ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
傷やサビの原因にも! 水筒を洗う時のNG行動に要注意
出典 : Shyripa Alexandr/Shutterstock.com

傷やサビの原因にも! 水筒を洗う時のNG行動に要注意

水筒はパーツが多く、洗うのが面倒ですよね。つい、洗うのを後まわしにしたり食器と一緒にゴシゴシ洗ってしまいがちですが、その洗い方では水筒を傷めてしまうばかりか、不衛生の原因となってしまうかもしれませんよ!

  • 渡辺

水筒のボトルを洗う時のNG行動って?

水筒のボトルを洗う時のNG行動って?

Lapina/Shutterstock.com

子どもが幼稚園や保育園、小学校に水筒を持参する季節。ほぼ毎日となると、つい「今日は水洗いだけでいいか・・・」などと水筒の手入れも手抜きになりがちですよね。でも、唾液が混入しやすく、水分が密閉された状態の水筒は、洗い方に気をつけなければ衛生的に問題が生じやすくなります。

まずは、水筒のボトルを洗う時のNG行動をチェックしてみましょう。細長い形状で、素材にステンレスが使われていることの多いボトルは、洗い方や使うアイテムも通常の食器類とは異なります。痛みや劣化、不衛生の原因にもなるため、NG行動にはくれぐれも注意しましょう。

硬いスポンジ、タワシはNG!

硬いスポンジやタワシを使うと傷がついてしまい、その部分に雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。100円ショップなどで買える、長い柄のついた専用ブラシを使いましょう。

クレンザー、重曹を洗剤として使うのはNG!

食器洗いで使うことのあるクレンザーや重曹は、粒子が粗いため傷をつける原因となってしまいます。ボトルを洗う時には、食器洗い用の中性洗剤を使いましょう。

塩素系漂白剤はNG!

ステンレスのボトルに塩素系漂白剤を使用すると、サビの原因となってしまいます。つけ置き洗いをする時には、必ず酸素系漂白剤を使いましょう。

食器洗い乾燥機・食器乾燥機はNG!

ボトルの外側の塗料が剥げてしまう恐れがあります。

中身を入れたまま放置するのはNG!

ボトルにお茶などを入れたまま長時間放置すると、カビの原因に。持ち帰ったらできるだけ早く洗い、すぐに洗えない場合もサッと水洗いだけしておきましょう。

蓋、ゴムパッキンを洗う時のNG行動って?

蓋、ゴムパッキンを洗う時のNG行動って?

Mariusz Szczygiel/Shutterstock.com

蓋やゴムパッキンなどのパーツを洗うのは手間がかかって面倒ですが、汚れの溜まりやすい部分でもあります。細かい部分には歯ブラシや綿棒を使って、ていねいに洗うよう心がけましょう。とくに、ゴムパッキンは傷みやすいため、扱い方には注意が必要です。

熱湯で消毒はNG!

煮沸をすると、熱でゴムパッキンや樹脂の部分が変形する恐れがあります。

食器洗い乾燥機・食器乾燥機はNG!

煮沸と同じく、ゴムパッキンや樹脂の部分が変形する恐れがあります。

生乾きはNG!

蓋やゴムパッキンは形状が複雑なため、乾燥が不十分になりがちです。生乾きは雑菌やカビが発生する原因に! 洗ったあとはサッと水気を拭き、清潔な布やペーパーの上に置いてしっかりと乾かしましょう。お湯ですすぐと水切れがよく、乾きやすくなりますよ。

気温の上がるこれからの季節は雑菌も繁殖しやすいため、水筒の取り扱いにはくれぐれも気をつけましょう。衛生的な水筒があれば、暑い季節の水分補給も安心ですね。