅沢なリラックスタイムを満喫できますよ。

ドライハーブを使う方法

ドライハーブをお茶パックなどの不織布の袋に入れるか、もしくは大きめのガーゼに包んで口をしっかりと縛ります。お湯に入れるとハーブが膨張するため、余裕をもって入れるのがポイント。あとは、お風呂に入る10分前を目安にお風呂に浮かべておけばOKです。

フレッシュハーブを使う方法

フレッシュハーブが手に入ったら、そのままお湯に入れて楽しみましょう。花を浮かべれば、見た目もおしゃれで贅沢な気分を味わえます。葉や茎の部分を使う場合は、パイプを詰まらせないよう洗濯ネットに入れてからお湯に浮かべるのがおすすめです。

枕に入れて心地よい眠りに

コットンやリネン生地の小さな袋にドライハーブを入れて、オリジナルの香り袋を作りましょう。枕にしのばせるほか、部屋や玄関に置いて香りを楽しむのもいいですね。

部屋に飾って香りを楽しむ

ローズマリーやゼラニウムなどのハーブを飾ると、さわやかな香りが部屋中に広がります。買ってきた花と一緒に活けたり、乾燥させてポプリにしたり、スワッグにして壁に飾ったりと、楽しみ方もいろいろ。おしゃれなインテリアにもなりますよ。

体がホッと安らぐ・・・ハーブをおいしくいただく方法とは?

体がホッと安らぐ・・・ハーブをおいしくいただく方法とは?

Elenadesign/Shutterstock.com

ハーブティーを淹れる

ハーブティーは作り方がカンタンなので、初心者でも気軽に楽しめます。人気のカモミールやエキナセアのほか、レモンバームやミントをブレンドすると味や香りがまとまりやすくなりますよ。

ハーブの分量 (1人分)

●フレッシュハーブの場合・・・ひと握り分
●ドライバーブの場合・・・ティースプーン1杯分

ハーブティーの淹れ方

ポットに入れた適量のハーブにお湯をそそいで、数分蒸らせば完成です。

料理に使う

ドレッシングやソース、盛り付けのワンポイントにバジルなどのハーブを加えれば、見た目がおしゃれになることはもちろん、よい香りで食欲アップにもつながります。

ハーブは石けんやオイルなど、いろいろな加工も楽しめます。今年の梅雨は、ハーブのさわやかな香りに包まれて自宅でゆったりと過ごしてみませんか?