ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
エアコンがカビ臭い!? 夏が来る前にしておきたい対策とは
出典 : Zodiacphoto/Shutterstock.com

エアコンがカビ臭い!? 夏が来る前にしておきたい対策とは

久々につけたエアコンから漂うただ事じゃない臭い! 原因はエアコン内部に溜まった汚れ!? 放っておくと健康被害にも繋がりかねない臭いの原因と対策を紹介します。

  • 創文舎 hamo

エアコンの臭いの原因はカビ!? シーズン始めの運転は要注意

エアコンの臭いの原因はカビ!? シーズン始めの運転は要注意

PattyPhoto/Shutterstock.com

暑い夏がやってきて、いざ、冷房のスイッチを入れると、エアコンから漂う不快な臭い。使いたい時に臭くて使えない・・・なんてことにならないように、本格的な暑さがやってくる前に試験運転してみましょう。

さて、このエアコンから漂う不快臭ななんの臭いなのでしょうか?
エアコンは稼働している間、部屋の中に漂うさまざまな臭いを空気ごと吸い込んでいます。中には、料理で発生する油を含んだ食べ物の臭いや、リビングに漂うヤニを伴うタバコの臭い、ペットの臭いや汗の臭いなど、不快に感じる臭いもたくさんあります。

そうした臭いや空気と一緒に入ってくる汚れや雑菌などがエアコンの中には蓄積され、それと合わせて、湿気が高くなるエアコン内部では結露ができやすくなり、吸い込んだ汚れやホコリを栄養にカビが発生しやすい環境になっています。

エアコンから漂う臭いは、部屋の中の臭いの蓄積と、カビが元で発生するカビ臭。
臭いニオイだけでも耐えられませんが、カビは放っておくと喘息や気管支炎、アレルギーなどの健康被害の要因になる可能性もあります。

SNSで話題のエアコン臭い対策「16℃運転」とは?

SNSで話題のエアコン臭い対策「16℃運転」とは?

DifferR/Shutterstock.com

多くの人が悩むエアコンの臭い問題。近頃、SNSでもその悩みは話題となり、意外な対処法が注目されました。その対処法とは、「窓を全開にして1時間16℃に設定して運転する」というもの。
この方法は、投稿者が実際にエアコンメーカーに相談したところ回答を得たというもので、この方法を試した人からは、臭いが軽減されたという声が多数寄せられたそうです。

臭いが取れる仕組みは、エアコン内部に溜まった臭気成分が、低い温度でエアコンを運転することで結露水に溶け込んで、水と一緒に排出されるというもの。
部屋の中に漂う、食べ物やタバコ、汗、ペット・・・などの臭いの蓄積により、エアコンが臭う場合に有効な方法です。

さらに、臭いを溶かすだけでなく、部屋を1時間しっかり換気することで、部屋の中に漂う臭いもリセットすることができるため、なおのこと臭いがスッキリしたように感じます。

しかし、この方法はエアコン内部に溜まった臭い成分を溶かして流すという方法。臭いの原因が、蓄積した臭気成分だけでなくカビにも原因があるのだとしたら、臭いを感じなくなったのは一時的な話で、しばらくすれば、またカビ臭いニオイが戻ってきてしまう恐れがあります。

プロにエアコンクリーニングを依頼するメリット

プロにエアコンクリーニングを依頼するメリット

Africa Studio/Shutterstock.com

エアコン内部に残ったカビの掃除はどのようにして行えばよいのでしょうか?
日々行うエアコンの手入れといえば、カンタンに外せるエアコンフィルター程度。
市販のエアコンクリーナーに、カビ取り剤なども販売されていますが、エアコンは構造が複雑で素人の手が届くのはほんの一部。無理に分解したり、奥の方まで薬剤をスプレーしようと無理をすると、機械部に薬剤がかかり故障の原因になることもあります。

無理なくしっかりエアコンをキレイにするには、プロのクリーニングに頼むのが一番安心です。
プロにエアコンの清掃を依頼すると、多少のお金はかかってしまいますが、その分、故障の心配なく、隅々まで徹底的に掃除をしてもらえるため、カビや汚れなど臭いの原因をしっかり取り去ってくれます。

冷房を頻繁に運転する夏は、エアコンが部屋の空気の質を左右するといっても過言ではありません。
一年に一度は、プロのクリーニングでしっかり掃除し、気持ちの良い夏を過ごしませんか?

普段からしておきたいエアコンの臭い予防対策

普段からしておきたいエアコンの臭い予防対策

Mindy w.m. Chung/Shutterstock.com

一度プロの掃除でエアコンをキレイにすると、しばらくは空気の臭いを気にすることなくエアコンを使えます。しかし、何もせずに使い続ければ、ホコリは徐々にエアコンに蓄積し、結露も使う度に起こります。気がつけば、いつの間にかまた元の臭かったエアコンに・・・。
そうならないためには、普段のエアコンの使い方を見直し、カビや臭いが溜まらない予防策を実践しておくことが大切です。

運転停止前に送風運転

冷房運転後、すぐに電源を切ると結露が残ったままになりカビが繁殖します。電源を切る前に1時間程度送風運転する習慣をつけると、エアコン内部が乾燥しカビが繁殖しづらくなります。

フィルター掃除は最低でも1ヵ月に必ず1回

フィルターにホコリが溜まると冷暖房効率が低下するばかりか、ホコリを栄養源に内部でカビが繁殖しやすくなります。

シーズンオフも月一回は送風運転

エアコンをよく使う夏冬はもちろんですが、あまり使わなくなる春や秋も、月に一度は1時間程度の送風運転をするようにしましょう。使わなくても、エアコン内部にホコリが溜まったたりカビが繁殖している可能性があります。送風運転で内部のホコリやカビをはき出しましょう。

こまめに部屋を換気する

いくらエアコンをキレイに保っていても部屋の空気が汚れていては意味がありません。こまめに部屋の空気を入れ換えし、汚れた空気を外に出しましょう。部屋の空気がキレイだと、それだけエアコンも汚れづらくなります。

室内の臭い対策なら消臭スプレーも有効

普段からしておきたいエアコンの臭い予防対策

ファブリーズ空間と布用消臭スプレー マイクロミスト

エアコンもキレイになり、清々しくなった部屋の空気。しかし、生活する中で、料理や喫煙、衣類の臭いなどさまざまな臭いは次から次へと現れます。換気などの基本的な対応はもちろん必要ですが、来客時など、臭いを即座に消し去りたい時は部屋用の消臭スプレーも有効です。

おすすめしたいのが、12畳のリビングに10秒間スプレーするだけで、部屋の臭いを消し、さわやかな香りを広げる、ファブリーズのマイクロミスト。
今までのルームスプレーはガスで消臭成分を噴射するエアゾール式でしたが、ファブリーズのマイクロミストは、今までとはまったく異なる使い心地を実現。軽く握りやすいハンドルを持つだけで、細かなミスト成分が広範囲に広がります。

消臭成分は、衣類用のファブリーズと同じ、トウモロコシ生まれの消臭成分を配合。空気中に漂う臭い分子をしっかりキャッチし、分解・中和して無臭成分に変える、中和消臭成分も配合しています。


エアコンをキレイにしたら、部屋の香りも自分好みに心地よくしたいもの。ファブリーズのマイクロミストを使って、生活臭を消臭し、さわやかなやさしい香りに変えちゃいましょう。